トリマーの求人状況・就職先の選び方

トリマーの就職先にはどんなところがある?

トリマーの就職先は大きく分けると、以下の4つに分けることができます。

・ペットショップ
・動物病院
・ペットサロン
・フリーランス

これまではペット関連の企業・個人経営のペットショップ、動物病院で働くのが主流でしたが、近年ではペットブームや店舗間の競争が激しくなり、個性豊かなペット専用サロンも人気を集めているのです。

ペットショップではサロンやトリミングルームを併設している場合が多く、店舗で販売した子犬が定期的にケアをするために訪れるので、長期間関わっていけるのが魅力でしょう。

仕事はトリミングだけでなく、ペット向け商品や接客、販売の仕事を任されることもあります。

また動物病院では、美容面よりも健康面を重視した治療の一環としてトリミングをおこなっていることが多いです。

飼い主にとってはかかりつけの病院でトリミングサービスを受けられることが、大きな安心感につながります。

ペット専用サロンではサービスが多角化し、トリミングはもちろん、送迎サービス、ペットホテル、ペット向けのネイルアートやマッサージ、エステなどさまざまなサービスを提供する店もあるようです。

高いトリミング技術はもちろんのこと、飼い主や動物に対する高いホスピタリティを持った人が重宝されるでしょう。

さらにトリマーは経験とスキルが身につけば、独立・開業してフリーランスとして働くことが可能です。

開業にはさまざまな方法があり、店舗を構えるだけでなく、お客さまの家へ出張してトリミングサービスを行う人もいます。

かなり厳しい道ともいえるのでトリマーとしての技術力の向上と合わせて、十分な準備期間を取ることをおすすめします。

トリマーの就職先の種類・活躍の場

トリマーの求人の状況

ペットブームが続く中、トリマーの需要も高まってきています。

飼い主だけではできないペットの美容や健康のケアを、トリマーが手助けする必要性が認知されてきたためです。

トリマーの就職先といえば、以前は動物病院やペットショップが主流でしたが、最近では個性豊かなペット専用サロンも人気を集めています。

企業側のニーズは、高い技術を持つトリマーは飼い主から指名を受けることが多いため、店としては顧客をつかむために少しでも優秀なトリマーを雇いたいと考えています。

とくに店同士の競争が激しい都心部では、即戦力として活躍できるトリマーは引く手あまたといえるでしょう。

しかしトリマーの求人募集は多く見られるようになりましたが、「正社員の募集」であるかというと、必ずしもそうではありません。

トリミングに関しては、予約がたくさん入る土日祝日や長期休暇にさえ人手があればいいというケースが多く、決まった曜日や時間だけ働く「アルバイト・パート」としてトリマーを求めている店もたくさんあります。

トリマーの求人自体は多いのですが、その雇用条件はさまざまというのが実情です。

もし高待遇の職場で働きたいのであれば、より多くの経験を積み、力を身につけ、多くのお客様から信頼されるトリマーへと成長することが重要です。

そのためには仕事時間外に勉強をしたり、トリミングの練習を重ねるなどの努力が欠かせません。

トリマーの就職先の選び方

トリマーの就職先はさまざまですが、ここでは「チェーン店」と「個人店」の比較を中心に選び方を見ていきましょう。

チェーン店は何店舗も展開する大手企業が多く、個人店は一人の経営者が運営する場合もあります。

両者は経営スタイルに大きな差が出ることが多く、どちらを選ぶべきか迷うトリマーが多数いるため、特徴をつかんでおくのがおすすめです。

チェーン店

チェーン店の特徴は規模が大きく働くスタッフの数も多いため、給料や待遇は安定している傾向にあること。

企業によっては福利厚生が整えられていて、育休や産休が取りやすい場合もあるので長く働きやすいでしょう。

現場ではマニュアルが用意されるなど、教育体制が比較的確立されているので、未経験で入社しても育ててもらえる環境が多いようです。

お客さまの数も多いので、さまざまなお客さまやペットに出会えるチャンスも多数あります。

ただしトリミングや販売などでノルマを課される職場もあるので、就職前にチェックしておくとよいでしょう。

このようにチェーン店がおすすめな人は、大きな知名度がある企業で安心して働きたい、多くのお客さまに出会うチャンスがほしいなどの希望がある人です。

個人店

個人店の特徴は、店の雰囲気やサービスなどがオーナーの方針が色濃く出ることがあげられます。

給料や待遇は店ごとに大きな差があるため、人気店ではチェーン店よりも多くのお給料をもらえるチャンスもあるでしょう。

地域密着型の店舗が中心で、スタッフは数人で働くこと多いので、すぐに責任のある仕事を任せてもらえるチャンスも多いのが魅力です。

ただし少人数で店舗をまわす分、急な休みが取りづらいこともあるかもしれません。

個人店の魅力は経営者との距離が近く、目の前で独立するための経営ノウハウがしっかりと学べることです。

フリーランスとして独立を考える人なら、個人店の方が近道になるでしょう。

就職先を選ぶ際の注意点

チェーン店、個人店のどちらを選ぶときも最も注意すべきなのは、お店の経営方針や考え方をしっかりと見極めることです。

全国に何百、何千と広がる店の中には、残念ながら「もうけ重視」で営業する店もあります。

お客さまである動物や飼い主のことを本気で考えておらず、ただ数をさばくだけの営業を強いるような店で働くと、嫌な面ばかりが見えてうんざりしてしまうでしょう。

そのままの気持ちでは、仕事を長く続けてスキルアップを目指すのも難しくなってきます。

そこで就職の際には、少なくともある程度の信用を得ている店を探すようにしましょう。

店の特徴やサービス内容などを公式サイトやSNSなどを使って情報収集するだけでなく、実際にその店舗にお客さんとしてスタッフの様子を観察しに行くのもおすすめです。

また面接を受ける際は面接官の質問に答えるばかりでなく、自分から積極的に気になることを質問して疑問を解消しておきましょう。

就職後に「こんなはずじゃなかった。理想と違う!」というギャップを、就職前になくしておくことが大切です。

トリマーの志望動機・面接

トリマーの志望動機で大切なのは、なぜトリマーになりたいのかを明確にすることです。

「動物好き」であることはほかの多くの志望者も同じなので、ご自身の具体的な体験や考えを混ぜながら、オリジナルの志望動機を作りましょう。

トリマーに出会って感動したエピソードや、どんなトリマーになりたいのかという目標でも構いません。

そのエピソードや目標に、その企業や店舗だからこそできること、やってみたいことを絡めた志望動機を作ると、強い思いが伝わるアピールとなるのです。

トリマーの面接では、志望動機、動物の世話をした経験、なぜこの店を就職先として希望するのか、トリミングで得意とする作業などの技術面の質問をよくされます。

実際の面接で聞かれても問題なく話せるように、事前に練習しておきましょう。

またトリマーという仕事柄、面接ではスキルだけでなく、お客さまと気持ちよく接することができるかコミュニケーション能力も見られています。

特に未経験OKの募集の場合には、第一印象で清潔な印象を与えられる身だしなみや、礼儀正しさ、お客さまと気持ちよく話せそうかという人柄が最重要視されますので、意識しておきましょう。

トリマーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

トリマーの就職先は、ハローワークや求人サイトから探すことができます。

中にはトリマー専門の求人サイトもあるので、チェックしてみましょう。

たとえば「トリマー・グルーマー専門の求人サイト トリマージョブ」や「ペット求人ナビ」では、地域別、勤務形態別にトリマー募集の求人を検索することができて便利です。

また専門学校やスクールによっては就職支援を行っていて、サポートが受けられます。

豊富な求人情報が用意されているだけでなく、就職先の紹介、進路への不安や悩み相談、さらに学校によってはグループ施設に優先的に就職できる場合もあるようです。

またインターンシップ制度を利用して、実際に現場で就業できるチャンスもあるので、積極的に利用するとよいでしょう。

インターンシップはプロの技術を現場で学ぶことができるだけでなく、高い評価を受ければそのまま就職内定がもらえるケースもあります。