漁師に向いている人・適性・必要なスキル

漁師に向いている性格・適性

船に乗ることが好きな人

漁師として働く以上、よほど特殊な漁法でない限りは船に乗って仕事を行います。

漁場までの移動や漁をしている間の待ち時間なども含めると、一日の多くの時間を船の上で過ごすことになります。

当然のことですが「船酔いしてしまう」「ずっと船の上では飽きる」というような人にはこの仕事は務まりません。

漁師にとっては、船こそが大切な職場なのです。

船の上で長い時間を過ごすことが心地よいと思えるような人が、漁師に向いているのです。

気象学や生物学に興味がある人

魚を獲るという仕事は、決して勘や慣れだけでできるようになる仕事ではありません。

その日ごとの天候を読み、風による潮の流れの変化や雨による海水の温度の変化など、さまざまな情報を分析することで魚が多く獲れる場所を見つけ出すことができるのです。

ベテランの漁師のなかには、気象学はもちろんのこと、魚介類の生態学の知識や新しい漁法について勉強し続けている人もたくさんいます。

こういった分野に興味を持ち、進んで知識を得ることができる人が、一流の漁師になることができます。

漁師になるには? 資金はどれくらい必要?

漁師に必要なスキル・能力

体力は必須

漁師の仕事には、全身を使って行う肉体労働がたくさんあるため体力は必須です。

船に漁具を積み込み、船を操縦し、縄や網を使いながら漁をし、釣った魚を船から降ろす、という全ての作業のなかで、重いものを運んだり引っ張ったりということを繰り返さなければいけません。

とくに個人で船を出す場合は特に一人で何でもしなければいけないので、ある程度の筋力と持久力が必要です。

体力を要する大変な仕事ではありますが、自然のなかで思いきり体を使い、汗をかきながら働きたいという人にはぴったりの仕事です。

新しい考え方を受け入れる

漁師という仕事は昔ながらの漁法ややり方を受け継ぎ、変化を恐れる人が多い仕事でもあります。

しかし、コンピューターやAIが進化してきている今、新しいやり方を取り入れ、これまでにはないやり方で成功している漁師も増えてきています。

もちろん昔かたぎな人もいるでしょうが、これまでの漁業を担ってきた先輩たちとの折り合いをつけながらも、新しいアイデアや最新機器を取り入れていくことで、これまでにはないビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。

漁師に向いていないのはどんな人?

未経験から漁師を始める場合は、先輩漁師と師弟関係となり1から仕事を教わります。

漁師という仕事は職人気質な人も多く、上下関係が厳しい仕事でもあります。

たとえ新人だとしても、一般的な仕事のように手取り足取り教えてもらえることは少ないです。

そのためコミュニケーション能力は必須です。

また、沖合や遠洋漁業に出る場合は、長期間同じ船の上で仲間と過ごすことになります。

船という閉鎖的な空間で仲間とうまくやっていけない様では、仕事にも支障が出ますし生活をするのもつらいでしょう。

近年は外国人労働者が船に乗るケースも増えているため、異なる文化や習慣を持つ人たちを理解し、コミュニケーションがとれるようでなければ漁師は務まりません。