ヘリコプターパイロットになるには? 仕事内容や資格、給料の解説

  
ヘリコプターパイロットは活動の幅も広く、責任感も求められる職業です。

プロのパイロットを目指したい場合、自家用操縦士以外にもさまざまな資格が必要です。

また、ヘリコプターパイロットの年収は、比較的高額で年収1,000万前後です。

この記事では、ヘリコプターパイロットになるには? 仕事内容や資格・給料の解説について解説します。

ヘリコプターパイロットの仕事内容

ヘリコプターパイロットは、ヘリコプターを操縦する資格のある操縦士のことです。

ヘリコプターパイロットの仕事内容は、

  • 医療現場に急行するドクターヘリ
  • 災害現場で活躍する救助ヘリ
  • 警察や自衛隊で出動するヘリコプター

など、活躍の場が広がっています。

しかしながら、最近では官公庁などを含めて有資格操縦士の人員不足に陥っているため、民間企業や官公庁含めて、パイロットの訓練中に内々定がでることも珍しくありません。

パイロットには操縦するための免許が必要であり、

  • 自家用操縦士免許
  • 事業用操縦士免許

のどちらかを保有していることが必須条件です。

資格だけではなく、空の上で人や物を運ぶため、責任感も求められる職業です。

ヘリコプターパイロットになるには

ヘリコプターパイロットになるために必要な資格
  • 自家用操縦士
  • 回転翼事業用操縦士
  • 航空特殊無線技士または航空無線通信士

趣味としてヘリコプターを操縦したい方は「自家用操縦士」の免許が必要です。

仕事としてプロのパイロットを目指したいという方は、自家用の免許を取得した後で事業用の資格である「回転翼事業用操縦士」の免許を取得する必要があります。

ともに「航空特殊無線技士」または「航空無線通信士」の資格を取得することも義務付けられています。

空の上では安全に飛行しなければならないため、航空身体検査を通過する必要もあります。

ヘリコプターパイロットの給料・年収

ヘリコプターパイロットの年収は、他の職業と比べても比較的高額です。

就職先や年代によって異なりますが、年収にすると1,000万円前後です。

業界として人員不足に悩まされているため、各航空会社でも1,000万円以上の年収をもらっている方が多いのが現状です。

自衛隊で勤務されている方については、役職などで年収に差が出ることもあり、900万円前後から1,000万円以上という方も珍しくありません。

ヘリコプターパイロットに向いている人、適性

人の命を預かる職業だけに、習得しなければならない飛行技術や覚えなければならない知識は膨大です。

ヘリコプターパイロットに向いている人・適正
  • ヘリコプターパイロットとして生計を立てるという強い志
  • 何があっても諦めない不屈の精神
  • 人からの信頼を集めコミュニケーションに長けた方
  • あらゆるシチュエーションにも臨機応変に対応できる方

ヘリコプターパイロットとして生計を立てるという強い志と、何があっても諦めない不屈の精神が求められます。

人からの信頼を集めコミュニケーションに長けた方、あらゆるシチュエーションにも臨機応変に対応できる方には向いている職業です。

安定した収入もさることながら、長く社会で活躍できる職業です。

ヘリコプターパイロットの現状と将来性・今後の見通し

各所で人員不足に悩まされており、確かな技術と資格さえあれば就職先には困りません。

しかしながら、人員不足の原因とも言える高額な資格取得費用がネックとなっています。

実際に資格を取得するまでにかかる費用は1,000万円を超える金額と、100時間を超える飛行実績が求められます。

この資格取得費用については、条件さえ満たせば各航空会社や訓練学校で奨学金制度を利用できます。

資格取得費用の返済においては、その後にもらえる収入を考えると返済可能な金額です。

訓練時間については、高い志があれば問題ありません。

ヘリコプターパイロットになるには? のまとめ

ヘリコプターパイロットは、ヘリコプターを操縦する資格のある操縦士のことです。

パイロットには操縦するための免許が必要であり、自家用操縦士免許、事業用操縦士免許のどちらかを保有していることが必須条件です。

ヘリコプターパイロットの年収は、1,000万円前後で、自衛隊で勤務している場合は、役職などで年収に差が出ることもあります。

ヘリコプターパイロットとして生計を立てるという強いがある人・何があっても諦めない不屈の精神を持つ人・人からの信頼を集めコミュニケーションに長けた人・あらゆるシチュエーションにも臨機応変に対応できる人などがヘリコプターパイロットに向いている人・適正として合っています。

各所で人員不足に悩まされており、確かな技術と資格さえあれば将来的にも就職先には困りません。

資格を取得するまでにかかる費用は、1,000万円を超える金額と100時間を超える飛行実績が求められますが、資格取得費用の返済においてはその後にもらえる収入を考えると返済可能な金額ですし、訓練時間についても高い志があれば問題ありません。