「樹木医」とは

樹木のお医者さん。環境汚染や病害虫によって病気にかかった樹木の診察・治療を行う。

樹木医とは、文字どおり、病気になった木を治療する樹木のお医者さんです。

人間のお医者さんのような国家資格ではありませんが、「樹木医」と名乗るには財団法人日本緑化センターが主催する資格試験に合格しなければなりません。

樹木医の有資格者は造園業者や地方公共団体の農林・緑化関係職に努めていることが多いですが、市民ボランティアや樹木の愛好家が趣味で資格を取得しているケースもあります。

現在、樹木医を職業として独立・開業している人はいませんが、全国には天然記念物に指定されている巨樹・古木や地域の住民に愛されているシンボルツリー、身近な街路樹などたくさんの樹木があります。

こうした樹木を的確に処置し、後世に残していくには専門知識を持った樹木医の活躍が必要です。

「樹木医」の仕事紹介

樹木医の仕事内容

植物の病気を治すお医者さん

樹木医は、樹木など植物の病気を治療する仕事です。

人間が体の調子を悪くするのと同様、樹木も排気ガスなどによる環境汚染、病害虫などから病気になってしまうことがあるため、専門的な知識を持った樹木医が治療を行います。

樹木の仕事は主に診察・分析・処置の3種類があります。

樹木の発病にも人間の病気と同じようにさまざまな外的要因があり、多くの場合いくつかの要因が複雑に絡み合って病気へと至ります。

まずは樹木の状態をじっくりと診察・分析をしたのち、専門器具などを使って検査を行い、必要に応じて肥料や薬剤などを使って病気を治します。

もしも原因を見誤ったり、不必要な検査をしたりすれば、樹木に負担がかかりるだけでなく、経済的な損失を発生させることにもなるので、非常に責任のある仕事です。

樹木医の就職先・活躍の場

樹木を扱う、さまざまな機関

樹木医の資格を持つ人は、造園業や大学や研究所、農林業関係の公益法人、植栽管理業などさまざまな方面で活躍しています。

ただし、樹木医だけで生計をたてることは非常に困難です。

日本ではまだ樹木医の認知度が少なく、需要も少ないため仕事量が少ないからです。

そのため、樹木医のほとんどは樹木にかかわる仕事をしながら、樹木医の資格を用いています。

樹木医の有資格者が多く働いているのは、造園業や植栽管理業など樹木を扱う仕事、国・地方公共団体の農林・緑化関係職員・大学および研究所の教職員など森林を保護したり研究したりする仕事、農業・林業などです。

樹木医1日

雇用される機関によって変わる

樹木医のほとんどは専業ではなく、何らかの仕事につきながら活動しています。

そのため、一言で樹木医といってもそれぞれの活動スタイルは異なり、勤務体系は雇用される企業の就労体系によって変わります。

樹木医として働く場合、仕事は基本的には屋外での作業なので、日が出ている間に診断や処置を行うという部分は共通です。

時間にすると9時から18時ぐらいですが、診断や調査で得られた情報を基に治療計画書や見積もり書を作成するなどの事務仕事がある場合はこの後に行います。

樹木医になるには

7年間の実務経験が必要

樹木医の資格試験を受けるためには、最低でも7年の実務経験が必要です。

そのため、造園会社などで樹木に関わる知識と経験を積み重ねていくのが一般的です。

しかし、最近では若手樹木医の活躍が期待されていることから、特定の大学で樹木学等を学んでいれば試験が受けられる「樹木医補」の資格も誕生しました。

この樹木医補の資格を持っていると、1年以上の実務経験を経たのち、樹木医の資格試験が受けられます。

どちらを目指す場合も大学を出て樹木に関わる仕事に就き、経験を積んだのちに樹木医を目指すという流れが一般的です。

樹木医の学校・学費

樹木医補の資格を得られる大学へ

樹木医を育成することを目的として設置された専門学校や大学は現在のところありません。そこで、多くの人は独学で勉強をして認定試験に挑みます。

ただし、近年では樹木医の早急な普及を目指した「樹木医補」という資格がつくられ、実務経験が短くても樹木医としての試験に応募できるようになりました。

特定の大学で樹木学や植物病理学、森林生態学などの基礎的な知識を習得し卒業後に日本緑化センターに必要書類を提出して審査を受けます。

樹木医を目指す場合は、こうした特定の大学に進むのも近道といえるでしょう。

樹木医の資格・試験の難易度

樹木医試験に合格することが必要

かつて樹木医は国家資格でしたが、現在は民間資格となっています。

「樹木医」は商標登録されており、「樹木医」という看板を掲げて仕事をするためには、財団法人日本緑化センターが主催する樹木医認定試験に合格し、登録することが必要です。

樹木医試験は毎年夏に研修受講生を選ぶ試験が行われます。

その試験で選出された人は研修を行い、受講生の中から最終的に合格者が決定します。

合格者は同センターが作成する樹木医登録名簿に記載され、この名簿を基に仕事の依頼がくるようになります。

樹木医の給料・年収

資格を持っていると優遇されることも

樹木医の給料は、どんな組織で働くのかによりますが、大学を出て民間の造園会社に勤める場合の年収は、300万円~400万円程度が一般的となっています。

樹木医の資格を持っていることで給与に数千円の上乗せがあるなど、昇給したり資格手当が付いたりと優遇されることが多いようです。

また、資格取得後はキャリアアップを目指して、より良い待遇の職場へ転職する人もいます。

なお、中には独立して働く人もおり、その場合は能力が認められて依頼が増えれば増えるほど収入もアップします。

樹木医のやりがい、楽しさ

植物が自分の力で元気になる

樹木の診断・治療を行う樹木医にとって、その樹木がどうして弱っているのか、原因を究明し、適切な治療を施した後、その効果が目に見えてわかったときこそが、大きな達成感を感じることのできる瞬間であるといえます。

樹木は人間や動物のように痛みや症状を訴えることはありません。

そのため疾病原因の究明や治療方法の検討には長い期間を要することもあり、心身ともに疲弊してしまうこともあります。

だからこそ、結果が目に見えたときにそれまでの苦労が報われる思いがするのです。

樹木医のつらいこと、大変なこと

樹木を処分しなくてはならないことも

樹木医としてつらいことは、やむなく該当の樹木を伐採したり処分したりしなくてはならないときです。

樹木の疾病状態によっては、周囲の環境への影響を懸念して伐採するという決断を下すこともあります。

樹木医として樹木を助けるために仕事をしていながら、このような決断を下さざるをえないときは、心を痛めることもあるでしょう。

しかし、樹木医は残された自然環境や周囲の樹木のことも考えて仕事をしなければならないので、感情的にならず冷静に見極める判断力も求められます。

樹木医に向いている人・適性

樹木や自然が好きなこと

樹木医は樹木を相手にする仕事なので、樹木が好きであることは必須です。

樹木が好きであってこそ、依頼主の気持ちを理解でき、樹木にとって負担の少ないよりよい処置ができるのです。

また、自然の中で働くため昆虫や菌類、動物などに抵抗がないことも求められます。

樹木の病気の原因は害虫や菌類、動物が原因であることもしばしばです。

こうした現場を目の当たりにしても抵抗がなく、一日中自然の中で働くことをいとわない人が樹木医に向いているといえるでしょう。

樹木医志望動機・目指すきっかけ

樹木が好き、樹木に関わりたい

樹木医を目指す人は、趣味でガーデニングをしていたり、植物学や生物学に興味があったりと、もともと樹木が好きだったという人がほとんどです。

また、大学や専門学校で植物や樹木について学び、樹木医という仕事を知って目指すという人も多いようです。

また、樹木医の資格には実務経験が必要なことから、造園業や林業など樹木に携わる仕事をするうちに、樹木に関する知識をもっと得たいと、樹木医の資格を取得する人も少なくありません。

樹木医の雇用形態・働き方

樹木に関わる仕事をしながら

樹木医になるためには、7年間の実務経験が必要です。

そのため現在活躍している樹木医のほとんどが、樹木に関連業界で仕事をしながら、審査のための勉強をし、資格取得後も引き続き同じ会社や機関で勤務している場合が多いといえます。

樹木医として独立開業するケースは現状多くはなく、通常は造園業などの日常的に樹木を取り扱う業種で働いていて、その業務の一環で木を診断・治療をする方が多いようです。

また、造園や林業に関わる団体、その分野を担当する公務員が樹木医資格を取得するケースも多く見られます。

樹木医の勤務時間・休日・生活

年末年始と年度末が忙しい

樹木医の仕事がとくに忙しい時期は、年末年始と3月の年度末です。

年末や年度末の時期に、庭の手入れと平行して仕事の相談が舞い込むことが多いためです。また、冬のための準備をしていたり、冬を越したあとの手入れをしていたりして、樹木の異変や病気に気がついて診断の依頼が来ることも多くあります。

この時期以外は、依頼内容にもよりますが特別忙しいということはあまりありません。

ただ、樹木の生育が盛んな夏場は、樹木の健康状態もよくなり仕事が少なくなる傾向にあります。

樹木医の求人・就職状況・需要

樹木に関わる仕事に就くことが足掛かり

日本で樹木医として専属で仕事をしている人はほとんど存在しません。

そもそも樹木医の業務はコンスタントに依頼されるものではなく、勤務先の業務形態にもよりますが、一般的な造園業務の合間に樹木医の仕事が入ってくるものと考えておくのが無難でしょう。

そのため、樹木医としての求人はほとんどなく、樹木医や樹木医補の資格を持って企業に就職したとしても必ずしも樹木医としての仕事ができるとは限りません。

まずは造園業や林業など樹木にかかわる仕事に就き、樹木医の受験資格を得ることが大切です。

樹木医の転職状況・未経験採用

転職は長いスパンで考えて

樹木医として働くには、7年間の実務経験を積むか、指定教育機関で所定単位を取得し、樹木医補として認定された後、1年間の実務経験を積むかをしなければなりません。

どちらの道を選んだとしても、長いスパンで考えなければならず、費用や年齢などの面もあり、決して楽な道ではないことを理解しましょう。

樹木医の需要は環境問題への関心の高まりから、増加傾向にあります。

長い道のりにはなりますが熱意があれば成功を目指すことは大いに可能であるといえます。

樹木医の現状と将来性・今後の見通し

樹木に対する関心が高まる

日本は全国各地に巨樹や古木が多くあり、その樹種もさまざまです。

こうした樹木は海外からも注目を集め、自然環境保護や生物多様性の保全という観点からも樹木を保護することへの関心が高まり、樹木医の需要も徐々にですが増えつつあります。

また女性の樹木医も増えています。

樹木医が行う作業は力仕事も多く、外での作業が中心となることから、女性の活躍はまだまだ少数ですが、女性ならでは視点や細やかな気配りが現場に生かされると、今後の活躍に期待が高まっています。