タクシー運転手の1日のスケジュール・生活スタイル

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

タクシー運転手の業務スケジュール

勤務時間が長い

タクシー運転手の生活は、他の職業と比べると独特です。

多くのタクシー会社では「隔日勤務」という勤務体系を採用しており、運転手は1回の出勤で15~21時間程度勤務します。

朝の8時から深夜2時までといった勤務時間になることが多く、その合間に3時間程度の休憩時間をとります。

拘束時間はとても長いですが、日が変わって深夜に仕事を終えたその当日は「明け」で休むことができ、タクシー運転手は出勤日と明けを繰り返して働くのが一般的です。

この明け以外に通常の公休も入るため、合計すると月に17~18日程度が休みとなります。

勤務時間中の過ごし方

タクシー運転手は、会社からひとたびタクシーに乗って営業に出ると、そこから勤務時間が終了するまでは、基本的に自分でどのように走るかは自由です。

休憩時間(食事)をいつ取るかも、仕事の状況によって自由に決めることができます。

乗務中は街中を走りながらお客さまを探す「流し営業」をしたり、駅やホテルなどのタクシー乗り場がある場所で待機したりしながら、少しでもたくさんのお客さまを乗せられるよう努力しなくてはなりません。

タクシー運転手としてある程度の経験を積めば、その地域で、どの時間帯にどの辺りにお客さまが多いか、ということがよくわかるようになります。

お客さまの要望によって、当然、どの辺りを走るかも日によって変わりますし、お客さまがスムーズに見つかる日もあれば、なかなか見つからない日もあります。

こうした点も含めて、毎日変化がある仕事だといえるでしょう。

タクシー会社で働くタクシー運転手の1日

06:40 出勤
出勤したら制服に着替え、アルコール検査と健康状態のチェックを行います。

万が一、規定以上のアルコール反応が出たり、体調が悪かったりした場合には乗務ができません。

07:00 車両点検
事故を起こさず、お客さまを最後まで安全にお送りできるように必ず毎日車輌の点検は欠かせません。
07:30 点呼、朝礼
運行管理者と点呼を行い、朝礼に参加します。

安全運行に関する注意点の読み上げや、連絡事項の確認、お客さまを元気にお迎えするための声出しなどを行います。

08:00 営業開始
朝の通勤時間帯はビジネスマンのお客さまが中心です。

次々とお客さまが乗り降りするので、忘れ物がないかなどにも気を配ります。

12:30 昼食
1日に3時間休憩時間をとる決まりになっていますが、当日のお客さまの状況によって時間は変わります。
13:30 営業再開
お昼過ぎの時間帯は少しお客さまが減ります。
16:00 休憩
どうしても眠くなりがちな時間帯なので、意識的に外の空気を吸ったり、ストレッチをしたりして目を覚まします。
18:00 営業再開
夕方以降はお客さまが増えます。

とくに、電車やバスの運行が終了した後からは一番の稼ぎどきです。

より集中して仕事に臨みます。

01:30 帰庫
営業を終え、車庫へ戻ります。
02:00 営業報告・洗車
売上金を入金し、日報の提出をします。

また、車両をしっかりと洗い、車内も掃除します。

次に乗車されるお客さまが不快にならないように気をつけます。

02:30 業務終了
業務を終えて帰宅します。

翌日は勤務がないのでゆっくり寝ることができます。

タクシー運転手の勤務・労働時間・休日