フラワーコーディネーターのやりがい・楽しさ・魅力

フラワーコーディネーターのやりがい・楽しさ

世界で一つだけの演出ができる

フラワーコーディネーターにとってやりがいは、自分にしか作ることができない「世界で一つだけの演出や花束」を作り出すことです。

全体のイメージを思い描き、色や形、香りのバランスを想像しながら、一本一本花を組み合わせて美を追求するフラワーコーディネートは、非常に奥深い世界といえます。

何度同じ依頼を受けても、お客さまが飾る場所や贈る相手に合わせたものを作れなければ、「お客さまを喜ばせる」という目的を達成することはできません。

そのため見た目の美しさだけでなく、依頼人の思いや空間、季節などによって使う花や演出方法を変えながら、毎回真剣勝負で向き合っています。

植物の豊富な知識はもちろん、優れた色彩感覚やお客さまへの細やかな心配りをしながら作品を作り上げていくことは、毎日楽しい刺激があり、挑戦しがいのある仕事といえるでしょう。

花束で大切な想いを代弁できる

フラワーコーディネーターの使命は、花を通して人々の大切な想いを代弁することです。

母の日のカーネーションギフトには、「いつもありがとう」という感謝の気持ちがこもっていますし、プロポーズのための薔薇の花束にはたくさんの愛情が込められています。

フラワーコーディネーターは、お客さまが日頃なかなか言葉にして伝えられない気持ちを「花を通して表現したい」と願いながら、ひとつひとつ花束を制作しているのです。

花束を買っていくお客さまにその後どんなドラマがあるのか、想像するだけでも楽しい時間を過ごせるでしょう。

ときには実際に「先日の花束、母がとても喜んでくれました!」「おかげさまでプロポーズが成功しました」と笑顔で報告をしてきてくれるお客さまもいます。

そんな瞬間がフラワーコーディネーターの仕事をしていて、やりがいを感じる時間です。

フラワーコーディネーターの仕事内容

フラワーコーディネーターの魅力

1日中花に触れられる

フラワーコーディネーターの魅力は、美しい花に1日中触れられることでしょう。

フラワーコーディネーターを目指す人は、「子どもの頃から花が大好き」「植物を扱う仕事がしたい」という思いが高じて、この職業にたどりつくことが多いようです。

花を愛でることが大好きな人にとって、フラワーコーディネーターはまさに天職ともいえる仕事でしょう。

花束やブーケを制作するときだけでなく、仕込みや花の手入れなどの作業の際も、1日中花に触れることができます。

取り扱う花々の移り変わりで季節の訪れや行事を知ることができ、旬の花が放つ優しくて優雅な香りを全身に浴びながら仕事をすることができるのです。

そんな環境で働けることに心の底から幸せを感じられる人であれば、フラワーコーディネーターの仕事は何よりも魅力的な仕事となるでしょう。

花を美しく飾る職人を目指せる

フラワーコーディネーターの仕事は、花を美しく飾る職人を目指せることも魅力です。

アレンジメントや装花には、花に関する知識や色彩感覚、美的なセンスなど、さまざまな能力が必要とされています。

何かひとつを覚えたら終わりというわけではなく、新しい知識や技術を磨くためには、ずっと努力を続けていかなければいけません。

5年経っても10年経っても「私はまだまだ半人前」と考えて、先輩の作品を見ながら猛勉強を続けるフラワーコーディネーターもたくさんいます。

フラワーコーディネーターを名乗って仕事をしていくことは、ほかの人には簡単に真似できない専門的なスキルを身につけるということでもあり、花を美しく飾る職人を目指すということです。

そのため「専門的な仕事がしたい」「自分の職業に誇りを持って働きたい」「大きなやりがいのある職業に就きたい」という想いを持つ人にとって、まさに夢の実現ができる職業といえるでしょう。

フラワーコーディネーターの仕事には年齢制限や定年退職もありませんので、一生をかけてプロフェッショナルの技を追求していくことができるのも魅力です。