鉄道会社社員のやりがい・楽しさ・魅力

鉄道会社社員のやりがい・楽しさ

公共性が高く、多くの人の役に立てる

鉄道会社社員のやりがいは、交通インフラを支えていることです。

鉄道は、通勤や通学、レジャーやショッピングなど、あらゆる目的で利用される公共性が高い交通手段です。

老若男女関わらず鉄道を利用しており、これほど多様な人の役に立てる仕事は多くありません。

鉄道会社は長く社会生活や経済を支えてきた業界なので、社会に貢献している実感を持ち続けられるでしょう。

活躍できるフィールドが広い

主に大手鉄道会社ですが、鉄道運用のみにとどまらない事業展開も魅力の一つです。

駅ビルや商業施設の運営したり、沿線の駅中心に街づくりや不動産ビジネスの展開、介護施設や保育施設を運営したりする企業もあります。

異業種へのチャレンジによって収益アップを図るのが目的ですが、最終的には地域活性化や豊かな社会の創造につながります。

鉄道事業と同様、社会の役に立てるという意義を持って働けるのはモチベーション維持につながるはずです。

チームワークを大事に働ける

鉄道を運用する上で一番大事なことは、安全に正確に人やモノを移動させることです。

運転士や車掌は安全・正確に車両を動かし、ホーム業務では利用者の安全を確保しつつダイヤ通りの運行をサポート、整備業務は何千、何万人と乗車する車両の安全を担保しています。

このように担当業務はさまざまですが、最終的な目的を達成するためにチームとして動いています。

特にトラブル発生時は分かりやすいかもしれません。

台風や集中豪雨などで列車運行がストップすると、駅やホームでは利用者への案内や混乱を抑え、運転士や車掌は細心の注意を払いつつ運行します。

万が一の際は乗客を安全な場所に誘導しなければなりません。

土木や設備を担当する社員は沿線の安全確認や異常を発見した際は復旧工事を行います。

そうした際は各部門との連携は必須です。

社員一丸となって取り組んだ結果が運行再開につながるため、達成感は高いでしょう。

鉄道会社社員の仕事内容・企業の種類

鉄道会社社員の魅力

やりがいにもつながりますが、活躍の場が広いのは鉄道会社社員の魅力です。

鉄道業務だけでなく、不動産事業や商業施設運営、海外事業など活躍のフィールドを広げた働き方ができる一方、運転士や車両整備、運行システム運用など鉄道に直接関わることもできます。

自分の努力しだいでキャリアアップの道も複数選べます。

また、安定感があるのも鉄道会社の魅力です。

第三セクター鉄道をはじめ、経営が苦しい鉄道会社があるのは確かです。

しかし重要な交通インフラをになっているため鉄道会社が今すぐなくなることはありません。

企業規模が大きくなるにつれ安定感は増すので、安心して働ける環境といえるでしょう。