気象予報士への転職・未経験採用はある?

気象予報士への転職状況は?

気象予報士への転職は、20代から30代の比較的若い世代に多いです。

学生のうちや社会人になり始めてすぐ気象予報士の資格を取得した場合は、受け入れてくれる民間の気象会社や就職先も多く、テレビ番組のお天気キャスターとして採用されることもあります。

ただし、気象予報士として働くには、独自の分析力があったり天気予報を的確に説明する文章力やプレゼンテーション能力が求められたりするため、資格を取得したからといってすぐに転職に結びつくとは限りません。

気象予報士への転職の志望動機で多いものは?

専門性の高さ

気象予報士は資格試験に合格した人だけが取得することができる国家資格です。

さらに、その試験内容は非常に難関と言われていて、合格率は例年5%ほどしかありません。

狭き門を突破した人だけが手に入れることができる「難関資格」であり、その専門性の高さに魅力を感じて、気象予報士への転職を目指す人も多いようです。

ただし、試験は大変難しいので、仕事をしながら片手間に勉強をするだけでは簡単に合格できないという実情もあります。

働きながら資格を取得し、その後に転職活動をしようと考えている人の場合、仕事と勉強を両立させるために相当な努力が必要となるでしょう。

受験資格制限がない

気象予報士は学歴による受験資格の制限がないため、高卒の人や大学で文系だった人でも関係なく受験できるのが大きな特徴です。

最近では通信講座や予備校でも気象予報士試験対策のための講座が数多く開かれており、転職を考える人の多くがこうした講座を受講しながら受験勉強を進めています。

未経験・社会人から気象予報士になるには

気象予報士になるには、国家資格である気象予報士の資格取得が必要です。

専門的な勉強が必要で試験の難易度は高く、一度で合格する人はごく限られているため、年単位で勉強をする覚悟が必要です。

また、気象予報士を雇用する気象会社の数が少なく、求人が少ないため必ずしも気象予報士として転職できるとは限らないことを知っておきましょう。

気象予報士への転職に役立つ職務経験は?

気象予報士になるには、これまでの職歴に関しても問われることはありません。

「理系の仕事に就いていなければいけない」「気象に関する業務をしていなければいけない」ということは一切ありません。

実際に気象予報士に転職した人のなかには、サラリーマンやOLだった人もいれば公務員、または主婦だった人などさまざまです。

気象予報士に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

気象予報士になるには、年齢制限もありません。

予報業務は知識だけでなく経験も必要となるので、転職を考えるなら若いにこしたことはありませんが、40代や50代になってから一念発起して資格を取得し、新しい世界で仕事をすることも可能です。

学歴や職歴、年齢などの条件にとらわれず誰もが挑戦できるのが気象予報士であり、そこが転職を考える人の中で高い人気を誇る理由といえるでしょう。