このサイトはペットシッターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ペットシッター」

仕事内容
「ペットシッター」は、飼い主が所要で家を空けるときに、飼い主に代わって自宅でペットの世話をするのが仕事です。ペットの性格や体質、餌の種類や散歩のコースなどについて事前に飼い主にヒアリングしておき、ペットができるだけ普段通りに過ごせるようにさまざまなケアを行います。餌やりや散歩以外にも爪切りや歯磨き、簡単なトリミングなどを行うこともあります。ペットシッターはペットに関する総合的な知識やスキルが必要なので、動物のしつけ方から遊び方、餌のやり方、トリミングなど、さまざまな勉強をしておくことが求められる職業です。
なるには
ペットシッターは特別な学歴や資格を必要とする職業ではありません。ペットシッターの派遣をしている会社に採用されれば、ペットシッターとして働くことができます。ただし、未経験者がいきなりペットシッターとして働くのは簡単なことではありません。この仕事にはお客さんにとって家族同然の存在であるペットの命を預かるという大きな責任が伴うので、ペットショップで働いた経験があることや動物関連の資格を取得していることが求められる傾向があります。また、ペットシッターとして独立して開業したいのであれば、動物を取り扱う責任者として自治体に「動物取扱業」の登録申請をする必要があります。
給料
ペットシッターの給料や年収に関して正確な統計はありませんが、アルバイトの場合は大体時給900円から1500円ほど、社員の場合は月給が15万円から25万円ほどになることが多いようです。独立開業して働いているペットシッターの場合は、働いた分だけ収入が増えることになります。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み、秋の連休など、世間の人々が旅行や帰省で家を空ける時期は割増料金の設定があり、稼ぎ時となります。ペットシッターは毎月の仕事量によって収入が大きく変化するので、生活は不安定になりがちです。そのため、ペットシッターのなかには、平日の夜間や休日だけに限定して副業やアルバイトとして働いている人もいます。
将来性
ペットシッターはまだまだ世間の認知度は高くありませんが、これからさらに世の中に必要とされる可能性が高い職業です。最近では、ペット飼育可のマンションやアパートが増えたため、都会で一人暮らしをしながらペットを飼う人が急増しています。また、社会の高齢化とともにペットを飼うお年寄りも増えてきましたし、少子化社会の中で子どもの代わりにペットを家族に迎えるという夫婦も増えてきています。このような人たちにとって、いざという時にペットを安心して託すことができるペットシッターはとても重要な存在です。世の中の移り変わりとともに、ペットシッターの仕事のチャンスも増えてきています。