森林インストラクターのやりがい

森林インストラクターのやりがい・楽しさ

ツアーやガイドの内容を任せてもらえる

森林インストラクターの仕事は、森林や国立公園で実施されるツアーやガイドの案内人の仕事も含まれていますが、このとき提供するツアーやガイドの内容は森林インストラクターに一任されていることが多いです。

森林インストラクターは、自分なりの工夫で担当地域の自然の魅力を人々に伝えることが許されているということになります。

自分のアイデアをツアーやガイドに盛り込むことができるので、楽しみながら企画を考えることができるのです。

都市と里山をつなぐ役割を担う

森林インストラクターは、「都市」と「里山」をつなぐ役割を担う仕事でもあります。

特に都市部で生まれた子どもたちは日本古来からの自然に触れる機会が極めて限られています。

都心と里山をつなぎ、子どもたちに自然の魅力をふんだんに伝えることは、子どもたちが情緒豊かに育つためにも大切です。

もちろん大人たちを森林に案内すれば、自然の魅力を再確認してもらうことになりますので、森林インストラクターは非常にやりがいのある仕事だといえます。

利用客とのコミュニケーションを楽しむことができる

森林インストラクターは、自然の魅力に触れたい人々とのコミュニケーションによって自然の魅力を伝えています。

このコミュニケーションは、自然の魅力を伝える重要な手段であると同時に、人とのふれあいを楽しむことができる人にとってはコミュニケーション自体が楽しみになるという側面もあります。

コミュニケーションを楽しむことができる人であれば、質の良いコミュニケーションによって自然の魅力をふんだんに伝えることができるでしょう。

森林インストラクターの仕事内容

森林インストラクターの魅力

自然に囲まれる仕事

森林インストラクターは仕事の性質上、豊かな自然に囲まれた環境で仕事をすることになります。

自然が好きな人にとっては、森林インストラクターの仕事は好きな環境で、好きな自然に触れながら仕事をすることができる天職だといえます。

例えば、普段からアウトドアを好む人であれば、趣味の延長で仕事をすることができるので、ストレスなく仕事に従事することができるでしょう。

四季の彩を最も身近に感じられる仕事

日本には「四季」が存在し、四季の移ろいは自然環境の魅力も大きく変貌させることで私たちを楽しませてくれます。

都市部では感じられないような大きな変化を、自然環境に囲まれて仕事をする森林インストラクターはふんだんに感じることができるのです。

そして、その魅力を多くの人々と共有することが、森林インストラクターの使命でもあります。

四季の移ろいを誰よりも身近に感じながら、その魅力をツアーや自然教室などで人々に伝えることができることも、森林インストラクターの魅力だといえます。

さまざまな働き方ができる仕事

森林インストラクターは、さまざまな雇用形態を持つ仕事でもあります。

例えば各都道府県の農林関係の部署に就職して働く道もあれば、ツアー会社やアウトドア関連の会社に就職する道もありますし、NPOなどに所属してボランティアとしてさまざまな地域で活動するという選択肢もあります。

どのような形で森林インストラクターとして働きたいのかによって就職先・所属先を選ぶことができるので、満足度の高い働き方を選べる仕事だといえます。