航空整備士になるには? どんな資格が必要?

航空整備士になるまでの道のり

中学卒業~高校

航空整備士は、「航空機」という複雑で高度な機械を扱う職種であるため、それに関する専門知識・スキルを身につけなくてはなりません。

中学卒業後は、機械・工学・航空学などを学べる高校に進むと、早くから航空整備士としての基礎を固めやすいでしょう。

数は少ないものの「日本航空高等学校」など、最近は高校で「航空科」を設置する学校も誕生しています。

高校卒業後は、そのまま「未経験可」「未資格者可」で採用している航空会社に就職し、見習いとして整備経歴を積みながら航空整備士の国家試験を目指す方法もあります。

ただし実際のところは、高卒のまったくの未経験者、未資格の人が航空整備士として就職するのは極めて難しく、現実的ではありません。

そのため航空整備士を目指す学生の多くは、航空整備士向けの大学や専門学校に通い、より専門的な知識と蓄え資格を取得したうえで、航空会社や航空整備会社に就職するのが一般的です。

高校~大学、専門学校

航空整備士を目指すにあたっては、国土交通大臣により「指定航空従事者養成施設」や「航空機整備訓練課程」として指定されている大学や専門学校で学ぶのが一般的です。

そのような学校で学ぶと、航空整備士の国家試験を受験する際の「受験資格」が緩和され、よりスムーズに試験合格を目指せます。

とくに指定航空従事者養成施設においては、実地試験免除の特典が得られるため、在学中の早い段階から「二等航空整備士」や「二等航空運航整備士」などの国家資格の取得が可能です。

さらに最近は、航空現場でのインターンシップ実習を行うことで、最上位となる「一等航空整備士」の資格を在学中に取得できるコースを用意する学校も増えてきています。

養成施設で知識や資格を習得し、卒業後はJALやANAなどの「航空会社」ではなく、JALエンジニアリングやANAラインメンテナンステクニクスなど航空会社が委託する「航空整備会社」に航空整備士職として就職するのが代表的なルートです。

一般的な4年制大学から技術総合職を目指すルート

指定を受けていない一般的な4年制大学の航空整備コースや大学の理工系学部に進学し、航空整備の道を目指す人もいます。

とくにJALやANAなどの大手航空会社の「技術総合職」を目指す場合においては、4年制大学卒の学歴が求められ、難関校出身の志望者も多数押し寄せてくるため、就職を有利に進めるためでは、偏差値の高い4年制大学を卒業した方がよい場合もあるようです。

ただし技術総合職の場合は、品質保証部門・技術部門・機体計画・部品計画部門・整備部門など、適性に合わせてさまざまな部署に配属される形となり、航空整備に携われるのは、整備部門などの特定の部署に配属された場合のみとなります。

配属先次第という不確定要素があり、100%確実に航空整備に携われるわけではないことには注意が必要です。

また技術総合職の場合、整備のスペシャリストとしてずっと現場で働き続けるのではなく、将来的には現場から離れ、技術部門を取りまとめるゼネラリストとしての立場にキャリアアップしていく形となるため、その点も理解しておく必要があります。

航空整備士になるまでのルート

航空整備士の資格・難易度

資格は必要か?

航空法でも定められている通り、航空機の整備を行うには、国家試験に合格して航空整備士の国家資格を取得する必要があります。

雑用的な補助作業であれば資格がなくても行える場合もありますが、部品交換や修理など、本格的な整備業務に携わるには、その業務に応じた国家資格が必要となってきます。

入社時の段階では必ずしも資格が必要となるわけではありませんが、いずれ一人前の航空整備士としてひとり立ちしていくには、働きながら「二等航空整備士」や「一等航空整備士」の国家資格の取得を目指す必要があります。

なお、航空整備士を目指す学生のほとんどは養成施設に入学し、在学中に資格を取得した上で整備会社へ就職しているのが実際のところでもあります。

資格の種類

航空整備士の国家試験としては、以下5種類が存在します。

<航空整備士の国家試験>
・一等航空整備士:大型機(旅客機や大型ヘリコプターなど)の整備全般に携われる。一等航空運航整備士としての業務も行える。
・一等航空運航整備士:大型機における「ライン整備」などの運航に関わる軽微な整備に携われる。
・二等航空整備士:小~中型機(小型の飛行機やヘリコプターなど)の整備全般に携われる。二等航空運航整備士としての業務も行える。
・二等航空運航整備士:小~中型機における「ライン整備」などの運航に関わる軽微な整備に携われる。
・航空工場整備士:航空機の部品の整備を行う際に必要となる資格。

たとえば、空港でジャンボジェット機のような大型旅客機の整備に携わりたい場合には、最終的に「一等航空整備士」を目指す必要があります。

新聞社やテレビ局などで小型ヘリコプターの整備に携わりたい場合であれば、「二等航空整備士」以上の資格を目指す必要があります。

なお、「〇〇航空整備士」は整備全般に携わることができる上位資格で、「〇〇運航整備士」はライン整備のような軽微な整備にのみ携わることができる下位の資格です。

資格の合格率や難易度

航空整備士試験の合格率については、試験を運営する国土交通省側が非公開としているため、合格率の具体的な数値から難易度を測ることはできません。

とはいえ、「指定航空従事者養成施設」などの学校では、毎年100%の合格率を叩き出しているところがほとんどであり、十分な教育を受ければ合格は現実的な試験ともいえます。

ただし、専門的な内容を問われる国家試験であるため、内容的には決して簡単ではなく、実務経験があったとしてもまったく勉強をしなければ合格は難しいでしょう。

就職後に資格取得を目指す人もいますが、その場合は仕事から帰宅後に毎日何時間も勉強する日々になることは避けられません。

航空整備士の資格試験の難易度・合格率

航空整備士になるための学校の種類・学費

学校の種類

航空整備士になるための学校の種類としては、「指定航空従事者養成施設」「航空機整備訓練課程」「一般的な4年制大学」の大きく3種類に分けられます。

<学校の種類と受験資格への影響>
・指定航空従事者養成施設:学業が整備経歴として認められる。かつ実地試験が免除となる。
・航空機整備訓練課程:学業が整備経歴として認められる。
・一般的な4年制大学の理工系学部など:学業は整備経歴として認められない。

「指定航空従事者養成施設」や「航空機整備訓練課程」として指定されている学校で学ぶと、航空整備士試験の受験資格を得る上で必要となる「整備経歴」が短縮できるメリットがあります。

学費について

学費の目安は次のとおりです。

<学校の種類別の学費相場>
指定航空従事者養成施設:1年間で約100万円~120万円
航空機整備訓練課程:1年間で約100万円~120万円
一般的な4年制大学の理工系学部など:「国立大学」の場合は4年間で約250万円、「私立大学」の場合は4年間で約400万円~550万円

なお、「指定航空従事者養成施設」や「航空機整備訓練課程」は2~3年制の学校が多いですが、中には4年制の学校も存在します。

指定航空従事者養成施設

国土交通大臣により「指定航空従事者養成施設」と指定されているのは、平成27年時点で以下の学校となります。

<指定航空従事者養成施設に該当する学校>
・中日本航空専門学校
・国際航空専門学校
・千葉職業能力開発短期大学校
・日本航空専門学校
・東日本航空専門学校
・崇城大学
・大阪航空専門学校
・株式会社JALエンジニアリング 人財開発部
・全日本空輸株式会社 整備センター教育訓練部
※平成27年4月時点

本来、航空整備士の国家試験を受験するには、受験資格として一定年数の整備経歴(実務経験)が必要です。

しかし、これらの指定航空従事者養成施設で学ぶことで、学業が整備経歴としてカウントされるため、学生のうちから国家試験の受験資格が得られ、在学中に資格を取得することも可能です。

加えて指定航空従事者養成施設の場合は、航空整備士試験の実地試験が免除となる大きなメリットもあります。

航空機整備訓練課程

国土交通大臣により「航空機整備訓練課程」と指定されている学校は、平成27年時点で以下の通りです。

<航空機整備訓練課程に該当する学校>
・成田つくば航空専門学校
・第一工業大学
※平成27年4月時点

これらの「航空機整備訓練課程」場合も同じく、学業が整備経歴としてカウントされるため、早いうちから国家試験の受験が可能です。

ただし航空機整備訓練課程では、実地試験は免除とならないため注意が必要です。

一般的な大学

指定を受けていない一般的な4年制大学の理工系学部や航空整備コースに進学し、卒業後は航空会社の「技術総合職」に就職し、航空整備に携わるというルートもあります。

ただし、指定を受けていない一般的な4年制大学を卒業した場合、残念ながら学業は整備経歴としてカウントされません。

その場合で国家試験の受験資格を得るには、就職後に整備業務に携わり指定年数の整備経歴を積む必要があります。

また前述もしたように、「技術総合職」は適性に合わせて配属先が決まる形となり、必ずしも航空整備の仕事が行えるとは限りませんので注意が必要です。

航空整備士になるための学校と学費(大学・専門学校)

航空整備士に向いている人

航空整備士に向いている人の性格的な特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

<航空整備士に向いている人の特徴>
・責任感のある人
・誠実で嘘をつかない人
・時間を守れる人
・勉強し続けられる人
・手先が器用な人

とくに重要になってくるのは、1つ目の「責任感のある人」です。

航空整備は完璧な仕事が求められ、もしも離陸前の航空機の整備漏れや整備ミスがあると、墜落事故や死亡事故に発展する恐れもあります。

航空機は自動車のように簡単に停止できるものではないため、離陸前の整備に求められる責任は極めて大きく、航空整備士は多くの乗客の命を預かっている意識を持って働く必要があります。

したがって、普段から責任感をもち誠実に物事と向かい合える人、またその重い責任に耐えられるだけのメンタルのある人がこの仕事に向いています。

航空整備士に向いている人・適性・必要なスキル

航空整備士のキャリアプラン・キャリアパス

一人前になるまでのキャリアパス

一人前の航空整備士になるうえで、「一等航空整備士」の資格を取得することが、目先の大きな目標になってくるでしょう。

入社後は、先輩のOJTを受けながら現場での整備経験を磨きつつ、一等航空整備士の勉強もあわせて進めていきます。

一等航空整備士の資格を取得すると、大型機の整備も含めた幅広い整備業務に携わるため、晴れて航空整備士としてのスタートラインを切ることができます。

なお、養成施設などに通わずまったくの未経験で就職した場合ですと、一等航空整備士の受験資格を得るために、最長で4年間の期間が整備経歴として必要です。

一人前になった後に必要な努力

一等航空整備士の資格を得ても、あくまでスタートラインに立ったに過ぎません。

「ボーイング〇〇〇」「エアバス〇〇〇」など、航空機の機体別の資格も用意されており、整備士としての幅を広げるにはそれら機体別の資格も取得していく必要があります。

その他にも、「ライン確認主任者」「出発確認主任者」「装備品確認主任者」などの社内資格も用意されており、キャリアアップするには社内資格の合格も目指す必要が出てきます。

そのように航空整備士には数多くの資格が用意されており、資格にあわせてキャリアアップの制度が細かく定められている整備会社も多く、常に資格勉強の努力が求められる大変さがあります。

同時に、頑張ればそれだけ評価される環境でもあるため、それが航空整備士たちの向上心にも繋がってもいるようです。

資格だけに限らず、実務の腕も日々磨いていく必要もあります。

航空整備士の仕事は職人的な意味合いも強く、プロフェッショナルな腕を身につけるには長い年月が掛かります。

テクノロジーも常に進化してもいるため、何歳になっても腕を磨くことに終わりはなく、第一線で活躍するには、常に新しい技術を吸収する姿勢と向上心が求められてきます。

その先のキャリアプラン

資格を取得し、経験を積むことで、将来的には「大型機の整備に携われる」、「高度な技術が必要なドック整備やショップ整備に携われる」、「海外の空港などで整備に携われる」など、活躍の場が広がっていきます。

また、ゆくゆくは整備士たちを纏める管理職にステップアップできるケースもあります。

もちろん現場の整備士としてキャリアを歩んでいく道も用意されており、定年まで現場の第一線でプロフェッショナルな整備士として活躍することも可能です。

その他にも、航空機メーカーの開発職など、航空整備の経験を生かし類似する職業に転職する道もあります。

航空整備士を目指せる年齢は?

航空整備士試験を受験するには年齢の下限制限があり、二等航空整備士は19歳以上、一等航空整備士は20歳以上でなければ国家試験を受験することができません。

一方で上限の年齢は制限されていないため、極端にいえば何歳になっても航空整備士の資格を取得し、航空整備士として働くことも可能です。

航空整備士の業界は高齢化が進んでおり、現在、航空整備士の中心層は40代~60代の中高年層となってきています。

同時に、航空整備士の人手不足が進行しつつあり、経験のある整備士に対して定年後再雇用も積極的に行われているような状況であることから、年齢が高いからといって働けない仕事ではありません。

とはいえ、未経験で航空整備士を目指す人の大半は10代~20代の若年層となり、また航空整備士が一人前になるまでには長い年月を要します。

30代~40代に入ってから航空整備士を目指すことは不可能ではないものの、相応の苦労が伴いますので、目指す年齢は早いに越したことはありません。

航空整備士は女性でもなれる?

航空整備士はもちろん女性でもなることは可能です。

就職する際にも、企業側が男女別で定員を設けることはなく、性別関係なく採用されています。

航空整備士の国家試験を受験する上でも、男女の性別的な制限はありません。

ただし筋力や身長が低い女性の場合、力の必要な作業や高所の作業などは、苦労することもあるでしょう。

反面、一般的に女性は男性よりコミュニケーションに長けているため、チームワークが求められる航空整備の現場では、女性ならではの気配りのよさなどが生きることもあります。

いずれにしても女性だからなれない職業というわけではなく、現場の第一線で活躍している女性航空整備士も世の中にはたくさんいます。

女性の航空整備士のキャリアパス・結婚後の生活