動物看護師のつらいこと・大変なこと・苦労

動物看護師のつらいこと・大変なこと

「動物が好き」なだけでは務まらない仕事

人間を相手にする看護師も大変な仕事ですが、言葉や表情で感情を伝えられない動物を相手にする動物看護師は、看護師以上に大変です。

動物看護師は来院する動物の不安を和らげ、獣医師が診察しやすいように動物を押さえるなどのサポートをしていきますが、ときには動物が暴れて腕を思いきり引っかかれたり、噛まれたりしてしまうこともあります。

また、動物看護師は動物の排泄物の処理もしなければなりませんし、手術時などに血を見なければならないこともあります。

そのため、「動物が好き」という気持ちだけではなく、動物のことを心から救いたいと思える人でなければ、やっていけないかもしれません。

動物の死に直面する

動物病院にやってくる動物たちは、体に悪いところや不安を抱えていますし、たとえ獣医師や動物看護師が全力を尽くしても助からないこともあります。

動物が好きだからこそ、動物が苦しむところを目の当たりにし、死に直面するのはつらいと感じてしまうかもしれません。

命の重みを感じながら、そこにしっかりと向き合える人でなければ、動物看護師を続けるのは難しいでしょう。

労働環境の厳しさ

動物看護師の労働環境は決して恵まれているとはいえません。

とくに動物看護師の資格は、現在のところ国家資格や公的資格でないため、なろうと思えば誰でも比較的すぐなれる反面、その立場は曖昧なものとなっています。

専門性が問われる仕事でありながら、給料は他の業種と比べても安いことが多く、残業が多かったり休みがとりにくかったりと、精神面と肉体面の両方でかなり厳しい生活を強いられる人もいます。

さらに、就職先の病院によって待遇に大きく差があり、不安定な身分で働かざるを得ないこともあります。

今後、動物看護師の資格が公的なものとなれば、その立場もより確立されていくものと思われますが、現在のところは不安定さを覚悟して働く必要があるでしょう。

動物看護師の悩み

ケガが絶えない

診療をきちんと進めるために押さえようとした動物が暴れ出すことも多く、そのたびに動物看護師は噛み傷やひっかき傷ができてしまいます。

慣れてくるとうまく保定できるようになりますが、それでも多少の傷は覚悟しておかなければなりません。

動物看護師の傷は、ある意味職業病ともいえますが、傷を隠すために夏でも長袖が手放せないという人もいます。

職場の人間関係

病院はとても閉鎖的な空間です。

病院の外に出ることはほとんどなく、毎日決まったスタッフと顔を合わせて働くため人間関係を良好に築けるかが一つのポイントとなります。

人間関係名良好な場合は問題ありませんが、ときには獣医師や他の動物看護師たちと上手にコミュニケーションがとれず、それが次第に大きな悩みになってしまったり、精神的に疲れたりしてしまう人もいるようです。

病院の規模が小さくなればなるほど人間関係も狭く、密度の濃いものになりがちで、とくに個人経営の病院であれば経営者となる院長の方針が病院の運営にも色濃く出るため、院長とそりが合わないと続けていくのは難しいかもしれません。

不安定で苦しい生活

動物看護師は、専門知識やスキルを要する仕事でありながら、給料や待遇でしっかりと還元されていない職場も少なくなく、生活するだけでも一苦労という人も多いのが実情です。

就職試験を受ける際も、職場によっては給料が安いため、「一人暮らしの人は採用できない」といわれてしまうこともあるようです。

現場に入り、スキルを身につけることで給料をアップしてもらったり、より良い待遇の動物病院へ転職したりする人もいますが、新人のうちはお金で苦労することも覚悟しておいたほうがよいでしょう。

動物看護師を辞める理由で多いものは?

入社後早くに離職する人も多い

近年、動物看護師を目指す人は増えていて、毎日動物のそばで働ける動物看護師は、動物好きにとってまさに天職と考える人も多くいます。

しかし、動物看護師になったものの、わずか数年程度で辞めてしまうという人が少なくありません。

職場によっては入社1年以内の離職率が9割を占めるという、非常に離職率の高いところもあるようです。

動物看護師の離職理由

動物看護師の離職理由としては、動物が苦しむ姿を目の当たりにして、自分の実力不足を感じたり、厳しい現実と向かえなかったりすることがあげられます。

来院する動物たちはケガや病気を抱えているため「かわいい動物たちと触れ合える」という気持ちでいると、厳しい現実に耐え切れないかもしれません。

また、動物を相手にするため、勤務時間が長く不規則な生活にもなりやすいことや、労働環境や待遇がよくないこと、職場の人間関係に悩んで離職する人が多いようです。

転職先としては、動物看護師の経験が生かせるペットショップやペット施設などが多いようです。