船舶料理士の仕事内容・役割

船舶料理士とは

船内で船員に支給する食料の調理業務を担当する人のことです。

一定以上の大きさや人数を保有する船舶、漁船における調理業務は船舶料理士が担当することが決められています。

船舶料理士の仕事内容

船舶料理士の行う仕事内容は単なる調理師としての技術さえあれば勤まるものではありません。

料理の腕はもちろんのこと、長期間におよぶ航海中に、乗組員すべての人の食事を提供するには、さまざまな能力と経験が必要になります。

船に積み込むことのできる食材には限りがあり、足りないものがあるからといって買出しを行うことができません。

新鮮な食材がいつでも入手できる陸上とは違い、港から次の港まで食材を上手く使いまわし栄養バランスの取れた食事を提供しなければならないのです。

また海が荒れ船内が大きく揺れている時にも、手際よく行うのは至難の業ですし、自然を相手にした航海が必ずしも計画通りに進むとは限らず、予定より航海日数がオーバーすることも少なくありません。

こうした非常事態にも船舶料理士は臨機応変に対応していくスキルが求められます。

船舶料理士の役割

食事が人間の健康に影響を及ぼすことは言うまでもありませんが、見た目や味付けも大変重要です。

限られたスペースの船内では、そこに設計された厨房もまた省スペースであり、使える調理器具も制限されますが、24時間体制で肉体労働を含む重労働をこなす船員たちにとって、美味しく栄養があり、見栄えの良い食事は何よりの娯楽となるのです。

船舶料理士になるには

船舶料理士の資格を取得する

船舶料理士とは、一定以上の大きさを持つ船舶や漁船において、船内で船員に支給する料理をつくる際に必要な資格で、船舶料理士の資格を取得するためには以下の条件を満たす必要があります。

1.二十歳以上であること
2.船舶に乗り組んで一年以上の調理に関する業務の経験があること(※調理師、栄養士などの資格所有者は1ヶ月以上)
3.以下のいずれかに該当
・船舶料理士試験に合格
・独立行政法人海員学校の司厨・事務科を卒業
・調理師、栄養士など。また同等の能力を持っている

調理師や栄養士の資格を持っている場合、船舶料理資格の所有者と一緒に1カ月乗船して指導を受ければ、船舶料理資格の取得が可能です。

まったく資格がない場合でも、船内での調理を1年経験し試験に合格すれば、船舶料理士試験を受けることができます。

商船会社や船舶会社に就職する

船舶料理士は法律で定められている比較的大規模な船が職場となるため、こうした船を抱える船舶会社や商船会社などが就職先となります。

こうした船員の求人はハローワークにはなく、運輸局などで見つけることができます。

船内の調理師として働くために資格は必須ではないため、調理師や栄養士などの資格を取得して働く人も多いようです。

船上での調理というとフェリーや客船をイメージする人も多いですが、内航船では慢性的な人材不足のため、近年特に需要が大きいようです。