ペットシッターの仕事内容

ペットシッターの仕事とは

ペットシッターは、主に飼い主が用事や旅行で家を留守にするときに、飼い主の代わりにペットの世話をする仕事です。

人間の場合も親の不在時に自宅で子どもを世話する「ベビーシッター」という職業がありますが、このペット版と考えるとわかりやすいでしょう。

ペットシッターは犬や猫はもちろん、うさぎ、熱帯魚、爬虫類までさまざまな動物を対象とします。

動物のしつけ方から遊び方、餌のやり方、トリミング、健康管理などが求められるので、ペットに関する総合的な知識やスキルを身につけることが必要です。

ペットシッターの業務の内容

打ち合わせ

飼い主から依頼を受けたら、ペットの種類や大きさ、性格、エサの種類などについてヒアリングをします。

事前に一度面会をすることもありますし、電話やメールで情報を聞き出しておき、当日自宅に伺ってから打ち合わせになることもあるでしょう。

室内犬や猫の場合は、基本的に家の中で世話をすることになるので、住宅の間取りやカギの開け方、電気のスイッチの場所や空調機器の操作方法などを細かく把握することが大切です。

当日の世話

お預かりする時間や世話の内容は、依頼内容によって異なります。

散歩や餌やりだけを済ませて短時間で仕事を終えることもあれば、飼い主が1日中不在のために朝昼晩と何度も様子を見に行くこともあるのです。

また、散歩が必要な場合は自宅周りのいつもの散歩コースを事前に教えてもらい、できるだけいつもと同じように散歩をします。

トリミングや看病

ペットシッターがどこまでペットの世話をするのかは個人や会社によって違いますが、爪切りや歯磨き、簡単なトリミングなどを行うこともペットシッターの仕事です。

万が一お預かり中にペットが体調を崩してしまった場合は、看病をしたり、かかりつけの動物病院に連れていき、薬をもらったりすることになります。

ペットシッターの役割

ペットシッターの役割は、犬や飼い主にとって大きな存在です。

最近ではペットを預けることができる「ペットホテル」や「ペットサロン」も増えてきましたが、動物の性格や種類によっては環境が変わることで体調を崩したり、大きなストレスを感じてしまうことがあります。

そこで、慣れ親しんだ家でいつも通り過ごせるように、ペットを飼う家に出向いて犬や猫を世話するペットシッターが必要とされているのです。

社会的な観点からみると、自分の力だけでは世話ができない状況の飼い主を救う役目もあります。

一人暮らしの会社員や、長期休暇で家族旅行に行くファミリー、急に入院することになったお年寄りなどは、ペットシッターのおかげで安心してペットを飼い続けることができるという人も多いです。

ペットシッターの勤務先の種類

ペットシッターの勤務先には、ペットシッターサービスを行う会社、ペットホテル、動物病院、犬の保育園などがあります。

ペットを飼っている人は日本全国どこにでも住んでいるものなので、全国的なニーズのある職業ですが、都会の方が多い傾向にあるようです。

基本的に依頼主の自宅を訪問してペットのお世話をする仕事ですが、サービス内容によってトリミングや歯磨き、しつけをしたり、投薬を任せられる場合もあります。

終わったあとに報告書とともに、愛犬の写真をメール送信するなど、独自のサービスを行っている場合もあるでしょう。

また大手のペットシッター派遣会社ではフランチャイズ店を募集している場合もあり、加盟契約金などを支払う代わりに、営業ノウハウやブランドを利用できる仕組みになっています。

ペットシッターの仕事の流れ

ペットシッターの仕事の流れは、飼い主のスケジュールに合わせてスケジュールを組むため、その日によって流れが異なるのが基本です。

依頼主の自宅を訪問して、ペットにエサをあげ、排泄物を片付け、散歩をして飼い主に報告書を送るので訪問時間は1時間~1時間半ほどが多くなります。

たとえば早朝・昼・夜に依頼がある日は、仕事と仕事の間に長い空き時間ができてしまうことも珍しくありません。

なるべく空き時間ができないようにうまくスケジュールを組み、たくさんの依頼を効率よくこなすことが大切です。

あいた時間には翌週に世話することになっているペットの飼い主との打ち合わせや、事務作業を進めておきます。

ペットシッターと関連した職業

ペットシッターとドッグトレーナーの違い

ドッグトレーナーは、ペットとして飼われている犬のしつけや訓練を行う仕事です。

ペットシッターがお世話をするだけなのに比べて、ドッグトレーナーの方が専門性が高いといえます。

しかしドッグトレーナーが扱うのは犬のみで、ペットシッターは犬や猫など幅広い動物を対象とするところが違います。

資格は必須ではありませんが資格を取得している人が多く、最近ではドッグトレーナーをしながらペットシッターをしているフリーランスも多くいます。

ドッグトレーナーの仕事

ペットシッターとペットホテルスタッフの違い

ペットホテルスタッフは、ペットホテルというペット専門の宿泊施設で働く人のことです。

飼い主が留守中に自宅で世話するのがペットシッター、ホテルで預かって世話をするのがペットホテルスタッフになります。

資格は必要なく、ペットホテルの求人に応募して合格すれば働くことが可能です。