ガーデンデザイナーのやりがい・楽しさ・魅力

ガーデンデザイナーのやりがい・楽しさ

自分のセンスやアイデアを生かせる

さまざまな植物の美しさを生かしながら庭をデザインしていくというガーデンデザイナーは、自分自身の美的なセンスと企画力、発想力などのアイデアをフルに活用することができる仕事です。

どこにどんな植物を植えるのか、噴水や池やアーチを設けるのか、ベンチやテーブルにはどんな資材を使うのか、依頼主であるお客さんにとって最高の空間を演出するためには無限の選択肢があります。

そのひとつひとつの選択について試行錯誤しながら、ひとつの庭を完成させていく作業は、非常にクリエイティブな仕事です。

また、依頼された庭が個人の戸建て住宅の庭なのか、商業ビルの屋上庭園なのか、公園や植物園なのかによっても仕事の中身は大きく異なります。

毎回違う依頼が来て、毎回新しいデザインを考えていくというところに、飽きのこない面白さがあるといえるでしょう。

植物が好きで、自分のセンスやアイデアをフルに生かした仕事がしたいという人にとっては、ガーデンデザイナーは天職といえます。

人の生活に関わる

ガーデンデザイナーが設計する庭は、人々の生活に密接に関わっている空間です。

色とりどりの花を眺めることで華やいだ気持ちになれたり、たくさんの緑に囲まれることで心が癒されたり、噴水や池で遊ぶことで元気になれたりします。

庭というのは、人間が生きていくために絶対に必要なものではありませんが、一方で人間が心豊かに暮らしていくために大きな役割を果たしているものです。

ガーデンデザイナーは、庭という場所を通して、人々にたくさんの幸せを届けることができます。

自分の作った空間で、老若男女問わず幅広い世代の人たちに喜びや癒しを感じてもらうことができたとき、この職業ならではの大きなやりがいを感じられるでしょう。

ガーデンデザイナーの仕事内容

ガーデンデザイナーの魅力

我が子のような庭

ガーデンデザイナーの仕事の大きな魅力は、ひとつのものに全力を注いで形を作っていくことの喜びや達成感をたっぷり味わえるというところでしょう。

最初は自分の頭のなかのイメージでしかなかったものが、図面を起こしていくたびに具体的なものになり、施工されることでさらに目に見えるものになり、最終的に美しい庭として完成するのです。

ゼロから始まったものが目に見える形になったときの感動は大きく、苦労しながら自分の手で育て上げた庭は、まるで我が子のように愛おしいものだといいます。

時代を越えて愛される場所に

ガーデンデザイナーが手がけた庭は、時代を超えて愛されていきます。

とくに公園や植物園のような規模の大きな場所は、基本的な構造を変更するのに高い費用がかかるため、一度作ったものが何十年も残ることもあります。

自分が生み出した空間時代を超えて愛され、そこ人々が集うというのはとても大きなやりがいです。

「仕事を通して自分の作品を残したい」という願望を叶えられるのも、ガーデンデザイナーという職業ならではです。

自然を感じられる仕事

ガーデンデザイナーの仕事をしていると、色とりどりに咲き誇る花々、その花に集まってくる昆虫、葉の上に光る雨露など、庭ができていくなかで生き物の美しさや生命力の強さを感じられる瞬間があります。

庭というのは人工的に創りあげるものですが、やはり太陽や土、植物や虫たちのことをよく理解しておかなければ良い庭を作ることができません。

また、太陽が出たらどんな日当たりになるのか、雨が降ったら地面の水はけはどうかなどもチェックする必要があるので、自然について考える機会も増えます。

自然を相手にするため大変な面もある一方で、その美しさや命の息吹を身近に感じられるという魅力もあるのです。