仕事内容

船舶料理士の仕事内容・役割

船舶料理士とは 船内で船員に支給する食料の調理業務を担当する人のことです。 一定以上の大きさや人数を保有する船舶、漁船における調理業務は船舶料理士が担当することが決められています。 船舶料理士の仕事内容 船舶料理士の行う […]

船長になるには? 仕事内容や役割は?

船長の仕事内容 船の総責任者 船長は、乗客や貨物を乗せて航海する船の総責任者として、運航計画や航海計画を立案し、乗組員や乗客の安全を守ります。 海の世界では「キャプテン」や「マスター」と呼ばれることもあります。 ひとこと […]

船員(部員)になるには? 仕事内容は?

船員(部員)とは 資格がなくても船上で働ける 船員(部員)とは、船舶に乗り組み海上で働く人たちのことです。 船の上で働く場合、大きく分けると国家資格である「海技士免許」を持つ船長・機関長・機関士・航海士など(オフィサー) […]

航海士と機関士・海技士の違い

航海士とは 航海士は船の操縦や指揮、荷物の管理を行う仕事です 一般的な商船の場合は、1等航海士・2等航海士・3等航海士の3名以上の航海士が勤務し、交代で24時間業務を行います。 1等航海士は、業務の指揮監督を行う立場です […]

機関士の仕事内容

機関士とは 機関士とは、船舶をはじめ機関車・航空機などの機関を運転・整備する人の総称で、船舶で活躍する場合は「船舶機関士」と呼ばれます。 船舶の場合は主にエンジンやボイラー・発電機などを扱い、機関室でデータを確認しながら […]

航海士のつらいこと・大変なこと・苦労

航海士のつらいこと・大変なこと 特殊な勤務体制 航海士の仕事の特徴は、その勤務体制にあります。 一旦出航してしまうと、次に停泊するまでは船は休みなく稼動し、そこに乗船している航海士にとっても休む暇はありません。 勤務は当 […]

航海士のやりがい・楽しさ・魅力

航海士のやりがい・楽しさ 海を相手にする仕事 海を相手に仕事をする航海士は、大海原でその技量を試されることになります。 海の気象条件や潮流は常に変化しとどまることがありませんし、時化るときもあれば台風に遭遇することももち […]

航海士の1日のスケジュール・生活スタイル

航海士の業務スケジュール 勤務時間は24時間のうち4時間×2の8時間で、おおまかに以下のように決められています ・三等航海士は8時から12時、20時から24時 ・二等航海士は12時から16時、0時から4時 ・一等航海士は […]

航海士の勤務先の種類・活躍の場

航海士の勤務先・働き方の種類 航海士が活躍する場所は、さまざまなところにあります。 船舶会社や商船会社がメインとなりますが、商船会社に勤務しながら航海士として働くケースもあれば、クルーズ船やフェリーなどの客船に乗船するケ […]

航海士の需要・現状と将来性

航海士の現状 重労働だが待遇は安定 日本が海に囲まれた島国である以上、海運業がなくなることはありません。 海洋関連会社・貿易会社・エネルギー関連会社などがぞくぞくと求人を出していて、航海士はひく手あまたな状況にあるといえ […]

一等航海士と二等航海士の違い

一等航海士の仕事 船の最高責任者である船長の補佐的な役割を担うのが一等航海士です。 船長の仕事は指揮命令に関わる任務を幅広く担当するため、現場での実質的な指揮命令は一等航海士に一任されていることも少なくありません。 具体 […]

航海士の階級・年収に違いはある?

航海士の階級の違い 航海士は階級によって割り当てられる業務内容が厳密に区別されています。 これは「上位下達(じょういげたつ)」と言い、上からの指示や命令を元に任務を遂行することで、船の安全が保たれるという考え方からです。 […]

航海士の仕事内容

航海士の仕事とは 航海士は、船舶の操縦・船員への指示管理・荷物の運搬・その他船舶運行に関わる総指揮などを行う仕事です。 航海中の船の位置の把握が大きな仕事の一つで、肉眼ではもとより、レーダー・星との位置関係・方位・人工衛 […]