このサイトは調教師を目指す人のための情報サイトです。

調教師とは?

調教師は、馬主から競走馬を預かり、厩舎で毎日の世話やトレーニング、健康管理などを行う仕事です。馬の個性や能力に合わせて最適のトレーニングを考え。実施したり、年齢や実力に応じて出走するレースを選び、レースに向けて準備をしたりします。調教師になるには、「日本中央競馬会」か、「地方競馬全国協会」の行う試験を受けて「調教師免許」を取得する必要がありますが難易度は高く、基本的には騎手か、厩務員の経験者でなければ合格は難しいといわれます。競馬の収益は日本経済の好不況に大きく左右され、地方競馬の経営は厳しくなっています。しかし、競馬がこの先に廃れるとは考えにくく、将来的に調教師になることを見据え、騎手や厩務員をめざす競馬学校も人気は高いままです。

調教師の仕事内容

調教師の仕事は、馬主から競走馬を預かり、厩舎で毎日の世話やトレーニング、健康管理などを行うことです。

馬は個性や能力がそれぞれ違います。馬の個性や能力に合わせて最適のトレーニングを考えて行います。

また、年齢や実力に応じて出走するレースを選び、レースに向けて準備をします。そして競馬場まで馬を運び、レースに出場させます。

厩舎では厩務員や調教助手、騎手が一緒に働いています。厩舎の経営者として、スタッフを管理・教育しながら厩舎を運営するのも調教師の仕事です。

日頃から馬主や蹄鉄師、獣医師との付き合い、競馬記者への対応も大切な仕事です。

さらに、北海道などの牧場を回り、良い馬を見つけて馬主に知らせます。強い馬を育てるためには、牧場巡りも重要な仕事です。

調教師になるには・必要な資格

調教師になるには、「日本中央競馬会」か、「地方競馬全国協会」の行う試験を受けて「調教師免許」を取得する必要があります。

試験科目は競馬と労働関係の法規、調教に関する専門知識、馬や競馬に関する専門知識の3科目と身体検査、面接です。

28歳以上なら受験できますが、専門知識が必要なうえ、合格率は10%以下と超難関です。

基本的に騎手か、厩務員の経験者でなければ合格は難しいでしょう。

騎手や厩務員になるには、中央競馬会の競馬学校に入学して騎手過程(3年間)か、厩務員過程(半年間)を学ぶか、地方競馬教養センターの騎手過程(2年間)か、調教師過程(約3週間)で学びます。

騎手や厩務員を経て調教師になるのは、たいてい30代か、40代です。

また、馬に乗りますので、体重は50キロ台でギリギリセーフです。60キロを超えると調教師にはなれません。

調教師に向いている人

調教師に向いているのは、競馬と競走馬に人生を捧げる覚悟のある人です。

少し大げさと思う人もいるかもしれませんが、本当に競走馬が好きで、競走馬と過ごす時間が人生の大部分を占めても大丈夫と考えられる人でなければ務まりません。

競走馬を2歳頃から預かり、まずは騎手を乗せてコースを走れるように訓練します。その後は能力を最大限発揮できるようにトレーニングを工夫して行います。

その一方で、ケガや故障に細心の注意を払い、毎日細かく観察することも大切です。もし馬が病気や故障をすれば、付きっきりで対応しなければなりません。

実際に調教師になっている人の大半は競馬関係者の親族で、子どものころから競走馬と接して育った人たちです。

競馬は公営ギャンブルです。常に公正を保ち、規律がしっかり守れる人であることも重要な資質です。

調教師の就職状況・雇用形態

中央競馬の調教師試験は、資格試験の中でも超難関として有名です。

約100人の受験に対して合格者は年によって3~8人ほど。合格率は10%以下となっています。十数回受験し続けてやっと合格した調教師もいます。

試験に合格すると、調教師の下で研修をしてから独立します。

しかし、馬房の数は決まっており、新たに設立することはできません。引退する調教師がいれば、馬房を受け継ぐ形でもつことができます。

その後は実績を積めば、馬を預けてくれる馬主が増え、馬房の数も増えていきます。

定年は70歳で、順調に行けば定年まで務めることが可能ですが、実績が上がらないと厩舎としての収入も増えず、経営が苦しくなります。

競馬会の収益は、日本全体の経済状況に左右されます。景気の悪い時期は、実績が上がらない調教師は、定年を待たず引退に追い込まれることもあります。

調教師の給料、年収、待遇

厩舎の収入は、馬を預かって調教する預託料と、レースで獲得した賞金です。

その収入から人件費や飼料代、獣医費用、装蹄費用などを支払い、調教師は「調教技術料」を受け取ります。

その「調教技術料」が調教師の収入で、中央競馬の調教師の平均年収は約1200万円といわれています。

開業当初は預かる馬の数が少なく、収入も低いですが、レースで勝てば馬主の間で人気が上がり、預託料も高くなっていきます。管理する馬が増え、レースで勝てば収入も増えていくというわけです。

実力のある調教師の年収は5000万円以上ともいわれています。

しかし、レースで勝てなければ、収入は上がっていきません。調教師は厩舎の経営者でもあり、スタッフの給料を支払わなければならず、自分の取り分が減ります。

調教師、経営者としての実力しだいで、収入は大きく変動します。

調教師の生活、勤務時間、休日

調教師の朝は早いです。調教が朝3時から始まるので、それに合わせて起床します。

調教は8時~9時ごろ終わり、その後はスタッフと約1時間の打ち合わせをします。

朝食は10時頃で、その後は昼寝の時間です。

午後2時頃に起きて馬の世話をし、馬主や生産牧場に馬の状態などを報告します。

午後6時~7時頃に自宅へ帰って夕食をとり、午後9時~10時ごろには寝るという毎日です。

厩舎の休日は月に4、5日ありますが、調教師は休日に牧場を訪ねたり、馬主と会ったりします。そのため、休日はほとんどないのが実情です。

時間が空けば、馬のトレーニングや調整法、健康管理などの勉強も欠かせませんし、馬が病気になったり、故障すれば24時間態勢で対応しなければなりません。

調教師の現状と将来性

競馬のような公営ギャンブルの収益は、日本経済の好不況に大きく左右されます。現在は日本経済の長期低迷もあって、競馬の収益は上がっていません。

調教師の収入も同じで、景気が悪ければ馬主の活動が鈍りますし、レースにかかる賞金額も低く、厩舎経営が苦しくなります。

とくに地方競馬の経営は厳しく、定年を待たず、引退に追い込まれたケースもあります。

それでも競馬がこの先に廃れるとは考えにくく、経済状況が改善されれば、活気を取り戻はずです。

将来的に調教師になることを見据え、騎手や厩務員をめざす競馬学校も人気は高いままです。調教師をめざす人は、自分が今できることを真剣に取り組む必要があります。