動物看護師の1日・生活スタイル

動物看護師は働く場所によって1日のスケジュールも異なります。

たとえば、一般的な動物病院やペットショップの場合であれば朝出勤し夕方退勤ですが、都市部になると開院時間が長いため、場合によっては二交代制で働くところもあります。

この記事では、動物看護師の1日・生活スタイルについて解説します。

動物看護師の業務スケジュール

動物看護師のスケジュールは、働く場所によって異なります。

勤務先別スケジュール
  • 一般的な動物病院やペットショップの場合=朝出勤し夕方退勤
  • 大学付属の動物病院や24時間対応の動物病院の場合=シフト制
  • 都心部などの動物病院やペットショップに勤務する場合=二交代制

一般的な動物病院やペットショップの場合は、サラリーマンと同じように朝出勤し夕方退勤するという流れです。

大学付属の動物病院や24時間対応の動物病院の場合は、シフト制での勤務となり夜勤があることもあります。

都心部などの動物病院やペットショップに勤務する場合、開院時間が長いため動物看護士も拘束時間が長くなることもあり、場合によっては二交代制で働くところもあります。

また、動物病院は土日休みを取るところ多いですが、ペットショップやドッグカフェなどのペット施設では土日の利用者が多いため、平日に休みを取ります。

個人経営の動物病院で働く動物看護師の1日

08:00 出勤
白衣に着替えます。

病院前の掃き掃除をしたり、院内が清潔になっているかを確認したりして、患者さんを迎える準備を整えます。

08:30 診療受付開始
次々に飼い主と動物がやってきます。

午前中は受付業務からスタート。

診察券を預かり、診察順にカルテを整えます。

診察が終わると会計をし、薬についての説明も行います。

10:00 問い合わせ対応
受付に座っている間、急患の問い合わせなどの電話が鳴ることはよくあります。

電話越しの相手は不安を抱えているケースが多いため、丁寧に、かつ安心感を与える対応を心がけます。

12:30 昼休憩
午前の診察が一段落すると、休憩に入ります。
15:00 午後の診療開始
午後は別のスタッフと受付業務を交代し、診察の補助を行います。

診察に必要な道具の準備や片付けをしたり、診療中に動物が暴れないよう押さえたり、獣医師の指示の下に体温を測ったり、怪我をしている動物に包帯を巻いたりと、休む間もなく業務に追われます。

17:00 患者のケア
点滴など長時間にわたる治療を行う際は、できるだけ飼い主とコミュニケーションをとります。

病院内の和やかな雰囲気作りも、動物看護師の大事な役割です。

19:00 診療終了
最後の患者が帰ったら、片付けをはじめます。

院内に臭いや毛などが残ってしまわないよう、その日のうちの念入りな清掃が欠かせません。

20:00 帰宅

大学の動物病院で働く動物看護士の1日

14:30 出勤
今日は遅番の勤務です。

病院に到着して準備を整えると、早番スタッフから引継ぎを受け、仕事をスタートします。

大勢のスタッフが働いているため、お互いの情報交換や連携が非常に大切です。

15:00 各種検査の補助
大きな病院だけに、さまざまな種類の動物がやってきます。

動物看護師は自ら尿検査を行ったり、顕微鏡を使って糞便検査をしたりと忙しく働きます。

レントゲン撮影で、動物が動いてしまわないように押さえたり、撮影後のフィルム現像まで行ったりすることもあります。

17:00 入院動物の様子を確認
入院中の動物に変わりがないかを確認します。

治療が必要な動物には治療の手伝いをし、食事も与えます。

19:00 休憩
20:00 手術の助手
医師の助手として手術室に入ります。

獣医師の指示通りに器具を渡したり、ガーゼで出血が見られる傷口をぬぐったりします。

23:00 勤務終了
夜勤のスタッフに引継ぎを行い、勤務終了です。

動物看護師の勤務時間・休日

動物看護師の1日のまとめ

動物看護師は働く場所によってスケジュールが異なります。

個人の動物病院は朝~夕方出勤、大学付属の動物病院や24時間対応の動物病院はシフト制などさまざまです。

個人の動物病院では、受付業務からスタートしカルテの準備・薬の説明・診察の補助と多岐に渡ります。

大学の動物病院になると、24時間対応から働く人も多いため、まずは引継ぎを受け、仕事をスタートします。

その後は検査の補助・手術の助手もつとめるなど業務をこなし、勤務終了の際には、次のシフトの人に引継ぎを行います。