トリマーのやりがい・楽しさ・魅力

トリマーのやりがい・楽しさ

自分の腕で動物をきれいにできる

トリマーになれば大好きな動物をただ眺めるだけでなく、自分の「腕」できれいにしてあげることができます。

トリマーを目指す人のほとんどが「動物が大好き」「動物と触れ合う仕事がしたい」という気持ちからスタートしますが、それ以上のことができるようになるのです。

プロとしてスキルを高め、思い通りのスタイルを作ることができるようになってくることは、楽しさを感じる瞬間でしょう。

さらに耳掃除や爪切りなどのお手入れを通じて、元気に過ごせるように体の様子に気を配ることで、動物が嬉しそうにしている姿を見るのは、モチベーションにもつながります。

飼い主の喜ぶ顔が見られる

ペットのケアを通じて飼い主の喜ぶ顔が見られるのも、トリマーの大きなやりがいの一つです。

近年は少子化の影響で、子供や孫の代わりにペットを育てる人も増えてきているため、ペットはただの動物ではなく大切な家族の一員。

お客さまは愛情をかけて育てた我が子を、プロの手でさらに美しくしてもらえることに、本当に楽しみにやってきます。

飼い主を納得させられるすばらしいトリミングができ、「任せてよかった!」と言ってもらえたときは、大きな喜びとやりがいを感じる瞬間です。

ペットの体の状態の変化に気づける

トリミングをする中で、飼い主が気づけないようなペットの体の状態の変化に気づき、病気の早期発見につながることもあります。

皮膚の湿疹や耳垢の異常などは、動物の体や病気などの知識を深めていないと気づけないことも多いでしょう。

知識を深めることで仕事の幅も増えますし、動物を救える実感が味わえることや「あなたが気づいてくれてよかった」という飼い主からの感謝の言葉も、大きなやりがいにつながります。

トリマーの仕事内容

トリマーの魅力

大好きな動物と毎日過ごせる

「動物が大好き」という人にとっては、毎日動物と過ごせるトリマーは何よりも魅力的な職業でしょう。

実際トリマーを目指した人には、子どものころからペットを飼って動物に深く親しんでいたり、動物と過ごすことで心が安らぐという人がとても多いようです。

普通の企業に勤める会社員であれば、動物と過ごすことができる時間は家に帰ってペットとたわむれる数時間だけですが、トリマーになれば掃除やカルテ整理などの作業を除けば、朝から晩まで一日中、可愛い動物と一緒に過ごすことができます。

トリミングスキルや動物への知識は、毎日多くのペットの施術を担当することで磨くことができるので、一石二鳥ともいえるでしょう。

女性が活躍しやすい職場環境

女性にとって長期的に関わりやすい職場環境であることも、トリマーの魅力です。

トリマーは基本的にペットショップや動物病院が開業している時間を中心とした勤務になるため、朝から夕方までが勤務時間になります。

早朝出勤や深夜残業、泊まり込みの仕事は、よほど特別なケース以外はありません。

さらに個人の店舗に雇われることが多いため、他県への出張や転勤もほぼないでしょう。

こうした働き方は、家事や育児と仕事を両立させたいと考えている女性にとっては好都合となるはずです。

正社員としてフルタイム勤務ができない場合も、パートタイムやアルバイトで短時間勤務をする選択肢もあります。

独立・開業も可能

トリマーはスキルが評価される世界なので、力をつければ独立開業することも可能です。

自分がビジネスオーナーとなり、理想のサロンやサービスを作ることができます。

決して楽な仕事ではありませんが、スキルを磨くことで長く自由なスタイルを選んで続けていける職業の一つだといえるでしょう。