「電車運転士」とは

電車運転士_画像

高度な技術で電車を動かす。車内の点検や整備にも責任を持ち、安全な運行を実現する。

電車運転士は、列車の運転をする仕事ですが、簡単な仕事ではなく、運転は職人技とも言われています。

安全に運転をし、電車を正確に到着させるために、天候や線路の状態、乗客数などを考慮して、加速やブレーキを調整しています。

また、出発前の点検作業や到着後の報告、事故の対応なども行います。

電車運転士になるためには、鉄道会社に就職することが必要です。

学歴は特に問われませんが、工業高校や商業高校の卒業生の採用実績が多くなっています。

入社後は駅員や車掌を数年経験し、適性が認められれば電車運転士の道に進むことができます。

待遇は安定していますが、都市部の大手鉄道会社と地方の鉄道会社とでは、給料に開きがあります。

「電車運転士」の仕事紹介

電車運転士の仕事内容

電車運転士は、新幹線や在来線などの電車を運転するほか、安全で快適な運行ができるよう車内の整備や点検も行います。

多くの人の命を預かるため、研修で高度な運転技術を身につけることと、強い責任感が求められる仕事です。

万が一、人身事故や急病人発生などのトラブルが起こってしまった際には、冷静に事態を把握して判断を下す必要もあります。

運転士としての実力がつけば、選抜試験を受けて新幹線の運転士になれる可能性もあります。

電車運転士の1日

運転士は、それぞれの運転区で「仕業表」といわれる勤務スケジュールに沿って乗務を行います。

基本的には「泊まり」「明け」「日勤」「休み」を繰り返しながら働いており、休憩や仮眠を挟みながら丸一日働く場合や、朝から夕方まで働く場合、早朝からお昼過ぎまで働く場合など、日によって勤務時間は異なります。

<ある鉄道会社で働く電車運転士の1日>

9:30 出勤
10:00 出発点呼
10:30 乗務
11:30 交代
11:45 休憩
12:00 乗務
21:30 勤務終了・帰社
22:30 帰着点呼
23:00 仮眠
4:00 起床
4:30 出発点呼
4:45 出庫点検
5:00 乗務
6:00 休憩
9:00 帰着点呼

電車運転士になるには

電車運転士になるには、まず各鉄道会社への就職が第一となります。

新卒や未経験者はいきなり運転士として働けるわけではなく、まず駅員や車掌の仕事を数年経験します。

その過程で鉄道業界の仕組みや電車運行に関する知識を深めていき、社内試験に合格すると電車運転士の研修を受けることができます。

学歴は特に問われないものの、大卒者は事務員としての配属が多く、運転士のような乗務員は工業高校や商業高校卒の人が中心です。

電車運転士の給料・年収

電車運転士の給料は、どの鉄道会社で働くかや配属先の地域等によっても異なります。

一般的に、地方よりも都市部のほうが給与水準は高い傾向にあり、平均年収は都市部の大手鉄道会社では600万円程度、地方の私鉄では400万円程度となっているようです。

より高度な運転技術を要する新幹線の運転士になれば、在来線で働くよりも給料は上がります。

なお、残業手当や休日勤務手当などはきちんと支給され、待遇面は比較的安定している仕事です。

電車運転士の現状と将来性・今後の見通し

「団塊の世代」の電車運転士が多く退職したことにより、若手電車運転士の育成が急務となっています。

しばらく安定した採用が続きそうですが、自社で育成するコストを省くために、経験のある運転士を中途採用する会社も増えています。

また近年、鉄道会社各社は自社の沿線そのものを活性化させようと、不動産や流通サービスなどの関連事業も手がけて他社との差別化を目指しているため、運転士も社員の一人としての強い自覚が求められています。