このサイトは漁師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「漁師」

仕事内容
漁師は、川や海などで魚介類を獲り、それらを売ることで生計を立てる仕事です。使う漁船や漁業を行うエリア(水域)によって「沿岸漁業」「沖合漁業」「遠洋漁業」といった呼ばれ方の違いがあり、それぞれ狙う魚介類や漁法も違えば、漁師の生活スタイルも大きく異なります。また、自ら育てた魚介類を出荷する「養殖業」を行う漁師もいます。陸に戻った後は、獲った魚を選別して出荷作業を行ったり、網の手入れ、船の洗浄などを行います。
なるには
漁師には、特別な資格も学歴も必要ありません。沖合・遠洋漁業の漁師になりたい場合は、各地の漁業協同組合(漁協)の乗組員として採用されれば、働き始めることができます。一方、沿岸部で小型船の漁師として個人で仕事をしたい場合は、船を動かすための「小型船舶操縦士免許」や「海上特殊無線技士免許」などの免許や「漁業権」が必要となるほか、漁を行う土地に馴染み、そこの地域住民から親しまれる存在になることも大切です。
給料
漁師の給料は、漁業の種類や獲る魚の種類、獲れた量などによって異なります。沿岸漁業の漁師の場合、収入は水揚げ量に大きく左右されますが、平均年収は200万円程度とされています。一方、遠洋漁業の乗組員の場合、月給30万円以上が保障されることが多いようです。一度漁に出れば数ヵ月~1年ほど戻ってこられないなど過酷な生活環境となりますが、海の上では生活費がほぼかからないため、沿岸漁業よりも生活は安定することが多いようです。
将来性
漁獲高の減少や原油価格の高騰など、近年、漁業をとりまく環境は厳しくなっています。また、輸入ものや養殖ものが安価で手に入ることになったことから、「命がけで獲ってきた魚が高く売れない」といった事態も発生しています。現代の漁師には、できるだけ経費を抑えて売上を伸ばすための知恵と工夫が求められているのです。また、若手漁業従事者を増やすための制度や取り組みが各地で急増しており、そのようなサポートを積極的に受けることで、新規参入もしやすくなるでしょう。