「動物看護師」の仕事とは

動物看護師の仕事内容

動物看護師は、動物病院などで動物の診療や治療を行う獣医師のサポートを行う仕事です。

受付や診療補助、検査、入院中の動物の看護、手術補助、調剤など、その業務は多岐に渡ります。

また、不安を抱える飼い主に対し、獣医師との間に立って病状をわかりやすく説明することも大事な役割です。

個人病院のほか、動物保護施設や救急病院などが主な活躍の場で、中には家畜など大きな動物の診療を行うところもあります。

動物看護師になるには

動物看護師は、「看護師」のように国家資格が必要な仕事ではありません。

ただしこれからは、大学、短大、専門学校で動物看護学を学び、2012年(平成24年)から実施されている「動物看護師統一認定試験」を受けて認定を受けた人が、動物看護師として働く一般的な形になると言われています。

就職先は、獣医師が複数いる大病院や個人経営の病院を中心に、ペットショップ、動物関連企業などがあります。

動物看護師の給料・年収

動物看護師の給料は、常勤の場合、300万円~350万円程度が平均的なようです。

長時間労働になりがちでありながら、高収入とは言い難い仕事であるため、仕事そのものにやりがいを感じられないと続けていくのが難しいかもしれません。

大きな病院では福利厚生が充実していることも多く、24時間体制の病院の場合、基本的に夜勤手当がつきます。

病院の種類や勤務先によって待遇も労働環境も大きく異なるため、事前の確認が必要です。

動物看護師の現状と将来性・今後の見通し

個人病院や大病院だけでなく、ペットホテルやサロンを併設する病院など、動物病院の特徴はさまざまなものとなっています。

そのため、動物看護師としても勤務先の環境に合わせて柔軟に対応するできる人材が求められています。

ペットを飼う人が増え、動物病院の需要も高まる中、専門知識とスキルを持った動物看護師のニーズはさらに高まるでしょう。

将来的には公的な資格ができる可能性もあり、待遇面での改善が期待できるかもしれません。