フラワーコーディネーターになるには? 必要な資格はある?

フラワーコーディネーターになるまでの道のり

フラワーコーディネーターは、特定の学歴や資格を必要とする職業ではありません。

植物に関する豊富な知識や、花を美しく組み合わせることができる優れたセンスがあれば、誰でも自由に活躍することが可能です。

しかし「知識やセンスを独学で学ぶのは難しい」と考え、多くの人が高校卒業後にフラワーコーディネートを学ぶ学校に通うか、実際に花屋や園芸ショップで働いて先輩の指導を受けながら修行をしています。

専門学校では花に関する知識はもちろん、パソコンスキル、独立してからの心得など幅広く学ぶことが可能です。

また実際に働きながら学ぶ場合には、尊敬する師匠や先輩の元でアシスタントとしてキャリアをスタートさせ、一人前のフラワーコーディネーターを目指します。

フラワーコーディネーターになるまでのルート

フラワーコーディネーターの資格・難易度

フラワーコーディネーターになるのに、絶対必要な資格はありません。

しかし植物を取り扱うノウハウや知識があることを示す証明として、活用されているものがいくつかあります。

代表的なものは、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会が主催している「フラワーデザイナー」の資格です。

1967年から始まり業界内で広く認知されている資格で、協会の公認スクールで学んだあと、フラワーデザイン全般に関する学科試験と実技試験に合格すると資格取得ができます。

3級から1級までグレードが分かれていて、合格率は2級と3級がほぼ100%、1級は80%ほどなので、きちんと学んでいれば難易度はそれほど高くないでしょう。

参考:公益社団法人日本フラワーデザイナー協会 フラワーデザイナー資格検定試験

また国家資格として「フラワー装飾技能士」があり、職業訓練校で学習した人たちが資格取得できます。

参考:厚生労働省 技能検定職種一覧表(130 職種)

さらに花に関する資格以外にも、色とりどりの花を美しく組み合わせていくための色彩感覚を磨くための「色彩検定」も取得している人が多いです。

参考:公益社団法人色彩検定協会 色彩検定について

お客さまへの接客スキルを磨ける「販売士検定」や、いずれ独立開業するために「簿記」や「ビジネス会計検定試験」の勉強をする人もいます。

参考:日本商工会議所 販売士検定

参考:日本商工会議所 簿記

参考:日本商工会議所 ビジネス会計検定試験

フラワーコーディネーターになるための学校の種類

フラワーコーディネーターになるための学校は、民間の専門学校に通うのが一般的です。

「フラワーデザイン科」「園芸デザイン科」「フラワーコーディネート科」などの名称で、園芸や植物に関して学べるコースのある専門学校が全国にあり、学費は学費は初年度80万円〜150万円ほどとなります。

特に結婚式のフラワーコーディネートの勉強に特化したい人は、「ブライダルフラワー専攻」などのブライダル専門の学科のあるブライダルスクールに入学するのもよいでしょう。

専門学校での履修期間は1年か2年で、植物の取り扱いに関する基本的な知識から、生花を使ったコーディネートのスキル、独立してショップを開く場合の心得まで幅広く学べるのが特徴です。

専門学校以外の場所では、カルチャースクールの教室に通ったり、通信教育を受講したりして、フラワーコーディネートについて学ぶ方法があります。

学費は専門学校より安いことが多いものの、こうした講座は講師や受講生のレベルがまちまちで、趣味としてやっていけるぐらいの知識や技術しか得られないこともあるので注意が必要です。

事前にしっかり、どの程度のことが学べるのかレベルを確認しておいたほうがよいでしょう。

フラワーコーディネーターになるための学校(大学・専門学校)

フラワーコーディネーターに向いている人

フラワーコーディネーターに向いている人は、花や植物のことを大好きな人が向いています。

花を美しく長持ちさせるためのスキル、花が咲く時期やその花の歴史、花言葉を知っていなければ冠婚葬祭の際に最適な花を選ぶことができないからです。

また美しい花束を作るには、抜群の色彩感覚が欠かせないため、優れたデザインセンスを持っていることも求められます。

クライアントがお祝い事やイベントにかける想いを丁寧に聞き出し、よい演出をするためには、細やかな気配りができることも大切な素質です。

これらの能力や素質がある人が、実力を発揮して活躍のチャンスを多くつかめるでしょう。

フラワーコーディネーターに向いている人・適性・必要なスキル

フラワーコーディネーターのキャリアプラン・キャリアパス

フラワーコーディネーターとして一人前になるには、長い道のりが必要です。

そのため尊敬できる師匠や先輩を見つけて、弟子入りすることで実践的な勉強をする人たちもいます。

まずはアシスタントのコーディネーターとして、花の取り扱い方や組み合わせのセンスなどを学んだり、結婚式場などに一緒に会場入りして作業を手伝いながら、徐々にステップアップを目指すのです。

実力がついてきたら簡単な装花やフラワーギフトを任せてもらえるようになりますが、10年経っても半人前と考える人もいる職業ですから、常にセンスを磨き、勉強し続ける姿勢が大切でしょう。

経験を積んだ先には独立開業してさらに大きなイベントの装花を担当して腕を試したり、自分の店を持ったり、後輩を育成するためのレッスンをしたりと、たくさんのキャリアプランを描くことができます。

フラワーコーディネーターを目指せる年齢は?

フラワーコーディネーターに年齢制限はないため、何歳からでも目指すことができます。

現在活躍しているフラワーコーディネーターの人の中には、25歳前後に異業種の会社を辞めて、一念発起して目指した人もたくさんいるようです。

フラワーコーディネーターを募集する求人を見てみても、年齢制限を設けている企業はほとんどありません。

ただし10キロ以上ある重いバケツを移動させたり、大きな装花を何度も往復して会場に運びいれたりするなど、体力勝負の重労働の仕事です。

そのため記載はされていなくても、採用する店舗や会社の多くは、20代や30代半ばのスタッフを採用したいと考えています。

フラワーコーディネーターを目指すには、なるべく若くて体力に自信があるうちに目指すのがよいでしょう。

フラワーコーディネーターは高卒から目指せる?

フラワーコーディネーターは高卒から目指すことが可能です。

「専門学校に通うお金がない」という人や、「現場で実践的な知識を身につけたい」という人は、学校に行かずに花屋や園芸ショップに就職し、働きながら経験を積む道もあります。

ただし、最初から正社員として雇ってもらえることは珍しく、まずはアルバイトやパート、契約社員として就職をすることが多いようです。

アシスタントとして販売や接客をしながら、植物に関する知識を身に付けたり、先輩のコーディネートのワザを教えてもらって学びます。

仕事ぶりを認められるようになるとコーディネートを任せてもらえるようになり、やがて正社員に登用されるケースもあるでしょう。

もちろんそうなるまでに何年もかかることもありますし、下働きばかりで大事な仕事を任せてもらえないまま時間が過ぎるリスクもあるので、働く店は慎重に選ぶことが大切です。

フラワーコーディネーターは男性でもなれる?

フラワーコーディネーターは女性のイメージが強い人もいるかもしれませんが、男性でもなることができます。

若い女性に人気のある職業ですが、フラワーコーディネーターの世界は男女比が5対5ともいわれていて、多くの男性が活躍しているのです。

基本的に男女で給料や待遇に差はなく、スキルや実力次第で活躍することができます。

仕事の性質上、体力が必要なので、力があるという点では男性の方が有利に働くことができるかもしれません。

日本だけでなく、海外でも評価されている男性のフラワーコーディネーターの先輩も大勢います。