このサイトはドッグトレーナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ドッグトレーナー」

仕事内容
ドッグトレーナーは、主にペットとして飼われている犬のしつけや訓練を行う仕事です。飼い犬は、無駄吠えをしたり人を噛んでしまったりすると、人間と一緒に暮らすことが難しくなってしまいます。そのため飼い主から犬を預かり、きちんとしつけができるまで訓練をするほか、飼い主にしつけの仕方をアドバイスすることもあります。代表的な活躍の場はペットショップやしつけ教室、また警察犬学校や盲導犬協会で働く人もいます。
なるには
ドッグトレーナーには、民間資格として「ドッグトレーナーライセンス」がありますが、資格が絶対に必要なわけではありません。ドッグトレーナーの専門学校や通信講座で学んだのち、就職を目指す人が多いです。正社員としての求人数はあまり多くありませんが、いくら学校などで勉強して知識を身につけても、実践を積まなければ覚えられないことも多々あるため、まずはアルバイトからでも働けるところを探すとよいでしょう。
給料
ドッグトレーナーは、さまざまな企業や施設で働いているため、給料や待遇にもだいぶ差があります。ペットショップなどでは月給18万円前後が一般的ですが、警察犬訓練所では住み込みで働いて月給は10万円程度ということも多く、あまり良い収入が得られる仕事とは言えません。ただし、将来的には自分でしつけ教室を独立開業することもできる仕事です。もし成功すれば、大きな収入が得られるようになるでしょう。
将来性
最近は、犬の生後間もない頃からきちんとしつけを行いたいと考える飼い主が増えており、ペット犬を対象とするトレーナーは、今後さらに需要が高まっていくものと考えられます。ペット共生型のマンションも増えているため、トレーナーの活躍の場はますます広がっていくでしょう。また、この仕事のスキルを生かし、警察犬や盲導犬の訓練士を目指すこともできます。独立開業も可能で、働き方の選択肢は広いと言えます。