「気象予報士」の仕事とは

気象予報士の仕事内容

データをもとに天候を予測する仕事

気象予報士は、気象に関するさまざまなデータを収集し、天候を予測する仕事です。

気象庁から提供される各地の観測データや気象レーダー、アメダスなどの情報を分析し、天気・気温・湿度・降水確率などを予想します。

天候の予測は、一般の方の日々の生活に役立つのはもちろんのこと、企業でもさまざまな場所で活躍されています。

気温によって売れ行きが変わる季節商品の仕入れ数や、レジャー施設の入場者数予測、漁業や農業などなど、幅広く天候のデータが利用されています。

天候の予測を間違えば、多くの人に影響があり、さらには人の命に関わることもあるので、非常に責任のある仕事といえます。

それだけ重要な仕事であるだけに、気象予報士の資格を持っていない人が、業務として気象を予報することは法律で禁止されています。

気象予報士の就職先・活躍の場

さまざまな場所で活躍している

気象予報士の多くは、気象庁や自衛隊などの公的機関や、民間の気象会社に勤めています。

そのほかに、一般企業に所属し、企業のために転向を予測する気象予報士もいます。

気象予報士といえば、テレビやラジオなどで活躍するお天気キャスターを想像する人も多いですが、これは必ずしも気象予報士の資格を持っている人ではありません。

実際の気象予報士が登場して解説することもありますが、その多くは裏方としてキャスターのための台本をつくっています。

気象予報士1日

勤務先によって大きく異なる

気象予報士は、どこに勤務するか、どんな仕事を担当するかによって大きく異なります。

ここでは民間の気象会社に勤める気象予報士の一般的な勤務スケジュールをご紹介します。

9:00 出勤
気象庁から送られてきた気象情報をチェックします。

10:00 データ分析
クライアントの要望に合わせた気象予測を行うための情報を整理します。

12:00 昼食休憩

13:00 打ち合わせ
クライアントと細かい天気の変動を確認し、季節商品リリースのタイミングを検証します。

15:00 資料の作成
クライアントに提出する資料をまとめます。
ときには過去のデータをさかのぼって分析することもあります。

18:00 退勤

気象予報士になるには

「気象予報士」の資格が必要

気象予報士になるには、国家資格である気象予報士の資格取得が必要です。

気象に関する専門知識や天気図を読み取る能力が問われる試験で、専門的な勉強が必要です。

年に2度行われるこの国家試験は年齢制限がなく、2012年には「12歳」という史上最年少の合格者も出ています。

しかしながら、試験の難易度は高く、合格率はわずか5%程度と言われています。

気象予報士を雇用する気象会社の数が少なく、求人が少ないため、難関の気象予報士の試験に合格したとしても、気象予報士として働けるとは限りません。

気象予報士の学校・学費

一般の大学か気象大学校

気象予報士になるために特別な学歴は必要ありませんが、専門知識を学ぶために大学に進む人が多いようです。

ただし気象や地球について幅広く学べる大学は、いずれも有名大学に集中しており、狭き門となっています。

また、気象庁の将来の幹部候補を育成する期間として、気象大学校という期間もあります。

4年制で一般の大学と同じように一般教養と気象の専門科目を学ぶことができ、卒業後はほぼ自動的に気象庁に就職することができます。

気象予報士の資格・試験の難易度

年齢や学歴を問わずに受験できる

気象予報士の資格試験は基本的には誰でも受験可能なのが特徴です。

年齢や学歴、男女差の制限がないので、受けたいと思ったらいつでも受けることができます。

しかし、気象予報士の資格試験は一般的に難関であるといわれ、合格率は5%前後とかなり狭き門となっています。

試験制度の導入から20年近く経過した現在でも、国家資格であるにも関わらず資格取得者数は10,000人以下と少数です。

専門知識が問われるだけでなく、実技試験もある難易度の高い試験であり、独学の場合かなりの対策が必要です。

気象予報士の給料・年収

給料は勤め先によってさまざま

年収・給与はその勤め先によって大きく変わりますが、一般的には国家資格を持った専門職であるからといって高給が望めるというわけではありません。

一般企業や民間気象会社の場合、会社で規定された給料が支払われ、平均的な年収は、ボーナス込みで500万円から600万円前後の場合が多いでしょう。

また、メディア関係などの場合は、年俸制で300万円から500万円となっていて、一年ごとに契約を更新するパターンが多いでしょう。

また、自衛隊の気象予報官や気象庁職員などの国家公務員になる場合、年収はおよそ300万~500万ほどになるのが一般的です。

気象予報士のやりがい、楽しさ

人々の暮らしに密接に関わる仕事

気象予報士が発信している天気予報は、人々の暮らしに密接に関わります。

たとえば晴れの天気予報が出たら、子どもが外遊びをしたり、外出を楽しんだりする人たちが増え、商業施設やレジャー施設の売り上げが上がるでしょう。

雨の天気予報が出ていたら、傘を持って通勤通学し、農家は雨が降る前に農作物を収穫することができます。

天気が予測できることによって、人々はさまざまな恩恵を受けることができます。

気象予報士は、他の職業とは一味違う誇りとやりがいを感じられる職業といっても過言ではないでしょう。

気象予報士のつらいこと、大変なこと

常に最新の知識を身に付けなければならない

気象予報士の資格は、取得するまでに多くの勉強が必要とされています。

しかし、気象予報士はこの難関試験に合格して資格を取得した後も、一生勉強を続けなければいけない職業です。

気象は、その年や担当する地域によって大きく変わります。

近年では、地球環境のさまざまな変化により猛暑やゲリラ豪雨など、災害につながるような異常気象も増えています。

そうしたなか、原因の分析や今後の予測など、未知のデータに向き合っていかなければなりません。

気象のプロフェッショナルとして活躍するためには、常に新しい知識を習得し続ける努力が欠かせないのです。

気象予報士に向いている人・適性

情報の分析が得意

気象予報士の仕事の大半は、膨大な気象データの解析です。

近年ではAIにより自動で予測される部分も多いですが、気温・湿度・前線や気団の活動・雨雲の動きなどをチェックし、より精度の高い気象情報を導き出すには分析力が欠かせません。

多くの気象データを読み解き、解析していかないといけないので、筋道を立てて考えることのできる能力が必要になります。

文系の人でも気象予報士にはなれますが、理数系の能力が問われる仕事です。

集中して情報を集めたり分析したりすることができ、なおかつそれが苦ではないタイプの人が気象予報士に向いているといえるでしょう。

気象予報士志望動機・目指すきっかけ

天候への興味が最大のきっかけに

気象予報士を目指すきっかけは人それぞれですが、やはり多くの人の原点となっているのは天候への興味・関心です。

もともと空を眺めて、色や雲の形を観察するのが好きだったり、虹や蜃気楼のような気象現象に感動する出来事があったりなど、天候についてもっと知りたい・天候に関わりたい、という思いがきっかけとなる場合が多いです。

また、実家が農業や漁業など天候と密接に関わる仕事をしてため、天候に興味がわいたというケースや、レジャーやアウトドアスポーツが好きで、もともと気象情報の収集や分析をしていた人がプロを目指すというケースもあるようです。

気象予報士の雇用形態・働き方

多くは専門職のため正社員

気象予報士の多くは、専門知識を生かして働くため、ほとんどが正社員として雇用されます。

気象庁や自衛隊で勤務する場合は、国家公務員試験を受験し、国家公務員となります。

放送局などのメディアに勤める場合は、一年ごとの契約が多く、年俸制となることが多いです。

ただし、この場合も民間の気象会社から派遣されて放送局へ行く場合が多く、メディアと直接契約を結んで働く気象予報士は多くありません。

その専門性の高さからアルバイトや契約社員として働く人はほとんどないといってよいでしょう。

気象予報士の勤務時間・休日・生活

気象予報士の勤務時間は不規則

気象予報士は刻一刻と変化し続ける天候の情報を扱います。

そのため、朝夕の定時出勤・出社だけでなく、早朝勤務や深夜勤務など不規則な生活になりがちと言われています。

さらに、天気予報は24時間365日、常に休むことなく発信される情報のため、一般のサラリーマンのように土日祝日など定期的に休暇を取るのが難しくなります。

さらに大型連休や、桜の季節、雪の季節などは多くの人が天気予報に注目するため、気象予報士は多忙になりがちな実情があります。

気象予報士の求人・就職状況・需要

新たな活躍の場が増えつつある

近年では、民間の気象会社が増えてきたことで、公的機関よりもこうした企業の就職の募集が増えている傾向にあります。

インターネットが一気に普及し、天気予報は従来のようにテレビやラジオや新聞でチェックするだけではなく、スマートフォンでも気軽にチェックできるようになりました。

また、地域ごとに細かく天気を予測できるお天気アプリも急増し、いつでも誰でも簡単に天気予報を見ることができる環境が整ってきました。

こうした新しい気象予報サービスを陰で支えるために、民間の気象会社を中心に気象予報士の採用が増えつつあります。

気象予報士の転職状況・未経験採用

資格さえあればどんな仕事からでも転職できる

気象予報士の資格を取得するために特別な学歴は必要なく、さらに職歴に関しても関係ありません。

実際に気象予報士に転職した人のなかには、サラリーマンやOLから転職した人もいれば公務員や主婦から転職したケースもあり、実にさまざまです。

さらに、気象予報士の試験には、年齢制限もありません。

40代や50代になってから一念発起して資格を取得し、新しい世界で仕事をすることも可能なのです。

専門性の高い資格のため、一度取得すればその知識を生かして年齢関係なく働くことができ、これからますます人気が出てくるといえるでしょう。

気象予報士の現状と将来性・今後の見通し

ほかの気象予報士と差をつけるプラスアルファを

気象予報士は難易度の高い資格ですが、働く先が限られ、今後も需要が急速に拡大する仕事とは言えません。

資格取得者も年々増加傾向にあり、今後はさらに就職倍率が厳しくなることも予想されています。

そんなときに、どれだけ他の資格取得者と差を付けられるかがポイントになってきます。

英語能力が十分にあれば海外の気象会社で働くチャンスも生まれますし、国内企業でも気象予測以外の実務が可能になれば、たとえば商社などに就職の可能性も広がります。

こうしたプラスアルファとなる能力を身につけていれば、活躍のチャンスは大きく広がるでしょう。