ドッグトレーナーの需要・現状と将来性

ドッグトレーナーの現状

「一般社団法人 ペットフード協会」の調査によれば、2018年の日本全国の犬の飼育頭数は約890万頭と発表されています。

一般社団法人 ペットフード協会:2018年全国犬猫飼育実態調査 結果

2008年をピークにここ数年で犬の飼育頭数は減少しつつあり、犬ブームは落ち着きを見せているようです。

しかし「ペットの家族化」と「室内飼育化」が一般的になったことから、犬1頭当たりの消費額が増えています。

トリミングサロンやペットホテル、ドッグカフェが続々とオープンし、高性能なペットグッズや老犬ホーム、ペット保険などの新しいサービスへの需要が高まるなど、ペット業界は拡大し続けているのです。

一方で、犬のしつけを行う企業の数はそこまで増えておらず、現時点でドッグトレーナーの正社員の求人はあまり多くありません。

しかし契約社員、アルバイト・パート、あるいは独立など多様な働き方を選ぶことができるので、これからドッグトレーナーを目指す人にとっても、チャンスはまだまだ残されているといえるでしょう。

ドッグトレーナーの需要

ドッグトレーナーの需要は、今後も高まることが予想されています。

室内犬が増えたことから「ペット可」のマンションやアパートでは、犬の問題行動がご近所トラブルに直結することもあり、しつけへの関心や注目度が高まっているのです。

人間と犬が豊かに暮らしていくために、トレーニングによってペット犬に早くから社会性を備えさせ、無駄に吠えたり噛みついたりといった問題行動を防ぐことは、今や常識になりつつあります。

また右肩上がりのペット業界では、異業種からの参入も増えていています。

犬への深い知識と正しい接し方のできるドッグトレーナーの数はまだまだ足りないため、今後もドッグトレーナーの需要は高まっていくでしょう。

ドッグトレーナーの将来性

ドッグトレーナーの仕事は、ペットの家族化と業界が右肩あがりの成長を見せていることから、将来性があるといえます。

たとえばペット業界では、ペットが泊まれるホテル、ペットショップの保育サービス、ショッピングモールの犬の預かりサービスなどが生まれ、サービスが多様化が顕著です。

既存のドッグトレーナーの仕事のほかにも、トレーナーとして確かなスキルを持った人の募集が大手企業からも少しずつ増えている傾向にあります。

日本での課題は、欧米と違い「トイレ」「おすわり」「マテ」ができれば十分だとしつけが軽視されていることです。

しかし、ペット可のマンション普及率が増えていることからも、積極的にペットトレーニングを望む人が増えることが予想されています。

ドッグトレーナーの今後の活躍の場

ドッグトレーナーの今後の活躍の場は、広がりを見せています。

「犬の幼稚園・保育園」「子犬のデイサービス」「パピースクール」など、さまざまな名称で犬のしつけ・訓練サービスなどを手がける企業が出てきているのが特徴です。

また、フリーのドッグトレーナーが直接お客さまからの依頼を受けるケースもあるので、職場の選択肢が増えてきたといえるでしょう。

ニーズは一昔前よりも高まっていますが、国家資格も「このスキルがあれば絶対に活躍できる」といった保証もありません。

先に挙げたような場所での求人の数はそこまで多いわけではなく、「見習い」期間が必要な職場もあるため、一人前になる前にこの仕事を続けていくことを諦めてしまう人もいるようです。

需要は確かにある仕事ですが、成功するには強い意志と継続的な努力が必要になります。