フラワーコーディネーターの仕事内容

フラワーコーディネーターの仕事とは

フラワーコーディネーターの仕事は、パーティー会場やホテルなど、特別な空間やシーンにふさわしい花を選び、場を彩ることです。

結婚式やお葬式、レストランで開かれるパーティー、講演会や祝賀会の壇上、お店の開店記念など、特別なシーンを美しい花で演出します。

花を扱う商売景気の影響を受けやすいため、給与は不安定になる傾向がありますが、若い女性を中心に人気を集めている職業です。

フラワーコーディネーターはクライアントの希望や予算をヒアリングしながら、色合いや花の大きさ、花言葉などを考慮した上で、最適な花をセレクトします。

活躍するためには植物に関する幅広い知識や、抜群の色彩感覚、クライアントに対する細やかな気配りが求められる仕事です。

勤務先はさまざまありますが、花屋や園芸ショップなどで働く人が多く、フリーランスで活躍する人もいます。

学歴や資格の有無ではなく実力がものを言う世界なので、たくさんの経験を積むことが大切でしょう。

フラワーコーディネーターの業務の内容

大切な日を美しい花で演出する

フラワーコーディネーターの大切な業務の一つが、大切な空間を美しい花々で彩り、演出することでしょう。

講演会や祝賀会の際に壇上に飾る大きな花束や、お店の開店記念やお葬式の際に贈られる花輪、オフィスビルの一角を彩る花瓶の中の花など、さまざまなシーンで花を通じて人々に幸せを届けています。

フラワーコーディネーターの仕事はクライアントの希望や予算をヒアリングしながら、どんな装飾にするのかを打ち合わせするところから始まります。

「花」と一口に言っても色合いや大きさ、花言葉や予算など、それぞれに種類や特色があり、季節や会場の温度・湿度によって飾るのに適している花とそうでない花があるため、綿密な打ち合わせが必要です。

豊富な知識や経験を生かしてクライアントの求めるイメージにぴったりあう花を選び出すのが、フラワーコーディネーターの役割といえます。

センスを生かして制作する

打ち合わせで花の全体のイメージを描けたら、制作作業の開始です。

使用する花は、花びらの状態や蕾の大きさを確認しながら一つひとつ丁寧に選び、茎をちょうどよい大きさにカットしたり、葉をちぎったりして見た目を美しく整えます。

その後メインとして飾る花と、彩りとして周囲に添える花を絶妙なバランスで配置しながら花束を仕上げていくのです。

同じ種類の花を使ったとしても、フラワーコーディネーターの腕によって花束の美しさが段違いに変わるのがこの仕事の面白いところといえます。

優れた色彩感覚や、保存状態を良くする細やかな気配りがあってこそ、人の心を惹きつけて最高の状態で咲き続ける花束を作ることが可能でしょう。

徹底した花の管理

打ち合わせや制作の合間をぬって行うのが、花々の徹底した管理です。

花は温度が上がると一気に開花が進んでしまうため、低温での管理が基本となります。

また茎や葉の状態によっても鮮度が変わるため、細やかな手入れが必要です。

フラワーコーディネーターは、気温を確認したり、茎や葉をカットしたり水を替えたりして、使用する花々を最高の状態に保てるように常に気を配らなければいけません。

このほかにも制作した花の発送や配送、店舗内の掃除など、こまごまとした作業も担当しています。

花屋や園芸ショップで働くコーディネーターの場合は、お客さまへの接客や販売も自分で行うことがあるでしょう。

フラワーコーディネーターの役割

フラワーコーディネーターの役割は、花を使って空間を演出したり、花束で気持ちを表現することです。

たとえばウェディングの挙式・披露宴では、新郎新婦の理想を叶えるためにウェディングプランナーとともに協力しながら、コーディネートを完成させていきます。

パーティーに華やかな彩りを添えながら、フラワーアレンジを見たゲストの気持ちを和やかにし、幸せな気持ちを伝えることができるため、その存在はとても大きいといえるでしょう。

ほかにも企業やホテルのエントランスや、式典で飾るフラワーアレンジメントを担当する場合にも、フラワーコーディネーターは重要な役割を果たします。

エントランスや会場に入った瞬間に目につき、その会場や企業の印象を左右するため、高い技術やセンスが必要です。

このようにフラワーコーディネーターの役割は、お客さまの気持ちを表現しながら空間を演出するために、欠かせない存在といえるでしょう。

フラワーコーディネーターの勤務先の種類

フラワーコーディネーターの勤務先は、さまざまです。

多くの人は花屋や園芸ショップなどで働いていて、フラワーコーディネートのみを担当して花束やギフトの制作を専門にすることもあれば、接客・販売や花の仕入れなど幅広い業務を担当することもあります。

また結婚式場やホテルに直接就職したり、ディスプレイや空間のデザインを専門に手がける会社に就職することも可能です。

その仕事内容は幅広いので、「結婚式のフラワーコーディネートだけを専門にやりたい」「フラワーギフトの商品をたくさん作れる花屋で働きたい」など希望に合わせた就職先を選ぶことが大切でしょう。

また雇用形態もさまざまで、正社員として働くだけでなく、契約社員、パート・アルバイト、業務委託、フリーランスなどライフスタイルに合わせて活躍している人が多くいます。

フラワーコーディネーターの仕事の流れ

フラワーコーディネーターの仕事は、クライアントの打ち合わせを中心にスケジュールを組み立てるのが一般的です。

午前中に打ち合わせがある場合は、出勤してから打ち合わせの時間までに保管してある花の状態を確かめ、温度や湿度をコントロールしておきます。

ほかにも開花まであとどのくらいかや、薬や虫の影響はないかなど、丁寧にチェックしておくことが必要です。

クライアントとの打ち合わせでは、結婚式の場合は直接式場に足を運び、新郎新婦やウェディングプランナーの人たちと一緒に打ち合わせを行います。

また飲食店の花の装花の場合は、店舗を下見して店長の意向やインテリアデザイナーと相談した上でプランを固めることが大切です。

打ち合わせがない午後は、予約の入っているブーケや花束の制作を行います。

午後も打ち合わせがある場合は、夕方頃からようやく制作作業に入れるということもあるので、臨機応変に対応することが必要な仕事です。

フラワーコーディネーターと関連した職業

フラワーコーディネーターと花屋の違い

花屋は主に生花店や園芸店などで、花の管理や販売をする仕事です。

花の仕入れや鮮度を保つための作業、接客、店舗の掃除など多岐にわたる業務を担当しますが、資格は特に必要ありません。

生花店や園芸店で働くフラワーコーディネーターが幅広い業務を担当した場合、仕事内容が重複する可能性があります。

しかし一般的に花屋は花の販売をメインにしていて、フラワーコーディネーターは空間やギフト用に花をコーディネートするのが主な仕事です。

花屋の仕事

フラワーコーディネーターとガーデンデザイナーの違い

ガーデンデザイナーは、園芸の知識を生かして個人の庭や街の公園、庭園などを設計・デザインする仕事です。

特別な資格は必要ありませんが、造園やデザインに関する知識・経験が求められます。

実際の造園作業は庭師などの職人が行うことがほとんどなので、図面やデッサンを作成するのが主な仕事です。

フラワーコーディネーターは花を使ってコーディネートしますが、ガーデンデザイナーは植物やエクステリアを使って空間演出する仕事です。

ガーデンデザイナーの仕事