ペットシッターの1日のスケジュール・生活スタイル

ペットシッターの業務スケジュール

依頼に合わせた不規則な勤務に

ペットシッターの仕事は不定期な案件が多く、依頼に合わせた不規則な勤務となることが特徴です。

依頼主であるお客さまのスケジュールに合わせて、飼い主の自宅を訪問します。

そのため一般的なサラリーマンのように定時が決まっているわけではなく、正社員の場合でも朝から夜の間、もしくは24時間体制のうち8時間程度のシフト制が組まれる企業が多いです。

ペットシッターはアルバイトや派遣、業務委託、フリーランスとして働く人が多い仕事ですが、この場合は依頼に合わせてスケジュールを組むことになります。

そのため1ヶ月ごとの仕事のスケジュールがまったく違うということも珍しくなく、柔軟な働き方がしたいという人に向いているでしょう。

1番忙しくなるのは長期休暇

1番忙しくなる時期は、ゴールデンウィークやお盆、正月などの長期休暇です。

ペットホテルやペットサロンが満室でお預かりを断られるというケースもあるので、この時期はペットシッターへの依頼が殺到します。

長期休暇の時期に休めない分、世間が働いているときに休暇を取ることも可能ですし、引き受ける仕事量をセーブすることもできるので、比較的自由な生活を送ることができる職業です。

休日の取り方も不定期で、土日を返上して働くことも多く、いつが休みということは決まっていません。

フリーランスで働くペットシッターの1日

ここからは、フリーランスとして働くペットシッターの1日の流れについて見ていきましょう。

仕事や生活のリズムはその日によって違い、早朝の依頼が何本か立て込んでいる場合は朝5:00から起床して準備を始める場合もありますし、夕方や夜の依頼が多ければさらに遅い日もあります。

ペットシッティング業務以外にも、お客さまとの打ち合わせ、SNSでの広報活動なども大切な業務です。

6:30 家を出発
必要な備品や書類などを準備したら、飼い主が旅行中の家を訪問するために自宅を出発します。
7:00 1件目のペットシッティング開始
到着したら庭の犬の様子を確認し、打ち合わせの内容に沿ってお世話を開始します。
7:15 犬の散歩
餌をあげたり排泄物を片付けたあと、適度な運動が必要なので、犬と一緒に散歩に出かけます。
8:00 1件目のペットシッティング業務完了
犬を家に連れて帰ったら昼の餌のセットをし、お世話の内容やペットの様子を報告メールにまとめて飼い主に送ったら業務完了です。
8:30 顧客の自宅訪問
昨日ペットシッティングを行った顧客の自宅を訪問し、預かっていた鍵を返却します。
9:00 自宅に戻る
一度自宅に戻り、お客さまにメール対応をしたり、SNSの更新、事務などの雑務を行います。
10:00 打ち合わせ
翌週に世話することになっているペットの飼い主と打ち合わせをし、詳細を確認します。
11:00 移動
打ち合わせが終了後、次の依頼主のご自宅まで移動し、少し空いた時間に休憩します。
11:30 2件目のペットシッティング開始
飼い主が出張中の家を訪問し、鍵を開けて中に入り、室内で飼われている猫の世話を開始します。
11:40 エサ作り・エサやり
なるべくいつも食べているごはんをあげるため、飼い主に教わったレシピ通りに手作りごはんを作って猫にあげます。
12:30 2件目のペットシッティング業務完了
排泄物などを片付け猫の水を取り替えたら、レポートを作成し、家を出ます。
13:00 自宅に戻る
一度自宅に戻って、昼食をとってしばらく休憩です。
16:00 事務作業
事前の打ち合わせに必要な資料や、ホームページの更新、問い合わせ対応などの事務処理を行います。
19:00 再び出勤
車で移動するときは渋滞で遅れてしまわないように、余裕を持って早めに家を出ます。
19:30 3件目のペットシッティング開始
飼い主が残業で遅くなる家を訪問し、鍵を開けて中に入ってお世話を始めます。
19:40 一緒に遊ぶ
室内犬に餌をあげたり少し遊んであげることで、ストレス発散を促します。
20:30 3件目のペットシッティング業務完了
片付けて報告メールを送ったら本日の勤務は終了なので、依頼主の家を出ます。

業務委託で働くペットシッターの1日

ここからは、業務委託で働くペットシッターの1日について見ていきましょう。

10:00~19:00などの間でシフトが組まれる場合が多く、午前中のみ・午後のみなど柔軟な働き方ができます

またフリーランスとは違って自分で広報活動や雑務をしなくてよい場合が多く、ペットシッティングの業務をメインに1日を過ごせるのが特徴です。

9:45 出社
出社したらユニフォームに着替えて、その日のスケジュールを確認します。
10:00 1件目のお宅に移動
1件目のお客さまの家に向かいます。
10:15 1件目のペットシッティング業務開始
依頼主の家に到着したら、猫の食事や水の取り替え、トイレ掃除などを行います。
10:45 1件目のペットシッティング業務完了
40分で訪問を完了するスケジュールなので、急いでお世話をしたら訪問報告書をシステムにアップして業務完了です。
11:00 移動
次のご依頼のあるお客さまの家まで移動します。
11:30 2件目のペットシッティング業務開始
2件目のご依頼は高齢犬の介護サービスで、健康チェックを行い、動物病院の送迎と受診代行を行います。
13:30 2件目のペットシッティング業務完了
エサをあげ、耳そうじやブラッシングをして報告書をまとめたら業務完了です。
14:00 休憩
少し遅めの昼食を食べて休憩し、次のシフトまで時間が空くので1度家に帰ります。
16:30 3件目のお宅に移動
3件目のお客さまのご自宅に移動します。
17:00 3件目のペットシッティング業務開始
3件目は散歩の代行のご依頼なので、打ち合わせで教わったいつもの散歩コースを20分ほどかけてまわります。
17:40 3件目のペットシッティング業務完了
犬の散歩を終えて連れて帰り、エサをあげて報告書を送ったら業務完了です。
17:45 直帰
直行直帰ができる会社なので、会社に電話連絡したらそのまま直帰します。

無駄のないスケジュールが理想

依頼をもとにスケジュールを組むペットシッターの仕事は、無駄のないスケジュールを組むことが理想です。

早朝と夕方から夜に依頼が集中することが多いため、1日の中で、仕事と仕事の間に長い空き時間ができてしまうことも珍しくありません。

なるべく空き時間ができないようにうまくスケジュールを組むことができれば無駄な時間も無くなりますし、稼げる金額も増えることになります。

ペットシッターは、たくさんの依頼を効率よくこなしていくことが大切です。

ペットシッターの勤務時間・休日