動物看護師への転職・未経験からなるには?

動物看護師への転職状況は?

動物看護師は、基本的に特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。

そのため、誰にでも動物看護師として働くチャンスは開かれています。

動物病院では、動物看護師の求人を出しているところもよく見られます。

なお、病院によって経営方針や治療対象とするおもな動物、仕事の進め方などは大きく異なるため、転職をする際には自分の考えと病院の考え方がマッチするかをよく見ておくことをオススメします。

動物看護師への転職の志望動機で多いものは?

一度は別な仕事に就いたものの、動物に関わる仕事がしたいと動物看護師を目指す人は少なくありません。

また、ペットショップなどで働いているうちに、動物看護の知識やスキルを身に付けて、ケガや病気のペットを助けたい、より専門的な知識を生かして働きたいと思い転職に踏み切る人も多いようです。

未経験・社会人から動物看護師になるには

動物病院への就職を目指す

未経験・社会人から動物看護師を目指すには、動物病院への就職が一般的です。

動物病院は退職・離職率も比較的高いため、未経験からでも採用してくれるところは少なくありません。

より動物看護について勉強したい場合は、一度専門学校等に通い知識を身に付けた上で就職するとよいでしょう。

待遇面が恵まれない可能性も

いくら熱意があっても、正社員として採用されるとは限らないという点は知っておく必要があります。

動物看護師を目指す人のなかには、専門学校を出ても正社員での採用口が見つからず、アルバイトなどで仕事を続けながらスキルアップを目指す人もいます。

非正規社員として働くとなれば、待遇面が見込めないことが多く、前職で安定した収入を得ていたのであれば、年収が減ってしまう可能性も大いにあり得ます。

また、動物看護師は専門職でありながら、立ち続けたり動き回ったりと身体を使う仕事が多かったり、ときに雑用のような仕事もこなさなければならなかったりと、心身ともに厳しさを感じることも多いでしょう。

「いつも動物に触れられて楽しそう」くらいの軽い気持ちでいると、すぐに挫折してしまうかもしれません。

動物看護師への転職に必要な資格・有利な資格

動物看護師は、特別な学歴や資格は必要ないため、未経験者でも採用される可能性はありますが、経験者や動物看護師専門学校卒業者を対象とする求人も少なくありません。

したがって、まったく異なる仕事から転職する場合には、動物看護について学べる大学や専門学校などに通い、認定動物看護師の資格を取得すれば、就職先の候補はより広がるでしょう。

動物看護師になるために資格は必要?

動物看護師への転職に役立つ職務経験は?

動物看護師は飼い主とのコミュニケーションが必須のため、前職で多くの人と関わったり、接客をしたりした経験があれば、コミュニケーション能力を生かすことができるでしょう。

また、動物看護師は獣医師やほかのスタッフと協力して仕事をすすめるため、チームでの経験があることは大きな自己PRになります。

動物看護士師物やペットに関わる仕事は動物看護師以外にも多くあるため、不明瞭な志望動機では「動物看護師以外でもいいのでは?」と思われてしまう可能性があります。

新卒の場合も同様ですが、「なぜ動物看護師なのか」という熱意をしっかりと話せるようにしておくことが大切です。

また、動物病院に転職する際は、事前にその病院について調べておき、動物病院の特徴や働き方などについて十分理解しておきましょう。

動物看護師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

動物看護師には、年齢制限がないためいつからでも働きだすことは可能です。

ただし、まったくの未経験から動物看護師を目指す場合は、どうしても若い人の方が採用されやすいということを知っておく必要があります。

専門的な知識を学ぶために専門学校等に通う場合、学生は20歳前後の人がメインであるため、年齢があまりに離れていることで人によっては苦痛やストレスを感じてしまう場合もあるため、しっかりとした意志と目標をもって進学を決めることが大切です。

未経験から動物看護師の転職での志望動機

志望動機の考え方

動物看護師を目指す場合、大切なのは「なぜその動物病院なのか」というところです。

志望する動物病院が、ほかの動物病院と比べどこが優れているか、どこが違うのかなどを、あらかじめ考えておく必要があります。

動物看護師を目指す人の場合、未経験だとしても動物を飼っていたり動物に触れたりした経験がある人がほとんどです。

そのため、もし動物看護師と接したエピソードがあればそれを盛り込むとより具体性が出てよいでしょう。

志望動機の例文

「以前飼っていたリスが病気になり、診てくれる病院を探すのに非常に苦労しました。

やっと見つけた病院では、動物看護師の方が私たち家族に寄り添ってくださり、「病気にさせてしまった」と重くのしかかっていた悲しみがとても軽くなりました。

それから動物看護師の仕事のすばらしさに惹かれるようになり、自分も同じように動物を救いたいと思うようになりました。

○○動物病院では、犬や猫だけでなく小動物や鳥などにも対応しているので、より幅広い動物の命を救えるのではないかと思い志望しました。

前職では事務をしていましたので、事務作業の面からも病院運営をサポートしていきたいと思います。」

動物看護師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?