女性のパイロットのキャリアパス・結婚後の生活

女性のパイロットの現状

 

男性の仕事と思われがちなパイロットという職業ですが、まだまだ人口が少ないだけで、決して男性だけのものではありません。

実際に、大手航空会社であるJALやANAでは女性のパイロットが活躍していますし、各航空会社のパイロット採用試験でも男女で応募の制限を設けていません。

2010年にはJALエクスプレスにて、国内初の女性機長が誕生しました。

また、自衛隊でも女性パイロットが活躍しています。

航空大学校や自衛隊の航空学生採用試験も、女性の応募は可能です。

パイロット養成の学科をもつ四年制大学も増え、パイロットになるための道が広がってきたことで、これからの時代は女性パイロットもさらに増えていくだろうと考えられています。

女性のパイロットの強み・弱み

 
女性がパイロットになることには、どのような強みと弱みがあるのでしょうか。

まず強みとしては、副操縦士や機長になれば多くのスタッフと関わることになるので、女性ならではのコミュニケーション能力や気配りが仕事に生かせる可能性は十分にあります。

一方で、弱みというよりも注意点として、パイロットを目指すうえでは身長制限があることを知っておいたほうがよいでしょう。

たとえば、航空大学校の入学試験では「身長158cm以上」という制限があります。

男性と女性を比べれば、女性のほうが平均的に身長が低いものの、身長制限は男女で同じ基準値が設定されています。

身体条件は安全な運航のために重視されているものですので、基準に満たない場合は残念ながら受験できません。

先に挙げた女性機長も、身長制限を理由にアメリカのパイロット養成学校に入学したそうです。

次に自衛隊の場合ですが、女性は戦闘機のパイロットになることはできません。

輸送機や救難機で任務をこなすことになります。

このような点を除けば、女性パイロットでも男性と同じように活躍しています。

パイロットの結婚後の働き方・雇用形態

 
女性のパイロットのなかには、仕事をしながら結婚生活を送っている人もたくさんいます。

担当するフライトによっては出張が多くなるかもしれませんが、この職業は基本的に休日がしっかり確保されているので、結婚生活との両立は決して不可能でないでしょう。

また、パイロットは責任重大な仕事をしているぶん、雇用形態も正規雇用で福利厚生が充実していることが多いのです。

結婚後に子どもができたとき、産休や育休を取得する権利があるのは女性にとって安心です。

また、有給も取れますし、企業によっては自分が勤めている航空会社の飛行機に社員割引を使って乗れることもあります。

結婚後は里帰りの際に飛行機を利用したり新婚旅行で海外に行ったりする機会もあるので、こうした福利厚生が役に立つこともあるでしょう。

パイロットは子育てしながら働ける?

女性のパイロットも本人の努力次第で仕事と結婚を両立できるのですが、ここでひとつ注意しなければいけないのは妊娠に関する問題です。

航空機の安全な運航のためにパイロットには厳しい身体検査が義務付けられており、心身に少しでも不調がある人は乗務できません。

女性のパイロットの場合は、本人の希望にかかわらず、妊娠が判明した時点で操縦の業務ができなくなります。

さらに、産休を取得して無事に出産をし、育休を取得した後に復職した場合、ブランクがあるぶんを取り戻すための操縦の訓練等が必要になります。

女性パイロットも男性パイロットと同じように働くける一方で、妊娠や出産における身体の負担に関しては避けられないものがあるので、子育てをしながら働くのであれば計画的にキャリアパスを考えておくことが大切です。

パイロットは女性が一生働ける仕事?

 
パイロットはまだまだ女性の割合が低い職業ではありますが、女性が一生活躍できる職業だといえるでしょう。

航空機を操縦するための知識や技術を習得するうえで性別は関係ありませんし、専門性が高いため一度ライセンスを取っておけば就職や転職も可能です。

また、パイロットは正規雇用で待遇もよいので、高収入を目指す女性にとってもチャレンジし甲斐がある業界でもあります。

ただし、もちろん一生働くのであれば注意点もあります。

パイロットとして働くためには厳しい身体検査にクリアする必要があり、心身ともに健康な状態でなければ続けられないのです。

妊娠や出産の際には乗務をすることがなくなるので、別の業務を担当することになります。

パイロットとして一生働き続けたいのであれば、妊娠や出産について計画的に考え、上司にも早めに相談するようにしましょう。

女性のパイロットのキャリアパス・結婚後の生活のまとめ

男性の仕事と思われがちなパイロットという職業ですが、決して男性だけのものではなく、実際に大手航空会社であるJALやANA・自衛隊では女性パイロットが活躍しています。

副操縦士や機長になれば多くのスタッフと関わることになるので、女性ならではのコミュニケーション能力や気配りが仕事に生かせる可能性は十分にあります。

一方、注意点として、パイロットを目指すうえでは身長制限があり、たとえば航空大学校の入学試験では「身長158cm以上」という制限があります。

女性のパイロットのなかには、仕事をしながら結婚生活を送っている人もたくさんいます。

この職業は基本的に休日がしっかり確保されているので、結婚生活との両立は決して不可能でないでしょう。

女性のパイロットも本人の努力次第で仕事と結婚を両立できるのですが、妊娠が判明した時点で操縦の業務ができなくなる点に注意が必要です。

パイロットはまだまだ女性の割合が低い職業ではありますが、女性が一生活躍できる職業だといえるでしょう。

また、パイロットとして一生働き続けたいのであれば、妊娠や出産について計画的に考えましょう。