動物看護師のやりがい・楽しさ・魅力

動物看護師のやりがい・楽しさ

命に向き合い、相手の信頼に応えること

動物看護師になると、動物に触れ、命の重みを感じる日々が続きます。

動物病院にやってくる動物たちは、病気や怪我を抱えています。

そして、飼い主も不安な気持ちになっています。

そのような不安を解決させるのが、動物看護師の役目です。

目の前の動物や飼い主に真摯に向き合い、獣医師たちと協力して働くことで、動物を回復に向かわせることができます。

そして、動物は元気になり飼い主も喜んでもらえる、その元気な姿や笑顔を見ることは、本当にうれしいものです。

幅広い仕事が経験できること

動物看護師の担う業務は多岐に渡ります。

医師が行う診察や手術のサポートをはじめ、入院中の動物の世話やトリミング、調剤に関すること、受付、病院の清掃や管理など、動物病院におけるありとあらゆる仕事を経験することになります。

業務範囲が広いということは、それだけ覚えることが多く忙しいということでもありますが、その分仕事を通じて自分を大きく成長させることができます。

中には直接動物とは触れ合わない雑務のような仕事もありますが、どれも動物を助けるためには欠かせない仕事です。

動物のことを思い、どんなことにも全力で取り組める人なら、動物看護師としての毎日は充実したものになるでしょう。

動物の変化にいち早く気付けたとき

動物看護師は、観察力がなければなりません。

ちょっとした変化を見過ごさないことで、危険を回避できたり、病気の早期発見につながったりすることもあります。

動物看護師は、動物の気持ちを代弁する気持ちで仕事に向き合い、動物たちが安心して元気に暮らせるように全力を尽くします。

経験を積めば、「自分の力で動物を助けられた」と感じられる瞬間があり、そのときこそ「動物看護士になってよかった」と思えるでしょう

動物看護師の仕事内容

動物看護師の魅力

動物に毎日関われること

動物看護師の魅力は、何といっても毎日たくさんの動物に触れ、動物に囲まれて働けることでしょう。

動物を愛してやまなく、動物のためならどんな苦労もいとわないと考える人にとっては、動物看護師の仕事に就けば、きっと幸せを感じられる毎日になるはずです。

ときには大変なこともありますが、動物が好きな気持ちこそが壁を乗り越える原動力となります。

動物看護師の仕事は病気などで苦しんでいる動物を救うことですが、動物と触れ合ううちに、自分自身も心が安らいだり、救われたりすることがあるでしょう。

動物看護師は、たくさんの動物の命を救っていくうちに、人としても成長できる仕事です。

飼い主から頼りにされること

動物看護師は、動物の飼い主とも深く関わりを持ちます。

言葉を話せない動物の代わりに、飼い主としっかりとしたコミュニケーションをとることは必須です。

次々と診察や手術をこなさなければならない獣医師に変わって、動物や飼い主の不安を取り除いていくことも、動物看護師の役割です。

自分が一生懸命に仕事をしていれば、周囲から信頼される存在となり、動物看護師としての自信もついていくはずです。

専門的な知識・スキルが身につく

動物看護師は、専門職といえる仕事です。

仕事に必要な勉強を通じて、動物の体や薬・フード等に関する医学的知識が身につければ、仕事に生かしてスキルアップすることができます。

勉強すべきことは非常に多く、仕事に就いてからも日々努力が欠かせませんが、やればやるだけ力が備わっていくのが実感できるところも専門職であるこの仕事ならではといえるでしょう。