ブリーダーの仕事内容

ブリーダーの仕事とは

ブリーダーの仕事は、犬を中心とするペットの交配や出産、繁殖を手がけて流通させる仕事です。

ペットショップでかわいい姿を見せてくれる血統書付きの子犬たちは、一般的にブリーダーの手によって誕生しています。

ブリーダーは犬に関する深い知識を持ち、生まれてくる子犬の遺伝的な疾患を防ぐために最適な交配相手を選んだり、親犬の出産や飼育中のサポートをしながら、優秀で元気なペットを世に送り出す存在です。

動物の日常的な世話が主な仕事で、ときには飼い主に飼い方のアドバイスをしたり相談にのる場合もあります。

自宅のペットを繁殖させて販売するブリーダーもいれば、中にはコンテストや展覧会、ショーに参加したり、異なる品種をかけあわせて品種改良の研究を行うトップブリーダーなど、タイプが分かれます。

日本ではあまり馴染みのない仕事かもしれませんが、海外ではブリーダーから直接犬を譲り受ける人も多く、人々に親しまれている仕事です。

ブリーダーの業務の内容

ここからはブリーダーの業務内容について見ていきましょう。

犬や猫の繁殖を行う

ブリーダーの仕事は犬や猫の繁殖を行うことです。

ただし繁殖はただオスとメスを交配させればよいというわけではなく、血統を意識することが不可欠で、繁殖時期に合わせて管理していきます。

安易に交配をさせれば近親交配による遺伝子疾患など、さまざまなトラブルが出てしまう可能性があるため、計画的な組み合わせが必要です。

人間と同じようにかけがえのない命をもって産まれてくるということを理解し、正しい知識の元に、責任を伴った繁殖をすることが求められます。

いよいよ出産を迎えるタイミングでは、ブリーダーは助産師役を務めます。

生まれたあとの子犬・子猫たちは生後間もない頃は感染症にかかりやすいため、健康管理が欠かせず、出産で体力を失っている母犬・母猫のフォローや栄養管理も重要です。

生まれた動物たちは飼い主に直接販売をしたり、ペットショップに流通させます。

日々の動物の世話

もっとも基本的な業務は、日々の動物のお世話だといえるでしょう。

親となる動物が元気でない限り、元気な子供は生まれないので、餌やり、散歩、排泄物の処理、掃除のほか、体調変化にも敏感である必要があります。

ストレスをためずに肥満を防ぐため、適度な運動ができるよう散歩させたり、使った食器やタオルなどを洗濯して、清潔な環境を整えることも大切です。

飼育している動物たちには毎年予防注射を受けさせ、ノミやダニ、フィラリアを予防したり、健康管理のための通院も必要になります。

また幼いうちに、人間と暮らすための動物に社会性を身につけさせることもブリーダーの大切な役割です。

無事に元気な子犬や子猫たちを飼い主の元へ届けるまで、気の抜けない日々を送っています。

ブリーダーの役割

ペットの繁殖・販売を一手に引き受けるブリーダーの役割は、近年のペットブームの影響から非常に大きなものになっています。

現在ペット業界は、2017年度のペット関連総市場規模が1兆5,100億円を超える大きな市場です。

引用:矢野経済研究所 ペットビジネスに関する調査

犬や猫が家族の一員として扱われ、その大きな需要に見合うだけのペットを安定的に流通させるには、子犬や子猫を計画的に繁殖させなければいけません。

子犬や子猫の出産にはコストと手間がかかり、大規模な事業展開が難しくリスクが高いため、企業が参入しづらい業界です。

そのためブリーディングに携わる人は、ほとんどが小規模生産できる個人で、「ペット業界を根底で支えている」といっても過言ではないでしょう。

中には特定の種類(血統)の犬を専門にし、ドッグショーなどでチャンピオン犬になるように手がけるブリーダーもいます。

元気な子犬を育てて無事に飼い主の元に届けるのが、ブリーダーの役割です。

ブリーダーの勤務先の種類(・有名な企業)

ブリーダーの勤務先の種類は、大きく分けて「トップブリーダーのアシスタント」「企業」「独立」の3つに分かれます。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

トップブリーダーのアシスタント

個人で働くトップブリーダーのアシスタントになり、仕事を覚えるのも一つのてです。

ブリーダーは個人で仕事を行う人が多数いるため、募集数はさほど多くありません。

いつ募集がどれだけ出されるかは未知数なので、インターネットなどでブリーディングを行う個人の採用募集を地道に探していくことが大切です。

信頼できる確かな腕を持ったブリーダーを見つければ、独立のノウハウまで教えてもらえるかしれません。

知識や経験のない人がブリーダーを目指していくのであれば、まずは現場に入って仕事を覚えるのがもっとも近道となるでしょう。

ブリーディング業を営む企業

ブリーディング業を営む企業で働く方法もあります。

企業に勤める場合、「研修生」や「サポートスタッフ」としてスタートすることが多いようです。

未経験者を受け入れてくれるところもあれば、動物専門学校卒業生を対象にしているところもあります。

ただし中には「生産工場」のような雰囲気で、動物をないがしろに扱い、育てているところもあるようです。

応募する際には対象となる個人や企業がきちんとした動物愛護精神を持っているのかどうか、しっかり見極めましょう。

独立を目指せる

知識や経験を身につければ、いつでも独立しトップブリーダーを目指していくことが可能です。

トップブリーダーのアシスタントや企業で働いているときと違い、すべて自分で責任を負う必要があるのが、大きな違いでしょう。

昼夜を問わず動物の世話をしなければいけなかったり、場合によっては動物の死に立ち会わなければいけないこともありますが、動物を愛する多くの人に夢を与えられる仕事です。

ブリーダーが生み出した犬はペットショップへ卸すことが多いですが、最近ではホームページなどを利用し、消費者に直接販売するブリーダーも増えてきています。

ブリーダーの仕事の流れ

ブリーダーの仕事は、交配から出産、子犬を販売して収入を得るのが一連の流れになります。

ブリーダーになるには特別な資格は必要ありませんが、交配には犬や繁殖、育て方などに関する幅広い知識をしっかりと学ばなければなりません。

また命に関わる仕事で、健康そのものが収入に直結してしまうともいえるので、親犬や子犬の健康維持や管理を行うことも大切です。

そのため、食事や散歩、犬舎の掃除などの日々のお世話も重要な役割を果たします。

ブリーダーは繁殖させるだけでなく、元気な子犬を購入者や飼い主に販売することも仕事です。

販売することが収入につながるため、販売ルートを開拓したり、子犬を適切に飼ってもらえるように説明するなどビジネススキルも求められます。

ブリーダーと関連した職業

ブリーダーとトリマーの違い

トリマーは犬や猫を中心とするペットの「トリミング(毛を整えること)」を行う仕事です。

飼い主の要望を聞きながら、専門的な技術で毛を整えていきます。

同時に爪切りや耳掃除なども行うことでペットをよく観察し、体調に異変がないかチェックするのも大切な役割です。

サロンではなく、ブリーダーのもとで飼い犬や販売前の子犬たちの身だしなみを整えるトリマーもいます。

トリマーになるのに特別な資格は必要ありませんが、民間資格が多数あり、取得していると有利に評価されることがあるのでチェックしておくとよいでしょう。

トリマーの仕事

ブリーダーとペットシッター

ペットシッターは、犬などのペットの飼い主が用事などで家をあけるとき、飼い主に変わってペットの世話をする仕事です。

飼い主の自宅を訪問してペットの餌やりや、散歩などの世話お行い、ペットが安心して元気に過ごせるよう手助けします。

ペットシッターに特別な資格や国家資格は必要ありませんが、ペット関連の資格を取得しておくと知識やスキルがある証拠になるので、信頼して仕事を任せてもらえる可能性はアップするでしょう。

ペットシッターの仕事