運転手の1日のスケジュール・生活スタイル

運転手の業務スケジュール

タクシー運転手の生活

タクシー会社に勤めるタクシー運転手は、1回の勤務時間が長いという特徴があります。

1日に15時間~20時間働くことが一般的で、出勤日と休日を交互に繰り返しています。

タクシーの運転手の稼ぎは、電車やバスの運行が終了した夜間が中心となります。

近年はタクシー業界も過当競争が進んでおり、エリアや日によっては日中ほとんどお客さまが掴まらないこともあります。

タクシー会社は「歩合制」となっているところも多く、お客さまが乗らなければお金が入ってきません。

なお、個人タクシーの運転手の場合は、勤務時間や休日を自由に決めることができます。

バス運転手の生活

バス運転手の生活は、大きく分けて「路線バス」と「観光バス」のどちらを運転するかによって異なります。

路線バスの場合、早番、遅番、夜番の3交代制で働くことが一般的で、その日の勤務スケジュールに基づき、1時間半〜2時間程度の運転と小休憩を繰り返します。

路線バスはダイヤに沿って運行することが重要です。

始発と終発の時間が決まっているため、深夜バスを除き、深夜に働くことは普通ありません。

観光バスの運転手になると、担当するツアーの旅程によって勤務時間が変わってきます。

路線バスとは違い、ツアーによって異なる場所への運転をすることも特徴といえます。

早朝に出勤して、渋滞に巻き込まれれば日付が変わる頃ということもあります。

トラック運転手の生活

トラック運転手の場合、常に目的地への荷物の到着時間から逆算して、車を走らせます。

近距離の運転を担当する場合はそこまで不規則な生活にはなりませんが、東京~九州といったような長距離運転をする場合、客先への納品と現地での積み込み作業を繰り返し、数日ほどかけて戻ってくることも一般的です。

担当する案件によっては、自宅に帰れるのは10日に1日ほどになることもあります。

長距離トラックの運転手は交通量の少ない深夜に走ることが多いこと、また荷積みや荷降ろしの間の「待機時間」に仮眠をとることが多くなるため、タクシーやバスの運転手以上に不規則な生活になりがちといわれています。

タクシー会社に勤める運転手のある1日

06:30 出勤
点呼を受け、体内のアルコールチェックや、健康状態の確認などをします。
07:00 車両点検
その日に乗るタクシーに問題がないか、運転手自ら確認します。
07:30 朝礼
出勤した運転手が集まって朝礼をします。
安全運行に関する注意点の読み上げや、お客さまを元気にお迎えするための声だし、地域の道路状況の共有などを行います。
08:00 営業開始
出勤時間帯はビジネスマンの利用客が多いため、一人でも多くのお客様を乗せられるよう努力します。
13:00 昼食
1日に3時間休憩時間をとる決まりになっています。

いつ休むかは自由に決められるため、その日の天候やお客さまの量に応じて考えます。

14:00 営業再開
お昼過ぎの時間帯は少しお客さまが減るため、駅前などの人通りの多いところを狙います。
16:00 休憩
新聞を読んだり、コーヒーを飲んだりしてリフレッシュします。
18:00 営業再開
夕方以降は再びお客さまが増えるため、気合いを入れて仕事に励みます。
01:30 帰庫
営業を終え、車庫へ戻ります。
02:00 営業報告・洗車
売上金を入金し、日報を提出。
02:30 業務終了

路線バス会社に勤める運転手のある1日(早番)

04:30 出勤
点呼を受け、その日に担当するバスや路線の状況を確認します。
アルコールチェックや発熱がないかなど健康状態の確認も行います。
05:00 車両点検
バス車両の点検を行います。
エンジンが正しく作動するか、タイヤやミラーなどに不具合がないかなどを決められた方法でチェックし、上司に報告します。
06:00 乗務開始
バスにのって運行を開始します。
1時間半~3時間程度走ると休憩が入ります。
12:30 昼食
14:30 運行
お年寄りも多く乗車されるため、車内の様子には常に気を配ります。
18:30 乗務終了
終点では全てのお客さまが下車したことを確認し、忘れ物がないかをチェックします。
19:00 営業所へ入庫
入庫すると給油・洗車をしてその日の報告を行い、再びアルコールチェックを行って業務終了です。
19:30 帰宅

運送会社に勤める運転手のある1日

01:30 出勤
点呼を受け、アルコールチェックを行い、その日の予定を確認します。
02:00 積み込み作業
お客さま先の倉庫で積み込みの作業をします。
03:30 出発
目的地へ向けてトラックを走らせます。
高速道路は深夜の方が空いているため、深夜に走るのが一般的です。
途中で適宜休憩をとります。
07:00 納品
先方担当者に元気よく挨拶し、荷物を降ろします。
12:30 営業所へ帰庫
途中で休憩をとりながら、会社へ戻ります。
日報の提出や乗務報告を行います。
13:00 帰宅
日によっては、もう1便納品へ出かけることもあります。

運転手の労働時間・休日