ガーデンデザイナーの求人状況・就職先選びのポイント

ガーデンデザイナーの就職先にはどんなところがある?

ガーデンデザイナーの求人募集を行っているのは、主に造園会社やハウスメーカー、工務店、ホームセンターなどになります。

どこも植物を使って空間をデザインしていくという仕事であることは同じなのですが、企業によってその活躍の場が少し違ってきます。

たとえば、造園会社の場合は公園や市町村の街路樹の整備など幅広い案件に触れることが多くなりますが、ハウスメーカーや工務店の場合は個人の住宅の庭作りの案件がメインとなることが多いようです。

当然、必要とされる知識やスキルも違うので、自分がどんなガーデンデザインをしたいのかをよく考えた上で就職先を選ぶことが大切です。

ガーデンデザイナーの求人の状況

ガーデニングデザイナーの求人は、正社員、契約社員までさまざまな企業で行われています。

ただし、まったくの未経験からガーデンデザイナーとして働けることは少なく、造園会社やハウスメーカー等で経験を積み少しずつガーデニングの知識を得て、ガーデンデザイナーと名乗る人が多いようです。

求人募集が出ていなくても、個人的にアプローチをして丁寧に交渉することでアルバイトとして採用されることもあるので、憧れの企業がある場合は積極的に行動することも大切です。

ガーデンデザイナーの就職先の選び方

ガーデンデザイナーとして就職先を選ぶ際は、まず自分がどんな庭を手掛けたいかを考える必要があります。

個人宅の庭を手掛けたい場合は、ハウスメーカーやホームセンター、公園や緑地、街路樹など大規模な仕事をしたい場合は造園会社や工務店を目指すことになります。

また、ガーデニングや造園といった仕事は生活に必須なものではないため、不景気が続けば、真っ先に経費を削減される可能性があります。

景気に左右される仕事であるため、他社にないサービス展開をしている企業や、今後の展望などがしっかりしている会社を選びましょう。

ガーデンデザイナーの志望動機・面接

ガーデニングデザイナーの志望動機は「植物が好き」「自然に興味がある」という人が多く、他の人と差別化するのが難しい部分もあります。

「なぜその企業を選んだのか」「どんなガーデニングデザイナーになりたいのか」などの理由や目標を志望動機に織り交ぜられるようにしておきましょう。

ガーデンデザイナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

ガーデニングデザイナーの求人を探す際には、ハローワークや求人サイトを利用します。

造園・エクステリア・園芸に特化した求人サイトもあるため、積極的に活用するとよいでしょう。

また、小規模な店舗や事務所の場合は公式サイトや店頭で求人を募集したりすることもあるため、ホームページやSNSなどをチェックするようにしましょう。

また大学や専門学校に通っている人は、さまざまな企業から求人があり、なかには講師が紹介してくれたりする場合もあるので、積極的に活用しましょう。