「ブリーダー」とは

ブリーダー_画像

動物の繁殖や改良を専門的に行う。特定の血統を守り、次の世代へ引き継がせていく。

動物の繁殖や改良を職業としている方を一括してブリーダーと呼びます。

趣味が高じて少数の動物を扱う家庭的なものから企業として多くの種類を扱う大規模なものまでさまざまです。

ブリーダーになるための資格はありませんが、開業し販売する際には「動物取扱責任者」の資格が必要になることがあります。

ブリーダーとして企業に就職するというのは難しく、独立開業がメインとなります。

開業となると「取り扱う動物の種類」や「親となる動物の保有数」など、規模の大きさで収入は異なります。

生き物を扱う仕事です。

収入よりもやりがいを求める方、動物たちの成長を生きがいにできる方、生き物を扱うという強い責任感や倫理感を持てる方がこの職業には求められます。

「ブリーダー」の仕事紹介

ブリーダーの仕事内容

動物の飼育・繁殖・流通などを担当

ブリーダーは、血統書付きの犬や猫など、ペットの飼育・繁殖・流通を専門とした職業です。

仕事内容としては、生まれた赤ちゃんのお世話・産後の母親の健康管理を含む、日常的な動物の飼育がメインです。

交配から出産まで全てを担当し、繁殖させた健康な動物をペットショップなどの市場に流通させたり、個人で直接販売を行ったりします。

また飼い主の相談を受けたり、しつけ方・飼い方の指導を行うこともあります。

中にはトップブリーダーとしてコンテストや展覧会に参加したり、品種改良の研究を行っている人もいるようです。

生物の命を請け負う仕事ということ、さらに交配をする際には遺伝的な疾患を極力防がなくてはならないため、深い知識と経験が必須です。

生活が動物中心になるので、動物と一緒にいるのが苦でない人に向いています。

ブリーダーの就職先・活躍の場

ペット業界または個人での活躍がメイン

活躍の場は、主にペットショップや動物病院など動物に関連する職場です。

ブリーダー業をやっている企業でも、「アシスタント」としてスタッフを募集していることがあります。

ただ出産・赤ちゃんの飼育・母体の健康管理・子供の流通などの業務を大規模に行うのは難しいとされており、個人で繁殖や販売を行っているブリーダーが多いです。

中には、個人で好きな動物を繁殖させて育てたいと、保健所にて「動物取扱業」の登録を行い活動している副業ブリーダーもいます。

ブリーダーの1日

動物の様子を見ながらの稼働

企業に勤めるか、個人で開業するかによっても1日の勤務の流れは大きく変わってきます。

たとえば、犬専門ブリーダーの1日の業務例としては以下のような流れです。

08:00
犬達の様子を確認・排泄処理・食餌・ハウス清掃など

10:00
犬達の運動やお手入れ

12:00
昼休憩

13:00
犬達の運動やお手入れ

16:00
犬達の様子を確認・排泄処理・食餌・ハウス清掃

21:00
犬達の様子を確認・排泄処理など

21:30
業務終了

この合間合間で時間が取れそうな時に顧客対応を行い、出産を控えている動物がいれば出産関連の業務も優先的に行います。

ブリーダーになるには

知識と信頼性の証である資格取得を推奨

ブリーダーという職業に就くのに、必ず資格が必要というわけではありません。

しかしブリーダーの仕事でお金を得たいなら、動物・交配・繁殖・飼育などの専門的な知識や経験がどうしても必須になってきます。

独学だけでなく専門の教育機関や通信講座などを通して、ブリーダー関連の資格を取得しておくとブリーダーとしての信頼性アップにも繋がります。

また、すでにブリーダーとして活躍している人に弟子入りし、技術を学び経験を積むといった方法もあります。

ブリーダーの学校・学費

知識をつけるために学校に通う選択肢も

ブリーダーになるのに、指定の大学や専門学校に通ったりする必要はありません。

学歴関係無く就くことができる職業ですが、ちゃんと仕事としてやっていけるだけの知識は必須です。

特に動物の生態・飼育方法・交配方法・流通などは、独学だけでの知識取得はなかなか大変です。

その為動物関連の専門学校や、通信講座などを通して勉強している人は多いです。

ブリーダーの資格・試験の難易度

資格の取得自体はそこまで困難ではない

ブリーダーの代表的な資格は、「ペット繁殖指導員」という「一般社団法人日本ペット技能検定協会」が認定している民間資格です。

指定のカリキュラムを修了することでライセンスの取得が可能となり、通学だけでなく通信講座で取得できるものもあります。

受験資格は特に必要なく、合格ラインも70%以上ということもあり、しっかりと勉強してから受験すれば決して難しい資格ではないといわれています。

ブリーダーの給料・年収

雇用形態により大きく変わってくる

ブリーダーはその実力や雇用形態によって、給料や収入も大きく変わってきます。

たとえばブリーダー事業を行う企業の正社員と、コンテストなどに参加して受賞を目指すトップブリーダーとでは、年収に大きく差がでてくるでしょう。

ただ、動物に関連する企業というのは賃金がそこまで高いわけではなく、30代前半での平均年収は400〜500万あたりであるといわれています。

また個人開業の場合は動物を飼育する為の経費が大幅にかかってくるため、軌道に乗るまでは毎月の収入が予想できません。

ブリーダーのやりがい、楽しさ

動物を愛する人ほどやりがいを強く感じられる

ブリーダーの楽しさや魅力といえばやはり、元気な子犬や子猫を世の中に送り出し、多くの人に新たな出会いと喜びを与えられるという点です。

自分が手塩にかけて育てた動物の出産に立ち会い、新しい命の誕生をその目で見ることができる感動は、この職業でしか得られないものでしょう。

動物の命を預かることの責任の重みが、よりやりがいと達成感を際立たせます。

ブリーダーのつらいこと、大変なこと

生き物を扱う仕事特有のつらさを味わうシーンも

動物の種類ごとの生態や、生き物を繁殖させるための幅広い知識を付けなければならないのがまず大変なポイントです。

さらに生き物相手の仕事ですから、基本的には四六時中注意を払っておく必要がありますし、清掃作業や室温管理なども徹底しなくてはなりません。

動物の死に直面することも多いですし、奇形の子供が生まれてしまうなどでストレスを感じてしまうシーンもあります。

強い心を持って業務にあたる必要があります。

ブリーダーに向いている人・適性

動物への愛と責任を忘れずに仕事ができる人

ブリーダーに向いている人の必須条件として、「毎日の動物の世話や健康管理を責任持って行えること」というものがあります。

と言うのも、最近は無理な交配をさせたり、動物の衛生管理・健康管理をまともに行っていないというブリーダーが問題視されるようになってきました。

よって動物を単なる「商品」として扱わず、我が子のように愛情を持って接することができる人がベストでしょう。

また取り扱う動物の血統・交配・飼育に関する深い知識を身につけたり、飼い方の指導をきちんとアドバイスできるというのも必須条件です。

ブリーダー志望動機・目指すきっかけ

動物の飼育が好きで生業としたいケースがほとんど

やはり根本的な志望動機としては、もともと動物が好きで、動物と触れ合える仕事に就きたかったからという人が多いです。

動物に囲まれた生活に慣れていて飼育や健康管理も苦にならず、楽しんで仕事ができるというのは、確かにブリーダー向きであるといえます。

ブリーダーからペットを購入したことをきっかけに、動物を育てて世に出すブリーダーという仕事を知り、憧れを抱くというケースもあります。

ブリーダーの雇用形態・働き方

入社後はまず下積みから。ゆくゆくは開業する人も

ブリーダーとして未経験のうちは、ベテランブリーダーに弟子入りして経験を積むのが一般的です。

その雇用形態は職場によって変わりますが、多くの場合はアシスタント係として下積みから始めることとなります。

近年ではネット技術・ネットサービスの普及によって、ペット仲介業者を介さずに直接的な取引を行えるようになっています。

そのため、個人開業のブリーダーは今後もどんどん増えていくと予想されます。

ブリーダーの勤務時間・休日・生活

動物ありきの生活スタイルに

ブリーダーは比較的個人開業している人が多い傾向で、会社勤めではないため基本的に年中無休で働きます。

というのも、業務的に動物の飼育と体調管理は徹底しなければならず、さらに多頭飼いを行うこともあり、普通にペットを飼うより何倍も大変です。

生活が動物優先になるので、ひと段落着いたのを見計らって食事や家事など自分のことを行います。

当然ながら連休は取りづらく、仮に自分が体調を崩して寝込んでしまったとしても、代わりに動物のお世話をしてくれる人がいないとゆっくり休むことも難しいでしょう。

ブリーダーの求人・就職状況・需要

アシスタントであれば需要は多い

求人雑誌などを見ても、ブリーダーの募集というのはあまり目立っては行われていません。

ただブリーダーの需要そのものはある方なので、アシスタントを募集している個人ブリーダーやブリーダー事業所などは比較的多いようです。

近道としては、インターネットなどでブリーダー募集をしているサイトをくまなく探すなどのマメな努力が必要です。

ブリーダー関連の資格を持っていると、ブリーダー業界に関する知識はあるものと見なされるため、採用率は上がるでしょう。

ブリーダーの転職状況・未経験採用

ハードルは低め、ただ業務に専門知識は必須

ブリーダーは国家資格が必要な職業に比べれば、転職のハードルそのものは低めです。

しかし動物の生態・飼育方法・交配・繁殖などの知識を身につけていないことにはまったく仕事になりません。

ペット関連企業にブリーダーとして転職したい場合は、「ペット繁殖指導員」の民間資格を持っていれば未経験であっても強力な武器になります。

職場や雇用形態によっては、犬や猫の飼育経験がある人が有利になる場合もあるようです。

ブリーダーの現状と将来性・今後の見通し

ブリーダーが重宝されるペット業界

日本におけるペット業界の市場規模は大きいため、動物の繁殖と流通どちらも引き受けられるブリーダーの需要や将来性は、比較的高めとみて良さそうです。

個人であれ企業であれ、ブリーダーとして身に付けた経験を生かせば、ペット業界への就職・転職に大いに役立つでしょう。

近年は動物の命を蔑ろに扱う悪質なブリーダーも一部いるようなので、より動物への愛情と責任を持って業務を行うことが重要視されています。