トラック運転手の1日のスケジュール・生活スタイル

トラック運転手の業務スケジュール

トラック運転手の生活は、どのようなトラックに乗り、どのような荷物を扱うのかによって異なります。

ルート配送や近距離の運転を担当する場合は、毎日決められた同じ時間帯に勤務することも多く、比較的生活リズムを作りやすいといえるでしょう。

一方、遠隔地へと荷物を運ぶ大型トラックの運転手となると、まったく話は変わってきます。

たとえば東京から九州といった長距離運転をする場合には、客先への納品と現地での積み込み作業を繰り返し、数日かけて戻ってくることも珍しくありません。

常に目的地への荷物の到着時間から逆算して車を走らせるため、日によって出勤時間が違うということもあります。

どうしてもトラックの中で過ごす時間が長くなり、トラックドライバー専用のドライブインや高速道路のパーキングエリアでシャワーを浴びて仮眠したり、車内で食事や着替えを済ませたりすることも一般的です。

大型トラック運転手のある1日

05:00 出勤
出勤時間は当日の配送先によって異なります。
時間を逆算して、確実に間に合うようにスケジュールを組みます。
05:30 点呼
体調に異常がないかとアルコールチェック、車両の点検も行います。
06:00 出発
荷物を載せているトラックに乗り、目的地を目指して出発します。
9:30 現場到着
現場に到着すると、荷卸しを行います。
荷物によってはクレーンを使う場合もあります。
11:00 次の現場へ出発
再び積み込み指示を受け、次の配送先へと向かいます。
12:30 休憩
昼食をとります。
休憩中はストレッチや仮眠をするなどをして、身体をリラックスさせます。
15:30 現場到着
先方担当者に挨拶し、荷卸しを行います。
16:30 帰社
翌日配送の荷物の積み込みを終えて、会社に戻ります。
16:45 退社
当日分の業務報告書を作成し、終了点呼を行ったら勤務終了です。

宅配便を扱うトラック運転手のある1日

06:30 出勤
制服に着替え、営業所で配達区域内の荷物を積み込みます。
08:00 出発
配達に向かいます。
この地域は個人住宅への宅配が多いため、お客さまが顔を覚えてくださることも多く、コミュニケーションを大切にします。
12:30 営業所へ戻る
休憩と昼食をとります。
13:30 集荷
午後は集荷業務を担当します。
電話などで依頼を受けたお客さま先で集荷したり、発送窓口のコンビニや会社などを回ったりします。
16:00 積み替え作業
集荷した荷物を長距離輸送車へと積み替えます。
16:30 勤務修了
遅番で出勤している他のスタッフに引継ぎを行います。

翌日のスケジュール確認をし業務終了です。

勤務先を選ぶ際は慎重に

長距離を走る大型トラックに乗るとなれば、毎日同じ生活リズムを保つというのは難しくなります。

担当する案件によっては、自宅に帰れるのは10日に1日ほどになることもあるため、家族とゆっくり過ごす時間がなかなかとれないという悩みを持つ人もいるようです。

長距離トラックの運転手は交通量の少ない深夜に走ることが多いこと、また荷積みや荷卸しの間の「待機時間」に仮眠をとることが多くなるため、夜起きているのが苦手という人や、規則正しく生活したいという人には向いていないかもしれません。

ただし、トラック運転手でも不規則な生活にならないよう配慮している企業も増えてきました。

とくに近年では、トラック運転手の待遇改善が強く訴えられるようになり、これまでより働きやすい労働環境づくりに取り組んでいるところもあります。

トラック運転手を目指すのであれば、自分がやりたい仕事や乗りたいトラックを考えたうえで、しっかりと会社を見比べて探していくほうがよいでしょう。