「航空管制官」とは

航空管制官_画像

地上から航空機へ安全な飛行ルートや気象情報に関する指示を出し、空の交通整理を行う。

航空管制官は、航空機が安全に離着陸し、他の航空機にぶつからずに空を飛べるように指示や情報をパイロットに伝える仕事です。

レーダーや無線を用いて刻々と変わる状況を把握し、事故が起こらないように細心の注意を払って航空機に指示を与えます。

勤務地には全国の空港と札幌・東京・福岡・那覇にある航空交通管制部になりますが、国土交通相に所属する国家公務員となるため転勤があります。

航空管制官になるには、国土交通省が行う航空管制官採用試験に合格することが必要です。

語学力が求められる試験で、競争率も高く、簡単には合格することはできません。

公務員なので待遇は安定していますが、勤務地によっては24時間体制となるため、シフト制での勤務となることもあります。

「航空管制官」の仕事紹介

航空管制官の仕事内容

空の交通整理を行う仕事

航空管制官は、航空機が安全に離着陸し、他の航空機にぶつからずに空を飛べるように指示や情報をパイロットに伝える仕事です。

レーダーや無線を用いて刻々と変わる状況を把握し、事故が起こらないように細心の注意を払って航空機に指示を与えます。

一人の管制官がいくつもの航空機に次々と指示を出していくため、常に緊張感のある業務です。

勤務地は全国の空港と札幌・東京・福岡・那覇にある航空交通管制部になりますが、国土交通省に所属する国家公務員となるため転勤があります。

航空管制官になるには、国土交通省が実施する航空管制官採用試験に合格することが必要です。

語学力が求められる試験で、競争率も高く、狭き門です。

公務員なので待遇は安定していますが、勤務地によっては24時間体制となるため、シフト制での勤務となることもあります。

航空管制官の就職先・活躍の場

国家公務員ゆえ転勤が多い

国家公務員である以上、航空管制官であっても例外でなく、転勤は多い傾向にあります。

他の職種の国家公務員同様、どのタイミングで転勤辞令が出されるかは、事前に予測し難いところがあります。

航空交通管制部や各空港に転勤をすると、そのたびに訓練を受けて資格を取得しなければなりません。

ただし、地方の空港では必要となる資格が少ない場合が多いため、3〜5年スパンなど、わりと短期間で転勤となる人も多いと言われています。

航空管制官の1日

航空管制官は、勤務地によって「早番・遅番・夜勤」といったシフトを組み、24時間での交代制で管制業務を行っています。

ある程度シフトのパターンは決まってきますが、朝から勤務する日もあれば、お昼からの勤務になる日もあるなど、日によって勤務時間が異なることが特徴です。

<航空交通管制部で働く航空管制官の1日(早番の日)>
7:00 出勤
7:15 担当する空域の天候などについて確認(ブリーフィング)
7:30 運用室で業務開始
8:30 事務作業
13:00 昼食
15:00 運用室での業務終了
15:30 当日の業務の振り返り・情報共有(デブリーフィング)
16:15 勤務終了

航空管制官になるには

航空管制官採用試験合格が必須

航空管制官は国家公務員であり、航空管制官になるためには航空管制官採用試験を受ける必要があります。

試験に合格して採用されると国土交通省の職員となり、その後は航空保安大学校へ入学し、1年間の基礎研修を受けることになります。

採用試験は業務でも必要となる語学力や記憶力が試される難関ですが、倍率は30倍近くになることもあります。

年齢制限だけで学歴は問われませんが、長期間の訓練を重ねる必要があるため、根気と強い精神力が求められます。

航空管制官の学校・学費

実質上は大卒以上

航空管制官になるために合格が必要な国土交通省が実施する「航空管制官採用試験」には受験資格として年齢制限がありますが、それを満たしていさえすれば、学歴関係なく誰でも受験することができます。

試験そのものの出来で合否が判断されるので、四年制大学卒だから有利になるということはありません。

しかし、試験自体が「大学卒業程度レベル」となっているため、実質上は大学卒業と同等レベルの学力や適性が問われると考えて間違いありません。

大学や専門学校の学科などには特に限定はありません。

航空管制官の資格・試験の難易度

人気が高く高難易度の試験

航空管制官になるには、いくつかのステップを踏まなければなりません。

まず、国土交通省の「航空管制官採用試験」を受け、それに合格し採用されると国家公務員である国土交通省の職員になります。

人気が高い試験ですが、試験は英語での聞き取りや面接があるため、語学力が必要になるほか、「空間認識力」と「記憶力」も試されます。

しかし、試験合格後すぐに現場で働けるわけではなく、関西国際空港の近くにある「航空保安大学校」で1年間の基礎研修を受ける必要があります。

ちなみに、国家公務員としての採用になりますので、学校での研修中にも月額18万円ほどの給料が支払われます。

航空管制官の給料・年収

安定性の高い「公務員」

航空管制官は、国家公務員の中でも専門性の高い仕事内容であるため、「行政職」の俸給表に基づく給料が支払われます。

年齢が上がると収入はアップしていき、一般的に30歳前後の平均年収は450万円を超え、50代になると850万円以上の収入を得ることができます。

また、公務員であるため、各種手当なども充実しており、安定性は高いと言えるでしょう。

しかし、人の命を左右する重要な仕事であるため、集中力と責任感が必要であり、ストレスも非常に大きな仕事です。

航空管制官のやりがい、楽しさ

経験が試される責任ある仕事

航空管制官は、レーダーを見ながら各航空機が「どのようなルートを飛んでいるのか?」「きちんと安全に飛べているのか?」などを細かくチェックしています。

もし機体がほかの航空機と近付きそうになれば、パイロットと交信して、高度や速度についての指示を出しますし、天気等が悪く視界不良の際には、航空管制官がパイロットの目となることもあります。

職務中は片時も気の抜けない緊張感が続く仕事ですが、自分の力で見事フライトを無事にこなすことができた際には大きな充実感が生まれ、またパイロットをはじめとするチームからの信頼が積み重ねられると、それがやりがいとなるでしょう。

航空管制官のつらいこと、大変なこと

責任の重さと気の抜けない大きな緊張感

レーダールームの航空管制官は、同時に10機以上の航空機を担当して、それぞれのパイロットに指示を出していきます。

レーダールームには、直接パイロットとやりとりする「レーダー席」のほかに、管制塔などと連絡を取りながら調整を行う「調整席」があり、航空管制官たちは約30分ごとに業務を交代しています。

レーダーを見て次々と的確な指示を出すレーダー席の業務は、非常に集中力を要する仕事です。

ひとつの間違いが事故につながる可能性もあるので、自分が着席している30分間は絶対に気を抜くことが許されません。

乗員・乗客をはじめとするたくさんの命がかかっている仕事なだけに、責任は重大です。

そのような意味では、とても大変な仕事だと言えるでしょう。

航空管制官に向いている人・適性

命を預かる使命感と責任感のある人

毎日、空の上ではたくさんの航空機が行き交っています。

万が一、航空機が事故に遭ってしまったら、大勢の人の命が犠牲になってしまいます。

定刻通りの安全なフライトができ、お客様が安心して空の旅を楽しめるかどうかは、まさに航空管制官の腕にかかっています。

また、何かトラブルがあった際には、チームで一致団結して解決しなければならないこともあります。

強い責任感や使命感を持ち、チームワークを大切に行動できる人が、この仕事に向いているといえるでしょう。

航空管制官志望動機・目指すきっかけ

専門的な仕事がしたい

航空管制官の志望動機として代表的なものは、「手に職をつけたい」「専門的な仕事がしたい」といった向上心やモチベーションの高い理由が多く挙げられるようです。

それと同時に、「航空機が大好き」という志望動機も多くみられます。

飛行機が好きで空港で働きたい、また安定性の高い仕事に就きたいという熱意や強いやる気があって、狭き門を潜り抜け、またストレスやプレッシャーの大きい航空管制官の仕事を続けていけるといえます。

決して派手な仕事ではありませんが、強い責任感や使命感は航空管制官の志望動機の根幹を成すものとして、とても大切なものとなるでしょう。

航空管制官の雇用形態・働き方

安定した国家公務員

航空管制官という職業は、特別な国家資格を持った国家公務員です。

そのため、雇用形態は安定しており、不安なく職務に従事することができます。

また、福利厚生や諸手当の充実ももちろんですが、公務員法に基づいてしっかりと産休や育休を取得することが可能です。

女性管制官が増えていることにも伴い、実際に取得して活躍している現役の航空管制官もめずらしくありませんので、女性も安心して働くことができます。

航空管制官の勤務時間・休日・生活

夜勤を含むシフト制勤務が基本

航空管制官は1日8時間の労働時間が定められています。

成田国際空港や関西国際空港など大規模な空港に配属された場合は24時間体制が敷かれ、早番・遅番・夜勤といったシフト制での勤務になります。

たとえば最初の3日間を早番や遅番で勤務し、4日目は夜勤、5日目は夜勤明けといったように、夜勤が途中で入るのが一般的です。

5日働いて2日休み、というサイクルで動くことが多いと言われています。

また、シフト制なので土日祝日に勤務しなければならないこともありますが、残業はほとんどなく、決められた勤務時間で帰れることが多いようです。

航空管制官の求人・就職状況・需要

高需要だが高倍率

人事院のデータによると、例年、50名〜70名ほどの採用予定で推移しています。

倍率は5%前後の年もあり、人気が高い職種のためかなりの狭き門といえます。

しかしながら、合格者の中から成績の良い順に採用されるため、合格しても必ず採用されるとは限りません。

航空管制官は、とても需要の高い仕事で、近年は格安の航空会社の参入も相次いでいますが、国際線の数が増えている現代、航空需要はこれからも高まっていくと考えられています。

航空管制官の転職状況・未経験採用

年齢制限がある

航空管制官になるために合格が必要な国土交通省航空管制官の採用試験には、21歳から30歳未満の受験資格が設定されています。

大学卒業後、一旦は社会人として一般企業などで働きながら航空管制官を目指す「転職組」も一定数いることは確かです。

彼らは難関の採用試験を突破するために、採用試験専門の予備校などで受験準備をして合格を目指します。

仕事を続けながら勉強し、合格を勝ち取る人もいるようです。

晴れて採用されたら国土交通省の国家公務員として給与を貰いながら「航空保安大学」で1年間の研修を受け、その後国土交通省からの指示で全国の空港、もしくは「航空交通管制部」へと配属されます。

航空管制官の現状と将来性・今後の見通し

需要のなくならない仕事

近年、航空業界は増便や格安航空会社の登場などさまざまな変化が起こっていますが、どんな状況においても、航空機が飛ぶ限り、航空管制官は需要のある仕事です。

高度なシステムを扱うことは一朝一夕にできるものではないため、しっかりとまじめに訓練を重ねた航空管制官は、安定して働いていくことができるでしょう。

また、女性の航空管制官も増えており、国主導で働きやすい環境づくりが重要視されている昨今では、定年まで働き続ける人もますます増えているようです。

なるまでの道のりは険しいものですが、諦めない気持ちで勉強を続けることが大切です。