このサイトはブリーダーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ブリーダー」

仕事内容
ブリーダーは、動物の繁殖や改良を専門に行う仕事です。特定の血統を守り、資質などを考慮しながら次の世代へ引き継がせることがブリーダーの主な役目となっているものの、中にはショーやコンテストへ出場させる犬や猫の育成をメインとして行う人もいます。独立して活躍することもできる仕事ですが、特に犬の場合は遺伝性疾患にも留意しなければならず、飼育管理についての知識とノウハウが必要となります。
なるには
ブリーダーは、特別な資格が必要な仕事ではありません。ブリーダー養成の専門学校で学ぶ人もいますし、トップブリーダーとして活躍する人の下で直接仕事を覚えていく人もいます。就職先はペットショップが中心となり、独立開業もできる仕事ですが、ある程度の知識や技能が身につくまでは難しいでしょう。なお、ブリーダーとして動物の販売を行う場合は、都道府県に対して「動物取扱業」の届け出が必要となります。
給料
ペットショップなどを運営する大きな企業で働く場合は、年収300万円~400万円程度が相場となっています。ただし、勤務先によって給料も待遇もかなり差が出る仕事であり、中には年収200万円程度しか稼げない人もいるようです。トップブリーダーとして独立開業し、成功すれば1000万円以上の収入を得ることも可能ですが、動物の食事代やワクチン代、繁殖・出産費用などコストがかかるため、経営力が必要となります。
将来性
2006年に動物愛護管理法が改正され、「動物取扱業」の登録が必須となったことを機に、悪質なブリーダーは減少しつつあります。一方、ペットブームはまだまだ続いており、ブリーダーの仕事を目指す人は今後も増えていくものと予想されています。ブリーダーに対する世間の目が厳しくなっている中、適切な飼育方法や繁殖・育成に関する知識を有し、生まれてくる動物に対する強い責任感を持った人材が求められています。