トリマーの1日のスケジュール・生活スタイル

トリマーの業務スケジュール

トリマーは就職先となるペットショップやペットサロン、動物病院などの開店時間に合わせて働くのが特徴です。

9:00〜19:00くらいでオープンしているのが一般的なので、20:00頃までに退勤になることが多くなります。

ただし都心ではお客さまの働く生活スタイルに合わせて、21:00まで予約を受け付けしているサロンもあるので、その場合は仕事が終わるのが22:00〜23:00になることもあるようです。

勤務体系は「シフト制」のことが多く、土日祝日は繁忙期となるので、平日休みなることが多いでしょう。

また毛をカットしてあげたくなる暑い夏場と、身だしなみを整えて新年を迎えさせてあげくなる年末は繁忙期になります。

フリーランスの場合は働く時間も休日も自由に選ぶことができるので、ライフスタイルに大きな違いが出るでしょう。

ペットショップで働くトリマーの1日

ここからは、ペットショップで働くトリマーのある1日をご紹介します。

9:00 出勤

出勤して制服に着替えたら、前日のトリミング作業で落ちた毛が残っていないかどうか、念入りにチェックしながら掃除を行い、開店準備をします。

10:00 開店・カウンセリング開始

開店と同時にお客さまを迎え、「どんなヘアスタイルにしたいのか」「爪切りや耳掃除などのケアは必要か」などペットの状態を見ながら飼い主の希望をカウンセリングし、施術内容を決めます。

10:30 トリミング開始

トリミングで一頭を仕上げるのにかけられる時間は平均1〜2時間のため、次の予約までの作業は時間との戦いです。

ただし大切なペットをハサミで怪我させてしまうことは絶対に避けないといけないため、慎重かつ素早くカットするプロの技が求められます。

11:30 トリミング終了

仕上げまで終わったら、飼い主にチェックしてもらい問題なければ完了です。

動物の毛はいたるところに飛び散るため、施術が終わったら手早く掃除をし、店内を清潔に保ちます。

空いている時間には、ペットフードなどの商品補充や接客も行います。

12:00 昼休憩

店内の休憩所でランチを食べますが、繁忙期には30分ずつ分けて取ったり、お昼がずれ込んで15:00頃になってしまうことも。

13:00 トリミング開始

午後の業務がスタートしますが、予約の合間に飛び込みのお客さまが来店されることもあるので、臨機応変に対応します。

空いている時間にはトリミングだけでなく、ペットフードやおもちゃの商品管理や販売も行います。

18:00 閉店・後片付け

お店の状況が落ち着いてきたら、少しずつ片付けに入りますが、感染症を防ぐためにトリミングに使った器具などの消毒は欠かせません。

19:00 退勤

店内をくまなく掃除したら業務終了なので、閉店してから1時間ほどが退勤時間です。

繁忙期や予約が多いときなど、残業がある場合は20:00頃になることもあります。

トリマーの仕事は接客業で、1日のスケジュールはお客さま次第で決まるのが実情です。

ペットサロンで働くトリマーの1日

次は、ペットホテルを併設しているペットサロンで働くトリマーのある日の1日を見ていきましょう。

9:00 出社・ホテルの犬のお世話

出社して制服に着替えたら併設するホテルへ行き、前日から止まっている犬たちのケージの掃除や、散歩、エサをあげる作業をします。

合わせてサロンの掃除もしますが、前日にもしっかり掃除をしているので、あまり時間をかけずにお客さまを迎える開店準備が完了です。

10:00 トリミング開始

お店がオープンしたら、お客さまとカウンセリングをして、希望のオーダーに合わせてトリミングを開始します。

1日に5〜8頭ほどを担当するので、トリミングの所要時間は1時間ほどです。

大型犬の場合はシャンプーだけでも大仕事ですし、トリミング中はずっと立ったままなので、体力を使う仕事です。

13:00 昼食

予約が落ち着いたら昼食の時間ですが、午前中に予約が重なる場合は昼食時間もずれることが多々あります。

14:00 午後のトリミング開始

昼休憩を終えたら、午後のお客さまをお迎えし、カウンセリングとトリミングをしていきます。

スキルの向上のために、自分の仕事をこなしながら、先輩の技術や接客対応も学ぶことも欠かせません。

18:00 カルテ整理など事務作業

予約がひと段落したら、担当した顧客のカルテ整理などの事務作業を行います。

サロンでは担当制でブログやSNSを更新しているので、今日来てくれたワンちゃんの写真や様子などをアップしていきます。

19:00 ホテルの犬のお世話・店内の清掃

事務作業が終わったら、ホテルの犬の散歩やエサなどのお世話をします。

さらに店内は使った器具の消毒や、店内に毛が残らないよう丁寧に清掃をします。

20:00 退社

何もなければ20:00頃退社になりますが、予約が重なったり繁忙期の場合は、退社時間も後ろにずれ込むこともあります。

フリーランスで働くトリマーの1日

ペットショップやペットサロンでスキルを身につけてから、独立・開業してフリーランスのトリマーとして活躍する人もいます。

企業に勤めていると長時間拘束されてしまいますが、フリーランスは自由にスケジュールを組むことができるので、比較的育児や家事との両立をしやすくなるでしょう。

10:00 出張トリミング

依頼をもらったご自宅に伺い、トリミングを行います。

13:00 動物病院でのトリミング

業務委託で契約をしている動物病院で、週2回トリミングを担当します。

予約が空いている時間は、診療の手伝いや受付などの仕事も行います。

18:00 帰宅・事務作業

動物病院の診療終了時間に合わせて帰宅し、自宅で事務作業をします。

フリーランスで働く場合は、広告宣伝経理なども自分で行わなければいけません。

19:00 業務終了

その日のスケジュール次第で業務終了です。

フリーランスで働くトリマーの場合は、お客さまの自宅に行ってトリミングする「出張トリミング」だけでなく、業務委託で動物病院などで契約するなど、自由に働き方を選ぶことができます。

病院によっては週1日〜OKで勤務時間も自由に相談できる場合もあるので、空いている時間に効率的に収入を見込むことも可能です。

トリマーの勤務時間・休日