このサイトは森林インストラクターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「森林インストラクター」

仕事内容
「森の案内人」である森林インストラクターは、人々に森林や林業についての知識を与え、森林で安全に、楽しく過ごしてもらうよう指導とアドバイスする仕事です。森林では、森林浴やバードウォッチングなどさまざまな楽しみ方ができますが、一方で、自然環境を守るためのルールや、自然の厳しさについてもきちんと知っておく必要があるのです。子どもから大人まで一般の人と多く接するため、コミュニケーション能力も求められます。
なるには
森林インストラクターになるには、まず森林インストラクター試験に合格し、全国森林インストラクター協会への登録が必要となります。合格率は40%以下になることもあり、簡単な試験ではないと言えるでしょう。地方自治体やNPO法人で働く人もいますが、就職は厳しめで、協会を通して仕事の依頼があった際に活動する人が多いです。しかし、ボランティア団体やアウトドアショップなど、興味関心の方向性に合わせて活躍できる場はさまざまある仕事です。
給料
森林インストラクターの資格を得ても、それだけで仕事が始められるわけではありません。地方自治体へ就職すれば地方公務員として給料も待遇も安定していますが、他の仕事を持ちながらボランティアで活動する人も多いため、それほど収入が見込める仕事ではありません。なお、依頼を受けて単発で仕事をする場合は、日給1万円程度が相場となっているようです。安定した収入を得るには、勤務先や働き方についてしっかりと考える必要があるでしょう。
将来性
森林インストラクターは、自然環境保護のムードが高まる中、現在注目を浴びている職業のひとつです。都心部だけではなく、自然の多い地方での活躍も期待されています。森林インストラクター専業で生計を立てていくのは簡単ではないものの、他の仕事をしながらでも続けていける仕事であり、働き方にはさまざまな選択肢と可能性があります。企画力や営業力、そして自然を愛する熱い心と行動力のある人材が求められています。