ドッグトレーナーへの転職・未経験からなるには

ドッグトレーナーへの転職状況は?

他業種から転職してドッグトレーナーになることは可能で、多くの転職事例があります。

むしろ、ほかのしつけ教室の方針に染まっていない真っさらな状態の「未経験」を好む企業も多いようです。

「ペットホテル」「犬と泊まれる宿」「ドッグラン」「ドッグカフェ」などは、社会人経験や接客経験を活かすことができるため、未経験の求人も多く見られます。

逆に「実務経験◯年以上」と経験者が優遇される場合もあるので、応募要項は必ず確認しておきましょう。

ここで注意したいのはドッグトレーナーの求人自体がさほど多くなく、特に正社員として未経験が採用されるのは簡単ではないことです。

全体的に見てもそこまで高収入が得られる仕事ではなく、職場によっては労働時間が長い割に、給料が安く、福利厚生の整っていないことがあります。

独立して成功すれば大きな収入を得ることも可能ですが、それまでには下積み期間が必要です。

もし転職を考えるのならば、しばらくは転職前よりも厳しい生活を送ることになる覚悟をした上で、決断した方がよいでしょう。

ドッグトレーナーへの転職の志望動機で多いものは?

ドッグトレーナーへの転職の志望動機で多いものは、「犬が好き」ということです。

さらに下記の内容も、志望動機に多くあげられます。

・犬を飼っていてしつけの重要性を感じ、多くの人に伝えたい
・困っている飼い主を助けることで社会貢献をしたい
・飼育放棄から犬を救いたい

「犬が好き」なことは、大前提になるのでさらに深掘りした理由が必要です。

具体的な経験やエピソードを加えることで、オリジナリティあふれる志望動機になります。

また「なぜこの企業・しつけ教室を選んだのか」「将来ドッグトレーナーとして実現したいこと」も大切なポイントとなるので、志望動機に組み込むとよいでしょう。

たとえば「御社の細かなレッスンメニューに魅力を感じ志望しました。どんなトレーニングにも対応できるスキルを身に付けて、1日も早く即戦力として活躍できることを目指しています。」など志望企業の研究や、独自のビジョンもアピールポイントになります。

ドッグトレーナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からドッグトレーナーになるには

異業種からドッグトレーナーへの転職を目指す人の場合、まずは動物の専門学校やスクールに通う人が多いようです。

ドッグトレーナーは特別な資格がなくても、未経験の中途採用はあるので働くことはできます。

しかし犬の生態や行動に関する知識は必須なので、独学でも通信講座を利用してもいいので学ぶことは大切です。

また、空いた時間を使ってペットショップや動物病院などでアルバイトをし、実際に犬と触れ合う時間を作るのもよいでしょう。

企業への就職試験においても、しっかりと学校で基礎を身につけていたり、動物関連の仕事を経験したことのある人が優遇されやすいようです。

さらにドッグトレーナーを目指す前に、情報収集することもおすすめします。

ドッグトレーナーという職業に憧れを抱いていても、自分の想像する姿と、仕事の実態が同じとは限りません。

多くの人が抱く「犬とコミュニケーションがとれて楽しそう」というイメージは、たしかにドッグトレーナーの仕事の一部分ではありますが、多種多様な犬のしつけをするのは思った以上に大変です。

ペットとして飼うのとは異なり、ただ可愛がるだけでは済まない部分がたくさんあります。

また、飼い主とのコミュニケーションも不可欠であるため、人間関係を構築することが苦手な人には少々難しい仕事です。

まずはドッグトレーナーの仕事内容と役割についてしっかりと調べたうえで、本当に犬が好きなのか、犬と関わる仕事がしたいのか、今一度考えるところから始めたほうがよいでしょう。

ドッグトレーナーへの転職に必要な資格・有利な資格

ドッグトレーナーになるのに必要な資格はありません。

しかし資格を持っていることは必要な知識を勉強してきた証拠にもなり、就職で優遇されるだけでなく、お客さまからの信頼にもつながることがあるので、取得しておくと役立つでしょう。

さまざまな民間資格がありますが、ここでは代表的なものを2つご紹介します。

1つ目は「日本ドッグトレーナー協会(JDTA)」認定の「ドッグトレーナーラインセンス」で、ペットのしつけができるスキルを証明するものです。

オンライン講座を受講した上で、スクーリングを受け、認定試験を受けることができます。

期間は最短3ヶ月かかり、受講料は145,000円(税抜)です。

日本ドッグトレーナー協会 ドッグトレーナーライセンス

2つ目は「日本愛玩動物協会」認定の「愛玩動物飼養管理士」で、動物取扱責任者の資格要件の一つとして国が認めているほど、ペット業界でも信頼性の高いといわれています。

ペットのしつけや管理方法を学ぶのに6ヶ月以上の期間が必要で、スクーリングと課題提出後に認定試験があります。

費用は2級は35,000円(受講受験料30,000円+認定登録料5,000円)、1級は52,000円(受講受験料32,000円+認定登録料20,000円)です。

日本愛玩動物協会 愛玩動物飼養管理士
ドッグトレーナーを目指す人におすすめの資格は?

ドッグトレーナーへの転職に役立つ職務経験は?

ドッグトレーナーへの転職に役立つ職務経験は、「社会人経験」や「接客経験」です。

犬と関わるだけでなく、飼い主とのコミュニケーションが何よりも必要な仕事なので、一般的なマナーや常識も求められます。

飼い主から困っていることをヒアリングしたり、どこまでをしつけのゴールにするかをすり合わせたることもドッグトレーナーが行うので、コミュニケーション能力が高い人ほどよい仕事ができるでしょう。

これまでの職務経験の中で、コミュニケーション力に絞った内容をアピールするのがおすすめです。

もちろんペット業界の経験がある方は、大きな強みになるのでしっかりアピールしましょう。

実は「犬を飼ったことがある」という経験も、お客さまの視点がわかるという点で強みになります。

一見関係ないと思う経験もドッグトレーナーには役立つことがあるので、生かせることはないか考えてみるとよいでしょう。

ドッグトレーナーへの転職面接で気をつけるべきことは?

転職面接で気をつけることは「犬が好き」な気持ちだけではなく、その会社に入ってどんなドッグトレーナーになりたいのかを具体的に伝えることです。

その会社だからこそできることや、トレーナーとして成長して社会貢献したいビジョンなどを簡潔に伝えるとよいでしょう。

オリジナリティのある志望動機であればあるほど、ほかの応募者と差別化でき大きなアピールにつながります。

またドッグトレーナーという仕事柄、飼い主との対応能力はあるのか、ほかのスタッフとうまくやっていけるのかなどの「コミュニケーション力」も重要です。

面接中のマナーや言葉使い、表情などもよく見られているので、入室から退室まで姿勢や所作などにも配慮できるとよいでしょう。

受け答えのときは相手の目を見て、笑顔で好印象に答えられるように練習しておくと安心です。

服装も清潔感のある身だしなみを心がけ、第一印象をよくしておきましょう。

ドッグトレーナーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ドッグトレーナーは何歳からでも目指すことができます。

子どもの頃から犬が好きで「絶対にドッグトレーナーになるんだ!」という一心で、学校を出てすぐにこの仕事に就く人がいる一方、別の職業から転職をする人もいます。

ドッグトレーナーはそこまで年齢が問われる仕事ではないため、スクールや専門学校でも学校によって年齢層は異なりますが、20~60代まで幅広い年代の方が通っている学校もあります。

応募する職場によっては「60歳まで」など年齢の制限が設けられていることもありますが、「不問」の会社も多いです。

体力が必要な仕事ではありますが、情熱さえ持てれば、何歳からでも目指すのは遅くないといえます。

未経験からドッグトレーナーの転職での志望動機

未経験からドッグトレーナーの転職での志望動機は、「コミュニケーション力」に注力して考えるとよいでしょう。

これまでの社会人経験などを通じて、お客さまに働きかけたことで評価されたことや、チームワークを生かして達成できたことなど、ドッグトレーナーの仕事に通じるコミュニケーション力が見つかるはずです。

その「コミュニケーション力+企業独自の特色+自分が実現したいこと」を書くと未経験でも強いアピールができる志望動機になります。

たとえば「これまで営業職として多くのお客さまにご提案する中で大切にしてきたことはヒアリングです。

御社で行うオーダーメイドのしつけ教室は、これまでのヒアリング力を活かすことができ、理想のトレーニングが実現できるのではないかと思い志望いたしました」のように書くことが可能です。

またお客さま視点がわかるということで、犬を飼っていた経験や、実際にドッグトレーナーにトレーニングしてもらって感動した経験なども、立派な志望動機になるでしょう。

どんな方でもアピールできることはたくさんあるはずなので、未経験だからといって怖気付く必要はありません。

さらに面接でしっかりとアピールできるよう、何度もスムーズに話す練習をしておくと安心です。