電車運転士のやりがい・楽しさ・魅力

電車運転士のやりがい・楽しさ

大きな達成感が味わえる仕事

電車運転士は多くの人の命を預かるため、業務中は大きな責任感を伴います。

安全さと正確さを維持するため、常に集中力を切らさないように働くことは大変です。

しかし、1日の仕事が終わればそれだけ充実感と達成感が味わえます。

電車運転士にとっては、毎日無事に仕事を終え帰社できることこそが大きな喜びなのです。

経験が生かせる仕事

電車運転士になっても、一流の運転士になるには長年の経験が必要です。

いくら勉強や訓練を重ねても、実際の乗務でしか身につけられないものはたくさんあります。

また、事故などの予期せぬ事態が発生した場合には、運転士の的確かつとっさの判断が求められます。

どんな状況で、どんな判断を下すのかは、マニュアルだけで覚えられるものではありません。

運転技術や乗客サービスの向上には終わりがない分、やりがいを感じながら長く働いていけるでしょう。

トラブルを乗り越える

天候状況や災害などにより、安全確保のために運行をストップせざるを得ないこともあります。

そうした際、駅はたちまち帰宅や通勤・通学できない人たちであふれ返り、大混乱が生じます。

こうしたトラブルが起こった際には、駅員はもちろんですが、電車運転士をはじめとした鉄道会社の社員たちは全員の力を合わせて一刻も早い解決に向けて動きます。

このような大変な状況の中で、仲間と協力して無事にお客様の足を確保することができた時には、何よりも大きなやりがいを感じられるといいます。

電車運転士の仕事内容

電車運転士の魅力

公共性の高い仕事

電車という交通手段そのものは、昔も今もとても公共性の高いものであり、電車運転士も私たちの便利な生活になくてはならない重要な存在であることは、この仕事の魅力の一つです。

公共性が高いだけに、民間の会社の中ではある程度安定している仕事であることも、運転士として安心して働き続けられるポイントになるといえるでしょう。

強い使命と誇りが感じられる

電車運転士は日頃から見慣れている職業のため、私たちにとって身近な存在に感じられますが、実際は厳しい訓練と勉強を重ねた人だけがなれる大変な仕事です。

電車が好きなことも大切ですが、それ以上に絶対に事故を起こしてはならない、遅れを出してはならないという使命感なくしては務まりません。

また、電車運転士は幼い頃からの夢や憧れによって目指す人が多い職業です。

現代でも子どもたちにとって憧れの仕事であり、子どもたちが電車や運転士を見つめるキラキラした目を見るたびに、「がんばろう!」という誇らしい気持ちになれることでしょう。

大好きな電車のそばで働ける

電車運転士は、電車そのものが好き、電車に関係する仕事に就きたいと思ってこの仕事を目指す人がほとんどです。

そのため大好きな電車に毎日触れていられることも、この仕事の大きな魅力です。

また、同じ電車でも車両によって少しずつ癖や特徴が異なるなど、電車の運転はとても奥が深いものです。

経験を重ねさまざまな車両を運転できるようになること、新幹線や特急などの運転士としてキャリアアップすることなども魅力です。