ドッグトレーナーとして独立・開業するには?

フリーランスのドッグトレーナーの働き方・仕事内容

ドッグトレーナーは企業に所属するだけでなく、フリーランスで働くこともできる仕事です。

独立する場合、自らしつけ教室を開業して経営していくこともあれば、お客さま(飼い主)の自宅へ出かけ、お客さまが飼っている犬のしつけを行う「出張トレーニング」といった形をとる場合もあるなど、そのスタイルは自由です。

ドッグトレーナーとして開業する際には、動物を扱うので「第一種動物取扱業」の届け出をしなくてはいけません。

しつけ訓練のほか、ペットホテルやペット販売、ペットシッター、トリミングなどの行為も該当します。

自宅で開業したとしても、届け出が必要になるので注意しましょう。

なお、自治体によって届出の申請先が異なるため、お住いの地域の自治体に確認してください。

環境省 第一種動物取扱業者の規制

フリーランスのドッグトレーナーになるまでのキャリアパス

フリーランスのドッグトレーナーになるには、必ずこの道を進まなければいけないということはありません。

ドッグトレーナーには国家資格もないため、専門学校を卒業してからすぐに独立することも可能です。

しかし数多くのしつけ教室が登場しているなかで、独立・開業して成功するのは簡単なことではありません。

きちんと計画を立てないまま勢いで独立してしまうと、仕事もない、収入もないで孤立無援の状態に陥ってしまう可能性もあります。

多くのフリーランスのドッグトレーナーは、しつけ教室やドッグトレーニングを行うペットショップなどで働きながらキャリアを積み、スキルを身につけ自信がついてから独立した人が多いようです。

ドッグトレーナーだけでなく、ペットシッター、自宅で預かるペットホテル、ペットの訪問介護などの仕事の幅を広げることで安定的な収入を得ることも可能になるため、視野を広げることも大切でしょう。

ドッグトレーナーとして技術を磨くことはもちろんですが、お客さまを集め、売上を安定的に上げていくためには「経営者」としての勉強も必要です。

フリーランスのドッグトレーナーのメリット・デメリット

フリーランスになるメリットは、自分の時間を自由に使いやすいことが挙げられます。

会社員であれば決められた時間に出社し、毎日だいたい同じ時間帯で働いて、決められた日に休まなければいけません。

一方、フリーランスの場合は平日に休もうが週末に休もうが関係ありません。

土日の方がお客さまが多いと思えば平日に休み、週末はフル稼働することもありえますし、自分のスケジュール次第で仕事量を調整することも可能です。

ある程度まとめて休み、海外へドッグトレーニングのレッスンを受けにいったというトレーナーもいます。

お客さまから高評価をいただければ単価アップをして稼ぐことも可能で、自分一人では抱えきれないほどの仕事が集まるようになれば、会社を立ち上げて従業員を雇い、経営者として働くこともできるでしょう。

がんばり次第でどんどん上を目指していけます。

一方デメリットは、オーナーとしてすべての責任を負わなければいけないことです。

万が一お客さまとのトラブルが起きてしまった場合は、責任者として責任を取る必要があります。

集客や営業も自ら行わなければいけず、集客が上手にできなかったり、リピーターのお客さまがついてくれなければ、収入がダウンしてしまうこともあるのです。

フリーランスのドッグトレーナーの給料・年収

フリーランスのドッグトレーナーとして成功すれば、給料や年収はアップは見込めます。

就職している場合の初任給は13~18万円ほど、平均年収は200~350万円ほどが一般的なので、それ以上の計算です。

企業に社員として勤める場合と異なり、自分の給料は「トレーニング代」といった形で直接お客さまからいただくことになります。

単価は「1回の出張あたりいくら」と設定していることが多く、1回1時間のトレーニングで4,000円~5,000円が一般的です。

人気のドッグトレーナーになり仕事量が増えれば増えるほど、収入もアップします。

ドッグトレーナーはまだそれほど恵まれた待遇が保証されている仕事とはいえませんが、自分の努力次第では、よい収入と安定を得ることも可能です。