漁師になるには? 資金はどれくらい必要?

漁師になるまでの道のり

大型船で出ていくような沖合・遠洋漁業の乗組員になるのであれば、個人としての特別な資格は必要ありません。

各地の漁業協同組合(漁協)の乗組員として雇用されれば、すぐにカツオやマグロを獲る漁師として働き始めることができます。

遠洋漁業の乗組員の募集は、各地の漁業協同組合(漁協)などで行われているので、インターネットなどで求人情報を調べてみるとよいでしょう。

漁師の資格・難易度

漁師として必要な免許

沿岸部で小型船の漁師として個人で仕事をしていくためには、いくつかの免許や権利が必要になります。

たとえば、「小型船舶操縦士免許」という20トン未満の小型の船を操縦できるようになる免許です。

小型船舶操縦士免許の試験では、海域内のルールや気象の知識、救助の方法について問われ、この試験に合格することで船を安全に操縦できるとみなされ、免許を与えられます。

免許がなければ自分で船を動かすことができないため、個人事業主として船を持って働きたい人にとっては、小型船舶操縦士の免許は必須と言える免許でしょう。

また、海に出れば同じ漁業者との情報交換がとても重要になるので、連絡を取り合うための海上無線の技術も欠かせないため、漁師になるためには「海上特殊無線技士免許」を取得することも大切です。

漁業権

漁に出るためには「漁業権」も必要です。

海はみんなのものではありますが、乱獲を防止したり漁業者の最低限の利益を守ったりするために、商売として漁をすることができるのは「漁業権」がある人だけです。

この「漁業権」は、各地の漁協に加盟して売り上げの一部等を支払うことで取得することができます。

漁協によって取得方法は若干変わってきますので、漁師を目指すのであれば、まずは近くの漁協に問い合わせて情報収集することがおすすめです。

漁師には資格が必要? 漁業権とは?

漁師になるための学校の種類

漁師として働くために、学歴が問われることはまずありません。

しかし、最近では漁師になるための勉強をしながらも高校卒業の学歴は持っておきたいと考える人も増えており、中学卒業後に「水産高校」へ進学する道があります。

水産高校では、水産業に関する技術や知識のほか、漁業の経営や船の操縦、潜水についても学べる場合があります。

ただし、水産を専門に勉強していなくても、漁師を目指すことは十分に可能です。

漁師になるための学校はある?(専門学校・高校・大学)

漁師に向いている人

ほとんどの漁師は、一日の多くの時間を船の上で過ごすことになります。

船は漁師にとって大事な職場であるため、そこで長時間過ごすことを心地よく感じられる人が漁師には向いています。

自然の中で思いきり体を動かしたいという思いが強い人であれば、漁師の仕事を楽しめるでしょう。

また、漁師は大自然を舞台に活躍する仕事であるため、気象学をはじめとする自然のしくみなどにも興味を持ち、進んで知識を身につけようとすることも重要な要素となってきます。

漁師に向いている人・適性・必要なスキル

漁師を目指せる年齢は?

漁師になるためには、学歴や試験は必要ありません。

年齢制限があるわけではないので、中学を卒業したばかりの16歳であっても、定年退職をしたばかりの60歳であっても、基本的には自分の意志次第でいつでも漁師になることができるのです。

漁師になるための資金

漁の種類で異なる「必要資金」

漁師は、大きく分けると大型船の乗組員となって世界各地の海で漁をする「遠洋漁業」の漁師と、沿岸部で日帰りの漁をする「沿岸漁業」の漁師がいます。

遠洋漁業の漁師になる場合、個人で船を操縦するわけではないので、船を用意したり操縦の免許を取得したりする必要はありません。

網や縄などの漁具も自分で用意する必要はないので、基本的には特別な資金がなくても体ひとつで飛び込むことが可能です。

一方で、沿岸漁業の漁師になる場合は、個人で小型船を操縦して漁に出ることになります。

漁師をしていた両親や祖父母から船を受け継げるという人は良いですが、新たに参入する場合は船を用意するのに500万円から1000万円程度かかります。

この他に、網や仕掛けなどの漁具を揃えるのにも数十万円は必要ですし、漁業協同組合で漁業権を獲得することも必要になってきます。

新規参入者には援助制度も

このように漁師の新規参入には多額の資金が必要になりますが、漁師の高齢化が問題になっている近年では、各地の漁協で新規参入者を援助したり独立支援をしたりする制度ができています。

中古の船や漁具を格安で譲り受けられたり、住宅を提供してもらえたりとさまざまな補助が受けられるので、新規参入をめざす人はこういった制度をうまく利用することが大切です。

資格取得の費用

道具以外にも、小型船を操縦するためには「小型船舶操縦士免許」という20トン未満の小型の船を操縦できるようになる免許が必要です。

海域内のルールや気象の知識、救助の方法についての試験に合格することで免許を取得でき、受験の費用が20,000円から30,000円ほどかかります。(級によって金額が異なります。)

さらに、海で同じ漁業者との情報交換をするために必要な「海上特殊無線技士免許」を取得するためには、受験費用が8,000円から15,000円ほどかかります。