漁師には資格が必要? 漁業権とは?

漁師におすすめの資格は?

小型船舶操縦士免許

沿岸漁業で船を出して漁をする場合、いくつかの欠かせない免許があります。

そのひとつが、「小型船舶操縦士免許」という20トン未満の小型の船を操縦できるようになる船舶免許です。

小型船舶操縦士免許は、通称「ボート免許」とも呼ばれ、海域内のルールや気象の知識、救助の方法についての知識があることを証明する免許であり、車の免許証と同じでこれがなければ船の操縦はできません。

個人事業主として自分の船で働きたい人は、必ず「小型船舶操縦士免許」を取得しなければいけません。

小型船舶操縦士免許の区分には、一級・二級・特殊があり、一級は満18歳以上、それ以外は満16歳以上から取得することができます。

免許を取得するには2つの方法があり、ひとつは通称「受験コース」と呼ばれる試験機関で講習・試験を受けるもので、もうひとつは「教習所コース」と呼ばれ車の教習のように学校に入校して免許の取得を目指します。

また、水産・海洋系高校に通った場合、学校のカリキュラムの中で取得が可能な場合もあります。

一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会

海上特殊無線技士免許

小型船舶の免許に加え、漁師にとって大切なのが「海上特殊無線技士免許」です。

海に出てからは無線による情報交換が非常に重要な役割を果たします。

魚がたくさん獲れる漁場を教えあう、天候が荒れるときに注意を促す、トラブルがあったときに救助を呼ぶ、など、無線で飛び交う情報はときには命に係わります。

そのため、無線についての知識を習得して「海上特殊無線技士免許」を取得することで、安全に海に出ることができるようになります。

第2級海上特殊無線技士を取得すれば、国内航海での無線の操作が可能です。

さらに第1級海上特殊無線技士を取得すると、国際航海にて無線を操作することができます。

海上特殊無線技士免許の免許を取得するには、年3回行われる国家試験に合格する方法、

eラーニング等の養成課程を修了する方法、または学校で無線通信に関する科目を履修・卒業する方法などがあります。

公益財団法人 日本無線協会

漁業権とは

漁師は国家資格や民間資格が必要な職業ではないため、漁師になるための試験があるわけではありません。

しかし、商売として漁業をする人は、「漁業権」を取得する必要があります。

「漁業権」というのは漁業法によって定められているものであり、「一定の水面において特定の漁業を一定の期間排他的に営む権利」とされています。

一般の人が無断で漁をするのを禁止することで、乱獲で資源が枯渇することを防止したり漁業で生計を立てている人の生活を守ったりする役割があります。

「漁業権」は、日本の各地にある漁業協同組合のもとに管理されています。

漁業権を取得するためには、まず漁業協同組合に加盟し、売上の一部を支払うなど漁業協同組合が決めた取り決めに従うことが必要です。

漁業協同組合に加盟するためには、漁業に従事する意思や実績があること、またその地で定住し漁業を営むことなどが求められます。