ブリーダーになるには? 資格や免許は必要?

ブリーダーになるまでの道のり

ブリーダーになるには、個人で働く人が大半の仕事であるため、学歴はほとんど問われません。

ただしブリーダー業を営む企業に勤める場合は、「高卒以上」の学歴が問われることが多いので、高校は卒業しておいた方がよいでしょう。

いくらブリーダーになりたいと思っても、素人がいきなり独立して仕事をするのは不可能です。

そのためすでにブリーダーとして活躍している人のもとで、経験を積む人が多くなっています。

未経験者を受け入れてくれるケースもありますが、ブリーダー養成のための専門学校、または自宅にいながら学べる通信講座で事前に知識を身につけることもよいでしょう。

ブリーダーは専門知識やノウハウが必要とされる仕事のため、現場に入る前に基礎知識を体系的に学ぶことで、現場での理解が早まったり、活躍するチャンスが広がる可能性があります。

知識や経験が十分に身についた段階で、個人のブリーダーとして独立・開業する人が多い世界です。

ブリーダーの資格・難易度

ブリーダーになるために特別な資格はありません。

学歴や年齢も問われないので、どのような人でもブリーダーになれるチャンスはあります。

ただしブリーダーそのものの資格ではなく、動物に関する幅広い専門的な知識を得るために「ドッグトレーナー 」や「動物看護師」「愛玩動物飼養管理士」などの資格を取る人も多いです。

飼育している動物や生まれてきた子どもたちの身だしなみを整えるために、「トリマー」の資格を保有している人もいます。

参考:JDTA ドッグトレーナー資格

参考:動物看護師統一認定機構

参考:愛玩動物飼養管理士

参考:JKC トリマー資格

のちに独立開業を目指す場合には、「第一種動物取扱業」と「動物取扱責任者」を登録しなければいけませんが、「動物取扱責任者」には以下の3つのうち、いずれかが該当していなければいけません。

・半年以上の実務経験がある
・1年間以上教育機関を卒業している
・資格を所有している

実務経験や学校を卒業していなくても、資格でカバーすることができるので、チェックしておくとよいでしょう。

参考:東京都動物愛護相談センター 動物取扱責任者の要件について

ブリーダーになるための学校の種類

ブリーダーになるには、必ずしも特定の学校に通わなければいけないわけではありません。

一般的な高校や大学を出て、そのまま個人のブリーダーになったり、ブリーディングを行う企業に就職して現場で必要なスキルを身につけていく人もいます。

ただしブリーダーとして活躍するには、犬や猫といった動物の生体に関する深い知識が不可欠なため、まずは動物関連の専門学校に通い、基礎的なことをしっかりと学んでから現場に入る方法を取る人も多いです。

ただしブリーダーそのものだけを要請する専門学校はほとんどなく、グルーミング、トレーニング、動物看護、飼育管理など、幅広くペットに関わる仕事を目指す人に向けられたカリキュラムが用意されています。

専門学校によっては、「動物看護師」「ドッグトレーナー 」「トリマー」などの資格取得が目指せるところもあり、学費は初年度が130~150万円ほど、夜間部では年間80~100万円ほどが一般的です。

ブリーディングを行う際は、学校で身につけた動物特有の性質や病気についての専門知識が生かせる場面が多々あるでしょう。

学校卒業後は個人のブリーダーのアシスタントか、ブリーディングを行う企業への就職を目指すことになりますが、専門学校を卒業していると就職の際に優遇されるケースもあるようです。

学校に通学するのが難しい場合は、DVDやテキストを利用して通信講座で学ぶ方法もあります。

通信講座の場合はその場ですぐに講師に質問できないのがデメリットではありますが、電話やメールなどを使ったサポート体制や添削指導が用意されている講座だと安心です。

学費は6万円~15万円ほど、学習期間は最短2ヶ月~半年ほどで学ぶことができるため、限られた時間んでブリーダーとしての基礎知識を身に付けたい人には向いているかもしれません。

また専門学校は2年制・3年制のところも多いですが、中には最短1ヶ月程度で学べる短期間のスクールもあります。

社会人を対象に、夜間や週末を使って学べるスクールもあるので、さまざまな学校を調べて比較してみるとよいでしょう。

ブリーダーになるための学校はある? 勉強することは?

ブリーダーに向いている人

ブリーダーに向いている人は、命ある動物たちを扱うので動物に対する責任感や粘り強さ、また日頃の世話をきちんと行えることは必須条件といえます。

毎日の餌やり、排泄物の処理、健康管理はもちろん、病気になってしまう可能性もありますし、出産が夜中になることもあるでしょう。

動物のペースに合わせなければならないことも多く、「好き」という気持ちだけで成り立つ仕事ではありません。

またお金は関係なく、動物に愛情を注げる人であることも重要な要素といえます。

動物の繁殖を手がけるには、餌代、ワクチン代、出産費、定期検診代、ケア用品代など多額の経費がかかってしまうのが現実です。

売り上げから経費を引くと、手元に残るのはほんのわずかということもあり得るため、すぐによい結果が出なくても、動物の面倒を見続ける必要があります。

さらに立派なブリーダーになるには、積極的に行動し、正しい情報を集められる力も大切です。

ブリーダーが集まるドッグショーに参加したり、ブリーダーとして働く先輩から話を聞いたり、常に動物に関する知識を深めていく姿勢が不可欠でしょう。

ブリーダーに向いている人・適性・必要なスキル

ブリーダーのキャリアプラン・キャリアパス

ブリーダーが1人前になるまでには、専門学校卒業後に、ブリーダーとして活躍している人のもとやブリーディングをしている企業で働きながら経験を積み、独立開業を目指すのが一般的です。

ブリーダーそのものに資格はありませんが、動物に関する幅広い専門的な知識を得るため、「訓練士」「動物看護師」「愛玩動物飼養管理士」などの資格を取る人もいます。

独立開業をする際には、訓練学校卒業や専門知識の認定試験に合格していることが条件になるので、将来役立てることが可能です。

しっかりと経験と知識を身に付けてから独立したあとも、動物たちの知識を深めることはもちろん、日々の動物たちへの愛情を持った丁寧なお世話は欠かせません。

また個人でブリーダーとして活躍するには、卸先のペットショップの開拓や、飼い主に直接販売するための広告宣伝などの営業活動も必要です。

困ったときに頼れる、先輩ブリーダーたちとの人脈作りもしておくことが大切でしょう。

一般的には企業で働くよりも収入は低いといわれますが、世界的なトップブリーダーになれば、年収1000万円以上を目指すこともできます。

ブリーダーを目指せる年齢は?

ブリーダーになるのに年齢は問われないので、何歳からでも目指すことが可能です。

求人募集を見てみても年齢制限なく社員やアルバイトの募集をしている場合が多く、中には「シニア歓迎」の職場もあります。

現場では動物の餌やりや散歩、掃除などから担当し、知識を深めていくことでさまざまな業務を任され、徐々にブリーダーとしてのスキルを身につけていくことが可能です。

ただしアシスタントではなく、1人前のブリーダーとして独立を考えているのであれば、体力面は考えなければいけません。

たとえば飼育している動物の出産時には、24時間つきっきりで寝ずに対応しなければいけないこともあるでしょう。

多くの命を預かる体力と精神力が求められる仕事でもあるので、飼育する動物たちを生涯面倒みられるよう、自身の年齢を含めた責任ある計画を立てることをおすすめします。

ブリーダーは高卒から目指せる?

ブリーダーは、高卒から十分に目指すことができます。

高校卒業後すぐにトップブリーダーのもとに現場にアシスタントとして入るか、ブリーディングを専門にしている企業に就職して経験を積むことが可能です。

ただし独立を目指すのであれば、「動物取扱責任者」に登録しなければいけません。

このとき「半年以上の実務経験がある」「1年間以上教育機関に通い卒業している」「資格を所有している」のいずれかが必要になるので、専門学校に通ったり資格取得しておくのもよいでしょう。

動物関連の専門学校を出ておくと、動物の生態や繁殖に関する知識を効率的に学ぶことができます。

また就職の際有利に働く場合もあるようなので、基礎的なことをしっかり学んでから現場に入るのもよいでしょう。

ブリーダーは男性でもなれる?

ペット業界は女性が多い世界ではありますが、ブリーダーは家族で仕事として取り組んでいる人が多く、男性でもなれます。

一人で世話できる頭数で繁殖を行う人もいますが、何十頭もの犬や猫の世話をする場合は、出産や育児のサポートも並行して行うため、家族の協力は不可欠でしょう。

ブリーダーの仕事は、出産時は24時間体制でつきっきりになるなど、動物のペースで仕事をする必要があります。

そのためアルバイトを雇ってどんな場合も対応してもらえる環境を作らない限りは、長期でお休みをとって、家族みんなで遠出したり旅行に行ける機会は少なくなるかもしれません。

いずれにせよ男女問わずなることができ、収入の差もほとんどないので、性別関係なく活躍できる世界です。