「ペットシッター」とは

飼い主から依頼を受け、飼い主の代わりにペットの餌やり、散歩などの世話をする。

「ペットシッター」は、飼い主が所要で家を空けるときに、飼い主に代わって自宅でペットの世話をするのが仕事です。

餌やりや散歩以外にも爪切りや歯磨き、簡単なトリミングなどを行うこともあります。

ペットシッターは特別な学歴や資格を必要とする職業ではありませんが、ペットの命を預かるという大きな責任が伴うので、ペットショップで働いた経験があることや動物関連の資格を取得していることが求められる傾向があります。

給料は、アルバイトの場合は大体時給900円から1500円ほど、社員の場合は月給が15万円から25万円ほどになることが多いようです。

ペットシッターはまだまだ世間の認知度は高くありませんが、都会で一人暮らしをしながらペットを飼う人が急増しているため、チャンスが増えてきている職業です。

「ペットシッター」の仕事紹介

ペットシッターの仕事内容

飼い主の代わりにペットのお世話をこなす

ペットシッターは、旅行・出張・入院時や親の介護など、家庭の事情でペットのお世話ができない人の代わりに、飼い主の自宅に入りお世話をするという仕事です。

具体的には、餌やり・散歩・爪切り・歯磨き・簡単なトリミング・遊んであげる…などといった内容になります。

ペットがなるべくいつも通りに過ごせるように、事前にペットの性格・体質・餌の種類・散歩コースなどの情報を飼い主から細かくヒアリングしておく事が大切です。

また、ペットシッターとして活動するにはペットに関する総合的な知識やスキルを持ってお世話できるようにしておかなくてはなりません。

お世話の仕方やしつけ方、体調不良時の対応はもちろん、餌のやり方・トリミング・動物病院への通院までオールマイティにこなせる必要があります。

ペットシッターの就職先・活躍の場

ペット関連サービスを行う企業で重宝される

ペットシッターの就職先は主に全国のペットシッターの加盟店や、ペットシッター業務を行う派遣会社などが多いです。

近年ではペットホテルやペットショップ、動物病院にあるペットのシッティング部門なども増えてきているので、そういった場所での需要も高いでしょう。

実質的な勤務場所は依頼主の家になることが多いので、自宅での開業も視野に入れつつ、上記のような企業に属するという選択肢もあります。

ペットシッター1日

依頼主のスケジュールに合わせて動くのが基本

ペットシッターの拘束時間・生活リズム・仕事内容はその日によってガラッと変わってきます。

一例としては以下のような感じになります。

07:00
最初の依頼主の家に訪問し、ペットの餌やりやトイレの片付け、散歩などをこなす

08:30
昼の餌のセットなどをして家を出る

08:50
来週以降の仕事の打ち合わせなどを行う

11:30
2人目の依頼主の家を訪問し、餌を手作りして猫に食べさせたり、トイレ掃除、爪切りなどを行う

13:00
依頼主の家を出て、しばらく休憩時間を取る

19:00
再び出勤し、3人目の依頼主の家を訪問。室内犬の餌やりやトイレ掃除をしたり、一緒に遊んであげたりする

20:30
依頼主の家を出て、報告や申し送りの書類を作成して勤務終了

ペットシッターになるには

動物の世話をひと通りこなせるスキルは必須

ペットシッターになるために必要な資格や学歴・年齢制限などはなく、ペットシッターを派遣している会社に採用されれば就業は可能です。

ただしペットのお世話をしたことがない人はもちろん、ペットシッターに必要な知識とスキルを持たない人が簡単にこなせる仕事ではありません。

飼い主にとって家族同然の存在であるペットの命を守るという責任ある立場ですから、動物のお世話をすることに長けていることが必須です。

また、独立開業を目指すなら「動物取扱責任者」の資格取得も必要になります。

ペットシッターの学校・学費

選ぶ学校や講座により費用は大きく変わる

プロのペットシッターとして活動を続けていくには、専門学校や通信講座などを通して、ペットケアについて十分に学んでおくことが大切です。

費用についてはどんな学校や講座を選ぶかによって大きく変わってきます。

リーズナブルなものであれば3万円あたりから、高額なものなら50万ほどの受講費用が必要になることもあります。

ペットシッターの資格・試験の難易度

難易度は低めなので資格取得しておくのがベター

独立開業する場合必須となる「動物取扱責任者」のライセンスは、通信講座で手軽に取得することが可能です。

難易度としては、普通に勉強していればほとんどの人が合格できる程度のものなので、プロのペットシッターとして活動していくなら取得しておいて損はありません。

他には「認定ペットシッター士」など、ペットシッターの通信講座を修了すれば受けられる資格試験もありますが、こちらも合格率は98%と高めです。

ペットシッターの給料・年収

目安は年収200〜300万、長期休暇は稼ぎ時

現在全国にどれくらいのペットシッターがいるのか統計を取るのが難しいため、給料・年収に関しても正確な統計はとれていないのが現状です。

目安としてはアルバイトだと時給約900〜1500円、正社員の場合は月給15〜25万円(年収約2〜300万)あたりが一般的とされています。

独立開業している場合の料金相場は小動物1匹につき2000〜2700円、大型犬などになると1時間3000円以上になることも。

年末年始やゴールデンウィークなどの長期休暇の時期は、割増料金の設定があるため稼ぎ時となります。

ペットシッターのやりがい、楽しさ

ペットや飼い主との信頼関係が原動力

飼い主の代わりにペットに愛情を注いでいるうちに、短い期間の中であってもペットとの信頼関係を築くことができるようになります。

そんな、動物と心を通わせることができた時こそ、「ペットシッターをしていて良かった」と思える瞬間ではないでしょうか。

ペットを家族同然に愛する依頼主達からの感謝や信頼の気持ちも、ペットシッターが仕事を頑張る上での原動力となります。

ペットシッターのつらいこと、大変なこと

信頼関係が希薄だとトラブルに繋がるリスクも

ペットシッターは他人の家に入ってペットのお世話をする仕事なので、事前に飼い主との信頼関係をしっかり築いておく必要があります。

信頼関係が成り立っていないと、ペットの怪我や体調不良・家の中の様子がおかしいなどのトラブルが起きた時、いらぬ疑いをかけられる可能性もゼロではありません。

特に動物はいつどんな時に体調の変化が起きるかわからないので、慎重にお世話をしてあげる必要があります。

ペットシッターに向いている人・適性

動物への愛・誠実さ・忍耐力は必須条件

ペットシッターに向いているのは、やはり動物を心から愛し、対等に接することができる人でしょう。

飼い主不在の間、動物の命をしっかり守り抜く覚悟を持ち、そのための知識や技術を習得するのに時間を惜しまないという人にこそ向いています。

依頼主との信頼関係を築いて仕事もしっかりこなせる誠実さや、どんなに懐かないペットにも辛抱強く対応できる忍耐力なども必要です。

ペットシッター志望動機・目指すきっかけ

「動物を愛し、癒したい」という気持ちが大切

ペットシッターは、依頼主にとって家族同然の存在であるペットの命を預かる仕事です。

面接の際にも「いかに動物に愛情を注ぎケアすることができる人か」が重要視されます。

「心から動物が好きで、動物のケアができる仕事をしたい」という気持ちをしっかりアピールしていきましょう。

動物が好きなわけではないけど、お金のためだけにペットシッターという職業に就こうとするなどは言語道断です。

ペットシッターの雇用形態・働き方

雇用形態は様々なので、自分が望む働き方を

アルバイト・正社員・派遣社員など、求人によって雇用形態は違います。

大手のペットシッター派遣会社なら、全国に事業を展開するために「フランチャイズ店」のオーナーを募集するケースも最近は増えてきました。

ペットシッターとして独立開業を目指すなら、会社のノウハウを引き継ぎ、商標を利用させてもらえる「フランチャイズ店のオーナー」として開業するのも賢い選択肢です。

ペットシッターの勤務時間・休日・生活

勤務時間・休日・生活サイクルが固定化されない

ペットシッターは依頼主のスケジュールに合わせて勤務時間を調整することになります。

たとえば「早朝の犬の散歩と朝昼の餌やり」という依頼なら、朝5〜6時ぐらいから出勤する必要も出てきます。

休みも不定期になるため土日必ず休みが取れるということもなく、勤務シフトが固定化されないのが特徴です。

特に年末年始・お盆・ゴールデンウィークは稼ぎ時なので、休むのがもったいなく感じてしまいます。

ペットシッターの求人・就職状況・需要

ペットシッターの受け入れ先は比較的多い

ペットが慣れ親しんでいる自宅で世話をしてもらえるという点から、ペットシッターの需要は年々高まってきています。

求人はどちらかといえば都市部に多い傾向で、毎月の勤務時間や仕事量がまちまちであることから、アルバイトや派遣社員としての採用が多いようです。

ペットシッター派遣の会社に限らず、ペットショップ・ペットホテル・動物病院など受け入れ先は多いため、プロのペットシッターとしての知識や経験が備わっていれば就職先が見つかる可能性も高くなります。

ペットシッターの転職状況・未経験採用

知識・実務経験があれば有利

ペットシッターとして働くにあたり特別な学歴や資格は必要ないので、ペットシッターを派遣している会社に採用されれば働くこと自体は可能です。

求人情報はインターネットを検索して探すのが一般的です。希望の勤務地域でペットシッターの募集がないか調べてみましょう。

未経験であっても、過去に動物に関わる仕事をしてきた経験・資格などがあれば有利です。

また独立開業を希望するなら「動物取扱業」の申請が必要になります。

ペットシッターの現状と将来性・今後の見通し

ペット社会の繁栄につれて高まる需要

ペットシッターという職業の認知度はまだそこまで高くないものの、需要は今後さらに高まっていくと考えられています。

というのも、高齢化の影響でペットを飼うお年寄りが増え、少子化の影響で子供の代わりにペットを家族に迎える夫婦も多くなりました。

ペット飼育可能な賃貸住宅が増えてきたことで、一人暮らしをしながらペットを飼う人も増えてきています。

いざという時に安心してペットを託せるペットシッターは、ペット社会が繁栄していくにつれてどんどん重宝されるようになると思われます。