ガーデンデザイナーになるには

ガーデンデザイナーになるまでの道のり

企業への就職

ガーデンデザイナーとして働く際に、資格・学歴などは必要ありません。

ガーデンデザイナーになるためには、造園会社や園芸店、設計事務所といった企業への就職を目指します。

ガーデンデザイナーに必要な力

ガーデンデザイナーの仕事には、打ち合わせ・設計・植物の選定という3つの要素があります。

そのため、依頼者の相談に親身になって応対し、魅力的なプランを提案できる「提案力」が重要です。

依頼主からヒアリングをして要望を聞き出したり、さまざまな人と打ち合わせをしたりして仕事を進めていくため、コミュニケーション能力も大切です。

またデザインだけでなく、設計の要素もあるため、デッサンだけでなく図面を描くことも必要となり、設計の知識も身につけなければなりません。

さらに独立開業する際には、経営力・営業力なども必要となるなど、ガーデニングやデザインだけではなくさまざまな知識と技術が求められるのです。

ガーデンデザイナーの資格・難易度

ガーデンデザイナーを目指す上では、「ガーデンデザイナー認定試験」があります。
ガーデンデザインに関する基礎を有し、社会的ニーズに応えることのできるプロであることを証明する資格です。

さらに関連資格として、「グリーンアドバイザー」「園芸装飾技能士」「造園技能士」「造園施工管理技師」がなどあります。

取得しておくと、さらなるキャリアアップにつながるでしょう。

ガーデンデザイナーの資格・ガーデンデザイナー認定試験の難易度・合格率

ガーデンデザイナーになるための学校の種類

特別な学歴が必要とされることはありませんが、造園、園芸系の学科がある大学や専門学校を卒業し、造園の知識を習得しておくと就職に有利になることがあります。

また建築学部などで設計を学んでいることも、採用の際に重宝されるようです。

ガーデンデザイナーになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

ガーデンデザイナーに向いている人

ガーデンデザイナーは、植物に関する深い知識が必要となるため、植物や花が好きであることが求められます。

植物や自然が好きな人は、魅力あるガーデニングプランを提案することができるでしょう。

また、庭造りには設計やデザインの力が求められるので、こうした分野が好きな人もガーデニングデザイナーに向いているといえます。

ガーデンデザイナーに向いている人・適性・必要なスキル

ガーデンデザイナーのキャリアプラン・キャリアパス

新卒で就職し、すぐにガーデニングデザイナーとして活躍する人はほとんどいません。

まずは造園会社や園芸店、設計事務所などで働きながら基礎を学び、徐々に庭造りについての知識や技術を身に付けていくという流れが一般的です。

庭造りをしていくなかで、よりガーデニングを専門的に行いたいと資格を取得したり独立開業したりする人が多いようです。

ガーデンデザイナーを目指せる年齢は?

ガーデンデザイナーになるために、特別な年齢制限はありません。

そのため何歳からでも目指すことができます。

ただし、庭づくりに関するデザイン力と植物に関する知識は、勉強すればすぐに身につくものではなく、経験も重要とされます。

また、実際に施工や植え込みを行う際には体力を使うこともあるため、まったくの異業種からガーデンデザイナーを目指す場合は、出来るだけ早いうちに決断をするのがよいでしょう。