「庭師」とは

樹木や庭石、芝、池などを集めて個人宅の日本庭園を造り、その維持管理を行う職人。

庭師とは、主に個人宅の日本庭園を造り、手入れをして庭の維持管理をする職人です。

樹木や草の特性、日当たり、水の流れなどを考慮し、依頼主との話し合いの上、庭を造ります。

植木職人は主に植木についてのみの仕事ですが、庭師は枝や葉を切るだけでなく、土に肥料を足す、接ぎ木をする、石を動かす、樹木の病気を確認するなど、庭全体に関わるさまざまな仕事をこなします。

庭師になるために必要となる資格はなく、造園会社に就職することが一般的です。

学歴も特に問われませんが、大学や短大、専門学校などで造園系の学科で園芸や建築などの知識を身につけておくとよいでしょう。

屋外での作業に加え、枝や石、土などの重いものを運ぶことも多いため、体力が求められる仕事です。

「庭師」の仕事紹介

庭師の仕事内容

庭師は、主に個人宅の庭を設計・管理し日本庭園を製作する仕事で、「造園師」と呼ばれることもあります。

依頼主の要望を聞き、樹木や庭石、芝、池などを集めて美しい庭に仕上げます。同じ庭でも、植物の種類や配置をひとつ変えるだけで空間の印象は随分と変わるもの。

植物や庭造りに使う素材の知識はもちろん、建物との調和やバランスも重要となるため、建築に関する知識と美的センス、技術が要求されます。

庭師になるには

庭師の関連資格としては、国家資格である「造園技能士」や「造園施工管理技士」がありますが、絶対に資格が必要な職業ではありません。

高卒で未経験でも造園会社等で働ける可能性もあります。

しかし、多くの人は造園科などを置く大学や短大、専門学校などで知識を身につけ、その後、造園会社等へ就職をしています。

職人の世界であるため、まずは先輩と一緒に現場で作業をしながら経験を積み、一人前を目指します。

庭師の給料・年収

会社に勤める場合は毎月決まった額が支払われますが、造園会社は中小規模の企業が多いため、一般の会社員よりも給与水準は低い傾向にあります。

中には住み込みで働いている人もおり、その場合は生活費がかかりませんが、収入は数万円程度となります。

基本的に「実力がつけば給料も上がる」。

これが庭師の世界です。

コツコツと修行を積み、職人としての道を究めていくことで、収入は少しずつアップしていきます。

庭師の現状と将来性・今後の見通し

現代は洋風庭園が増加しているものの、個人宅、公園、公道、ゴルフ場など、まだまだ庭師を必要とする場が多く存在するため、比較的安定性のある職業だと言えるでしょう。

しかし、この仕事は現場経験をたくさんこなしてこそ「一人前」と言われる仕事であるため、一生努力し続ける姿勢が求められます。

また屋外での作業が中心となり、重い石や樹木を運んだり、時には真夏や真冬に作業しなければならないこともあるため、体力は必須です。