フラワーコーディネーターの1日のスケジュール・生活スタイル

フラワーコーディネーター業務スケジュール

フラワーコーディネーターの1日の働き方は、クライアントとの打ち合わせを中心に組み立てるのが特徴です。

仕事内容は花の仕入れや準備、花束やブーケーの制作などもありますが、制作作業は昼夜問わずいつでもできることなので、クライアントとの打ち合わせを中心にスケジュールを組んでいきます。

ただし案件によっては丸1日制作に打ち込んだり、徹夜で仕上げることもあるため、毎日同じスケジュールで働くことはほとんどありません。

クライアントとの打ち合わせは、その内容に応じて場所や時間帯が変わります。

またフラワーコーディネーターの勤務体系は正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託、フリーランスと幅広いのも特徴といえるでしょう。

企業や花屋などに正社員として勤務する場合は、朝から夜までの勤務で、シフト制で休みを取ります。

どの勤務体系でも土日は結婚式やイベントが重なる繁忙期となるため、平日休みになることが多いです。

園芸店で働くフラワーコーディネーターの1日

ここからは、園芸店で働くフラワーコーディネーターの1日について見ていきましょう。

8:30 出勤・花の保存状態を確認
出勤したら保管してある花の状態を確認し、開花まであとどのくらいなのか、薬や虫の影響はないかなどを丁寧にチェックします。
9:00 花の手入れや仕込み作業
花を美しい状態に保つための温度や湿度は厳しく管理していますが、生き物が相手なのでしっかり手入れをしなければいけません。
10:00 店舗オープン
店舗がオープンしたら、花の手入れや掃除をしながら、来客したお客さまの接客も行います。
10:30 結婚式のブーケを注文するお客さまと打ち合わせ
結婚式場に足を運び、結婚式のブーケを注文するお客さまと打ち合わせを行い、希望や予算に合わせてプランを立てます。
12:00 昼食休憩
打ち合わせ帰りにそのまま昼食休憩をとり、午後からの勤務に向けてリフレッシュします。
13:00 午後の勤務スタート
午後の勤務は、店舗での勤務です。
13:30 ブーケの制作
ご予約の希望や予算に合わせてブーケの制作を行い、発送が必要な商品は梱包し、発送作業も済ませます。
17:30 花の管理・店舗内の清掃
お客さまが落ち着いた時間を見つけて、茎や葉をカットしたり水を替えて花の管理をしたり、店舗内の清掃を行って店内を綺麗に保っておくのも重要な仕事です。
19:30 花を整理してから勤務終了
作業中の花を整理して片付けたら、勤務終了となります。

ホテルで働くフラワーコーディネーターの1日

ここからは、ホテルで働くフラワーコーディネーターの1日について見ていきましょう。

9:00 出勤・会場セッティング
出勤したら、本日ホテルで行われる披露宴のセッティングに向かい、すぐに会場セッティングを開始します。
10:00 花のアレンジ作業
会場全体の装花がひと段落したら、贈答用の花のアレンジやブーケの制作作業を行いますが、時間が限られているので腕が試されます。
11:00 披露宴会場の最終チェック
セッティングが整ったら会場全体のバランスや、細かい部分まで入念に最終確認を行います。
12:00 昼食休憩
何かあったときに対応できるように昼食休憩はスタッフが交代でとり、午後からの披露宴に向けてパワーチャージします。
13:00 1件目の披露宴開始
本日は夕方にも披露宴が控えているため、次のセッティング時間まで待機します。
15:00 2件目の披露宴のセッティング開始
1件目の披露宴が終わると、すぐに次の会場セッティングに取りかからなければいけません。
16:30 2件目の披露宴セッティング完了
次の披露宴開始まで1時間半しかないため、大急ぎですべての装花を入れ替え、ご希望通りの会場に仕上げます。
17:00 事務作業
披露宴が始まるとフラワーコーディネーターはその場にいなくてもよいので、デスクに戻り事務作業や残務整理をして、明日のスケジュールやシフトを確認します。
17:30 勤務終了
すべての作業が完了したら、勤務終了です。

イベント当日は多忙になることもある

フラワーコーディネーターにとって特に忙しくなるのは、結婚式やレストランでのパーティーなどの装花を引き受けたときのイベント当日です。

前日から制作作業が佳境に入り、徹夜に近い状態で朝を迎えることも少なくありません。

そのままなんとか会場入りし、決められた時間までに会場の装花を終えなければいけないため、息つく暇もなく作業に追われることになります。

優雅に見えて、舞台裏はとても大変なのがフラワーコーディネーターの仕事です。

フラワーコーディネーターの勤務時間・休日