「フラワーコーディネーター」とは

パーティー会場やホテルなど、特別な空間・シーンにふさわしい花を選び、場を彩る。

結婚式やお葬式、レストランで開かれるパーティーなど、特別なシーンを美しい花で演出する、フラワーコーディネーター。

若い女性を中心に人気を集めている職業です。

フラワーコーディネーターは、クライアントの希望や予算をヒアリングしながら、色合いや花の大きさ、花言葉などを考慮した上で最適な花をセレクトするのが仕事です。

活躍するためには、植物に関する幅広い知識や抜群の色彩感覚、クライアントに対する細やかな気配りが求められます。

学歴や資格の有無ではなく、実力がものを言う世界なので、花屋や園芸ショップなどで働きながら多くの案件に携わり経験を積むことが大切です。

「花」は景気の影響を受けやすく、給与は不安定になる傾向があります。

「フラワーコーディネーター」の仕事紹介

フラワーコーディネーターの仕事内容

フラワーコーディネーターは、花のコーディネートのスペシャリストです。

パーティー会場やホテルのラウンジに花を飾ったり、母の日やクリスマスのフラワーギフトを作ったりして、花で人々の生活を美しく彩ることを仕事にしています。

クライアントとの打ち合わせから花を使った装飾プランの作成、花の仕入れや手入れ、花束の制作など、さまざまな作業を行っています。

植物に関する幅広い知識やデザインセンス、クライアントの希望を聞き出すヒアリング能力を活かすことができる仕事です。

フラワーコーディネーターになるには

フラワーコーディネーターになるために必要な学歴や資格はありません。

花屋や園芸ショップ、結婚式場やデザイン会社などに就職することで、フラワーコーディネーターとして働くことができます。

就職前に知識を身につけたい場合は、植物や園芸に関して学べる専門学校に通ったり「フラワーコーディネート」の通信講座を受けたりして勉強するとよいでしょう。

フラワーコーディネーターの採用は、正社員以外にも契約社員やアルバイト・パート、業務委託などが多い傾向にあります。

フラワーコーディネーターの給料・年収

正社員のフラワーコーディネーターとして雇われる場合、月給は15万円〜25万円ほどで、ボーナスはないことも珍しくありません。

ただし、ブライダル関係の仕事の場合は土日や祝日の出勤が多くなるので、休日出勤の手当がつくこともあります。

契約社員やパート・アルバイトとして働く場合は時給制なので、さらに給料が低くなる傾向にあります。

都内の花屋でフラワーコーディネーターのアルバイトをする場合、時給の平均は850円から1,200円ほどになるのが一般的です。

フラワーコーディネーターの現状と将来性・今後の見通し

近年、フラワーギフトを取り扱う業界で急激に売り上げを伸ばしているのが、インターネットでの通信販売です。

「オンライン上で花束を選びクレジットカードで精算し発送日や発送先を指定するだけ」という利便性が受けて、母の日や父の日などのフラワーギフトをネットで注文する人が急増しています。

このような新しい販路を有効活用することで、近隣の住民だけでなく全国に顧客を広げていくことが可能になりました。

戦略次第では、まだまだ大きなチャンスのある市場といえるでしょう。