獣医師の仕事内容

獣医師の仕事とは

医師の仕事は、主に病気や怪我などを抱えて動物病院にやってくる動物の診療を行ったり、水族館や動物園などで動物・生物たちの体調を管理する仕事です。

獣医師と聞くと、犬や猫などのペットの治療を行う「動物病院のお医者さん」といったイメージが強いですが、それ以外にもたくさんの現場で活躍しており、仕事内容も幅広いものとなっています。

たとえば活動する領域によって、以下のような仕事があります。

・牛、馬、豚、鶏など家畜の診療や病気の予防、食肉の安全検査をして畜産業を支える
・動物園で動物の診療や健康管理、繁殖活動をサポートする
・野生動物の保護や管理を行う

働く場所も動物病院や動物園、国家公務員地方公務員など幅広い選択肢から選ぶことが可能です。

ひとくちに獣医師といっても、活動領域が幅広く、動物の命や私たちの健康的な生活を支えるための多種多様な仕事をすることができます。

獣医師の業務の内容

獣医師の業務内容は、獣医師の職別ごとに見ていきましょう。

獣医師のグループを大きく分けると、小動物と大動物を対象にする「小動物臨床獣医師」「産業動物臨床獣医師」「国家公務員」「地方公務員」の4つに分けることができます。

小動物臨床獣医師

小動物臨床獣医師は、いわゆる動物病院でペットの診療を行う獣医師です。

獣医師を目指す人の多くは、この「小動物臨床獣医師」を希望しています。

中には「犬」「猫」など特定の動物だけを診る病院もありますが、多くの動物ではさまざまな動物を総合的に診断するのが一般的です。

また同じ犬や猫であっても、さまざまな種類があるため、1人で犬や猫を診断できるまでには2年以上は必要だといわれています。

特に近年は、ペットブームからウサギやハムスターなどの診察も増えており、幅広い動物の知識が求められるでしょう。

産業動物臨床獣医師

産業動物臨床獣医師は、大型の動物を対象とする獣医師です。

レースに出る競走馬がいる競馬の関連施設や、水族館や動物園といった動物が多く暮らす施設で活躍しています。

動物の体調管理は出産などのケア、応急処置など、その施設にいる大動物を診察することが仕事です。

国家公務員としての獣医師

国家公務員としての獣医師は、厚生労働省や農林水産省で働いています。

海外からやってくる食品・動物などの病原菌や、毒物を国内に流出しないように防止することが主な仕事です。

過去にニュースでも話題なった、BSEや口蹄疫などの感染やその拡大を防ぐための重要な役割を担っています。

動物の診療のみならず「検査」に関しても専門知識を持つ必要があり、まさに「獣医師のエキスパート」とも呼べるでしょう。

地方公務員としての獣医師

都道府県の施設などで「地方公務員」として活躍する獣医師もいて、仕事内容は検査がメインです。

たとえば家畜の食肉衛生検査では、家畜が健康に育つように病気の予防や治療を行うことで、家畜の発育や繁殖などを助けます。

これらは畜産農家の経営を支えるとともに、消費者が安心して食肉を口にできるようなサポートにつながるのです。

また「家の前で猫が倒れている」「近所のペットショップの動物がぞんざいに扱われている」といった住民トラブルへの対応、狂犬病予防の予防接種なども行っています。

自治体で管理している動物施設、動物園や水族館などに配属されることもあります。

獣医師の役割

さまざまな動物の診療を行う

獣医師の役割は、人間以外の動物の診療を行うことです。

犬や猫などの身近なペットも含めて、牛、豚、鶏などの家畜動物、動物園や水族館で暮らす生き物、競馬に出馬する競走馬、さらには保護が必要な野生動物まで実にさまざまな動物を相手にします。

獣医師免許を持たない人が「私は獣医師です」と名乗ったり、獣医師として仕事をすることは法律で禁じられており、人を診察する医師と同じように国家試験を受けて「獣医師免許」の取得が求められる仕事です。

家畜や私たちの健康を支える

獣医師の中には、家畜動物を相手にし、農林水産分野で活躍する獣医師もいます。

獣医師には「動物の診療や保健衛生指導などを通して、動物の保健衛生、畜産業の発展、公衆衛生の向上に寄与すること」という大きな使命がありますが、その原点とも言える仕事です。

もし家畜動物が伝染病にかかってしまったら、畜産で生計を成り立たせている農家さんたちは致命傷を負い、人間にも大きな影響を及ぼす可能性があります。

私たちが今当たり前に口にしている牛肉や豚肉は、どれも健康な牛や豚からできあがったものです。

伝染病を未然に防ぐためにも、家畜衛生分野に精通する獣医師の存在が不可欠となっています。

動物と人間が安心して生きられる社会づくり

動物と人間が安心して生きられる社会づくりを行うことも、獣医師の大きな役割です。

中には「公衆衛生獣医師」と呼ばれる職種があり、流通する食肉に問題がないか検査をしたり、捨て犬・捨て猫などの動物愛護に携わったり、狂犬病などの動物と人間に共通する感染症対策を行っています。

また動物園や水族館などで動物の健康チェックや治療にも獣医師が活躍していますし、NPO法人などで希少な野生動物の保護に携わる獣医師もいるのです。

獣医師はただペットの病気を治すだけではなく、私たち人間が地球上でさまざまな動物と共存、共生できるように、社会を作っているといえるでしょう。

獣医師の勤務先の種類

獣医師の勤務先

平成30年時点において獣医師の勤務先として最も多いのは、個人の動物病院などで働く「個人診療施設」の17,776人でした。

獣医師全体に対する割合は、44.8%と約半数を占めます。

次の多いのが農業協同組合や製薬企業などに勤める「民間団体職員」の7,954人、続いて農林畜産・公衆衛生の行政機関や検査センターで働く「都道府県職員」の6,953人、「市町村職員」の1,952人、1番少ないのは「国家公務員」の511人でした。

獣医師の勤務先は、動物病院などの個人診療施設を筆頭に、企業や公務員など幅広い選択肢があるといえます。

参考:農林水産省 獣医師の届出状況(獣医師数)

独立する獣医師も多い

勤務先の中でも最も多い動物病院で小動物の臨床にあたる獣医師の場合、将来的に独立し、自分で動物病院を開業するというケースも珍しくありません。

ただし動物病院の獣医師は非常に忙しく、急患対応や夜間の手術などで帰宅できるのは日付が変わってから、またほとんど寝る時間がないまま翌朝出勤といった毎日を送る人も多いです。

獣医師は専門知識や技能が求められる仕事だからこそ、独立開業に踏み切られるために、「自分一人でやれる」と自信を持てるだけの経験を積むことが必要になります。

獣医師として腕を磨き続けるのと同時に、動物や飼い主に愛され、信頼される豊かな信頼性があれば、長く活躍することができるでしょう。

獣医師の勤務先の種類・活躍の場

獣医師の仕事の流れ

獣医師は、なるまでに時間がかかる職業です。

獣医師系大学に6年間通い、国家試験の合格を目指して真面目に勉強しなければいけないため、「絶対に獣医師になるんだ!」という意思とモチベーションを保ち続けることが不可欠でしょう。

免許を取得できても、獣医師は医師のようにインターン制度が整っていないため、いきなり現場に入って仕事をこなしながら勉強を続けなくてはいけません。

しかも就職したばかりの頃は、先輩たちから雑用をたくさん頼まれることも多いです。

たとえば1年目は病院内の掃除や器具の片付け、タオルなどの洗濯といった雑用をミスなくこなせるようになったら、少しずつ先輩獣医師の補佐につけるようになります。

自分の勉強や後片付けなどは勤務時間後に行うため、帰宅はいつも遅くなり、朝は先輩よりも早く出勤して準備をするため寝不足になることも少なくありません。

休日もセミナーや学会に参加したり、専門書を読んで勉強したりと、あまりゆっくりできない日々を送ることになるでしょう。

実はこうした新人時代の厳しさに耐えきれず、わずか1年や2年ほどで現場を離れてしまう人も少なくありません。

せっかく時間とお金をかけて獣医師になったにも関わらず、この道を進み続けることにを辞めてしまうのはもったいないことです。

いま第一線で活躍する獣医師たちも「新人時代は逃げ出したい瞬間がなんどもあった」と話す人が多いので、最初の数年間は厳しいのが当たり前だと思って、取り組む姿勢が大切でしょう。

獣医師は一人前になるまでにはとにかく修行が必要だという、強い気持ちと希望を持って乗り越えると、自分が目指す獣医師の姿へと近づけるはずです。

獣医師と関連した職業

獣医師と動物看護師の違い

獣医師と関連した職業に「動物看護師」がありますが、動物看護師は主に動物病院で獣医師のサポートをする仕事です。

手術や治療の手伝いをしたり、検体検査や体温、脈拍の測定を行うなど、獣医師のサポート役を担っています。

そのため、獣医師と一緒に仕事をすることが多い職業といえるでしょう。

動物看護師になるために必ず資格は必要ではありませんが、民間資格として動物看護師統一認定機構の「認定動物看護師登録証」を取得を目指す人が多いです。

参考:動物看護師統一認定機構 資格について

2019年6月には動物看護師を国家資格とする法律が制定されたため、早ければ2023年に第1回の国家試験が実施される予定になっています。

動物看護師の仕事

獣医師と動物飼育員の違い

動物飼育員は、動物園や水族館などで暮らす動物の体調管理や世話を行う仕事です。

来園者に元気な動物の姿を見せるために、動物たちが快適に過ごせる環境作りを行います。

動物園や水族館では、獣医師と協力しながら動物たちの健康管理や繁殖活動をサポートする場面もあるでしょう。

動物飼育員になるために特に資格はいりませんが、獣医師免許や学芸員の資格があると有利になるともいわれています。

動物好きな人にとっては憧れの職業として人気が高く、採用されるには高い倍率をくぐり抜けなければいけません。

最近では働きやすい環境が整ってきたことから、女性飼育員の活躍も目立ってきています。

動物飼育員の仕事